« 2007年1月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月26日 (金)

中華街のカレー系ランチ

中華街のランチでカレー系のものとしては、酔華さんの記事にも出てきている保昌の牛バラカレーご飯が比較的有名である。これは昔は裏メニューとか言われていたと思うのだが、今では結構普通に食べられる品になってしまっている。

で、他にもいろいろカレー系のランチを出しているところはたくさんある。やはり昼食にカレー味というのは相性がいいのだろう。店によってはこんなものをカレー味にするのか、というようなものも出してきたりする。

先日は中華街カレー系ランチで比較的正統派っぽいものとして、こんなものを食べた。杜記紹興酒荘のランチで「牛肉入りカレーライス」というもの。ランチメニューの4番目のやつだ。

_

牛肉がたくさん入って、味はちょっと中華っぽい感じのカレーライス。なかなかおいしかった。ランチメニューにも書いてあるが、点心が2個ついてきてボリュームもあり、なかなか満足度の高いランチであった。

__

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月24日 (水)

鳳城酒家の猫

中華街には何匹かの猫が住みついていて、お店のマスコットのようになっているものも多い。中でもDVDに収録されてしまった鳳城酒家の猫が一番有名かもしれない。写真を整理していたら何枚か出てきたので並べてみる。

まずは2002年8月頃の写真。この頃はまだちょっと小さめでかわいかった。

2002_08_

2006年10月、しばらく気にしないでいるうちにいつのまにかDVDに収録されてしまって、スターになってしまった。扇風機も回っているし、ポスターも貼ってあるし。

2006_10__

2007年5月、なんかちょっと太った気がする。もう完全にここが定位置。気持ち良さそうに寝ている。

2007_05__

2007年9月。じっと何かを狙っている。

2007_09__1

視線の先は、向かいの日日華かな?もしかするとこれを狙っているのかもしれない。

__

日日華の叉焼パン。1個200円。パンが少々もそっとしているので猫が食べるにはきついかも。人が食べる時はお茶があったほうが良い。

で、時々この猫は日日華に入っていこうとしておばちゃんによく怒られているのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月21日 (日)

皇朝でコロッケ

中華街内に3店舗の売店を持ち、ミニサイズの肉まんを売って繁盛している皇朝だが、南門シルクロード沿いの店(2号店)でコロッケを売るようになっているのに気づいた。1個60円と結構お手軽価格だ。ちなみに他の2店舗では今のところコロッケは出していないようだ。

売り場には『ヤフーショッピング・インターネットお取り寄せ 点心・惣菜部門「コロッケ」第3位』で、『1時間に1万個売れた!チャンピオンコロッケ』と表示がしてある。このコロッケの売り上げはともかく、そもそもコロッケを通販なんかで買う人がそんなにいるというのは驚きである。

01__1

店頭ではお土産用の10個入りの揚げる前のやつと、その場で食べることのできる揚げたてのものが売っている。店頭の能書きによると、じゃがいもは「きたあかり」を使用していて、これは水分が多くて粘着性のあるものなのだそうだ。どうも「きたあかり」については私の記憶と違うような記述なのだが、とりあえず良しとして買ってみる。

02__

運の悪いことに食事後だったので、いくつも買うわけにはいかず1個だけ買うことにした。さすがに60円のコロッケ1個だけというのは店員さんの印象が悪いかな、と思ったのだが、とても愛想良く売ってくれた。揚げたてのコロッケは手を汚さないような、油が染み出しにくい包装紙に包んで出してくれる。この辺はよく配慮されている。

さっそく揚げたてが冷めないうちにその辺で食べることにする。コロッケの大きさは60円のものだけあって少し小さめ。その辺のスーパーで売っているものに比べると7~8割くらいの大きさか。外側はカラッと揚がっている。

03___60

コロッケの中身はこんな感じ。贔屓目に見ても「ベタベタ」と言わざるを得ない。衣は結構厚くてしっかりしており、冷めても衣がヘタらないタイプの作りをしているようだ。肉は値段相応ということであまり入っている気がしない。数ミリくらいの大きさの肉がパラパラと入っている程度。味は特に悪くないが、やはりベタベタ感がかなり気になった。これは「きたあかり」のせいだとはちょっと思えない。揚げ温度が低すぎたのではなかろうか?この時の担当者が温度設定を間違ったか、規定以上の量のコロッケを一度にフライヤーに投入したとかしたのではなかろうかと思う。

04_____

あと、「きたあかり」自体、私の記憶ではホクホク系だと思っていたのでちょっと検索して調べてみた。こことか、こことか、ここなどを見ても「ホクホク」だと書いてある。なんかやっぱり釈然としない。

とりあえず、安い品なのでまた機会があったら買って食べてみることにしよう。その時はちゃんとホクホクでありますように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月20日 (土)

金龍飯店と龍江飯店

9月の下旬に南門シルクロードに金龍飯店が開店したのだが、ここは北京ダックを売りにした食べ放題メニューで売り出している。前を通りがかると結構客が入っているように見える。

で、ここの売り出し方を見ている感じでは西門通りにある龍江飯店にそっくりなのだ。こちらも北京ダックを売りにした食べ放題メニューを出している。違うのは立地の悪さくらいだ。

酔華さんの記事でもこの2店は同系列説を展開していたので気になっていたのだが、先日歩いていてはたと気づいた。ああ、店頭のアレが同じだ。

これは金龍飯店の店頭にあるもの。

__3

で、こっちは龍江飯店前にあるもの。

__4

というわけで、2店舗が同系列であることは確定である。以前から何か同じものを見ていた気はしていたのだが、もっと早く気づくべきだった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

自戒

食べ歩きなんかいろいろやっていて、ネットに物を書くようになったりしていると、ふとした拍子に調子にのっておかしなことを書いてしまうことがある。

そういう文章はあとで見直すと非常に恥ずかしいのだが、世界に向かって放ってしまった以上、後でサーバから消したとしても誰かのローカルファイルに残されていたりするものだ。事実上取り消しが効かないわけで、実は自分は非常に怖いことをやっているということを忘れないようにしたいものだと常々思っている。

なので、そういう恥ずかしい事態をなるべく招かないように、私は横浜中華街関係で比較的知られているサイト「横濱中華街光臨指南」の中にあるこのページ(グルメちゃんがやってくる! ヤァ!ヤァ!ヤァ!)をローカルに保存して時々眺めながら、このページで笑われているような行動はとるまいぞ、と自戒するのだ。

とはいえ、何かの拍子というのはどこにでも転がっているわけで、評論家の暗黒面みたいなところに落ちないようにするのはなかなか難しいことなのだな、と思うのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「菜」の閉店

例によって酔華さんの記事ネタだが、「菜」が閉店して焼肉屋に業態変更するようだ。ここの開店は確か2003.10.16だったので、約4年で閉店ということになる。

ランチは900円と高めだったが質は良かったし、結構良い店だったので残念ではある。が、それではこの4年で何回行ったのかというと、それほど通い詰めるほどには行っていない。近頃過当競争気味の中華街店舗のことを考えると、ある意味先を読んだ判断とも思えるので、比較的妥当な話なのかもしれないと思うのだった。あと、あそこのフロアはかなり焼肉屋に合いそうな構造なので、排煙さえちゃんとやればかなりいい感じに仕上がりそうな気もする。

この店のランチの話はまたいつか気が向いたら書くとして、この店で結構気に入っているものが2つある。1Fの売店の方で売られている「ごま巻き」と「干し肉」だ。売店の方は存続するとか言われているのでこれらの品が消えないでくれるとありがたい。

「ごま巻き」は黒胡麻が大量に入った甘いお菓子で、ぷるぷるとした食感と、大量の胡麻の香りがたまらない。中華街で昼食を摂った後、時々ここでごま巻きを買って午後のおやつにしている。

Photo_2

干し肉の方は、年末頃の限定品で味噌味と醤油味が売っている。100gで600円と結構するのだが、これを野菜と炒めると非常においしい。ちなみに私は味噌味の方が好みだ。下の写真も味噌味のものだ。

__100g600

干し肉を包んでいる紙をとって、ガチガチに固まっている干し肉を注意して薄切りにし、白菜と炒めたものを白飯でいただく、というのが冬の楽しみである。干し肉は炒めてもそれなりに固いのだが、それをゆっくりかみ締めると旨みが口の中に広がってご飯のお供に最高である。

_

もやしと炒めても結構いける。

__2

中華街の店でも干し肉を使った料理を出す店があって、例えば大珍樓別館あたりでも冬には干し肉を使った料理を食べることができる。下の写真は大珍樓別館の「芥蘭と干し肉の炒め」、1600円。一人でぶらっと入って食べるにはちょっと値段がきついので、通常は自分で作ってしまうのだった。

__1600

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月17日 (水)

福満園別館ランチの小皿

酔華さんの記事 に福満園別館のランチが出ていたが、写真を見た感じではこの時の小皿は魚の煮物みたいなやつだったようだ。

私が先日食べたときは小魚を揚げてピリ辛に味付けしたようなものだった。ちなみに一品料理の湖南料理のところのメニューに同じようなものが載っていた。

食べてみると思いのほか辛い。湖南料理を出す店のランチらしい小皿でちょっとうれしくなった。

__

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月15日 (月)

小翔記と廣翔記

酔華さんのところの記事で、姉妹店ではないかという話があったのだが、寄せられたコメントによると姉妹店ではないらしい。トイレに但し書きがあるとのことで確認してみた。なるほど。

__2

ところで小翔記も開店当初とは結構変わってきているように見える。最近四川料理も出しているようで、陳麻婆豆腐がランチメニューに入っていたりしている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

上海蟹の食べ方

中華街は今上海蟹フェアをやっているのだが、ある店に入ったら
こんな貼り紙が。なんとも親切になったものだ。

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月14日 (日)

安記改装中

酔華さんの記事のコメントであわや閉店かという内容のものがあって一瞬慌てたのだが、確認してみたら大丈夫だった。

リニューアルオープンは11月になるようだ。どういう風に変わるのかちょっと楽しみ。

Photo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

はじまり

ブログなるものを始めてみる。

基本的に日々のメモ的なものと、HDDからサルベージした昔の画像の掲載が中心になると思う。

あと、他ブログへのコメントが画像付きでできないので、トラックバックで代替してしまおうというのもある。

とりあえずは画像貼りのテスト。

Dsc06224

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年11月 »