« 金龍飯店と龍江飯店 | トップページ | 鳳城酒家の猫 »

2007年10月21日 (日)

皇朝でコロッケ

中華街内に3店舗の売店を持ち、ミニサイズの肉まんを売って繁盛している皇朝だが、南門シルクロード沿いの店(2号店)でコロッケを売るようになっているのに気づいた。1個60円と結構お手軽価格だ。ちなみに他の2店舗では今のところコロッケは出していないようだ。

売り場には『ヤフーショッピング・インターネットお取り寄せ 点心・惣菜部門「コロッケ」第3位』で、『1時間に1万個売れた!チャンピオンコロッケ』と表示がしてある。このコロッケの売り上げはともかく、そもそもコロッケを通販なんかで買う人がそんなにいるというのは驚きである。

01__1

店頭ではお土産用の10個入りの揚げる前のやつと、その場で食べることのできる揚げたてのものが売っている。店頭の能書きによると、じゃがいもは「きたあかり」を使用していて、これは水分が多くて粘着性のあるものなのだそうだ。どうも「きたあかり」については私の記憶と違うような記述なのだが、とりあえず良しとして買ってみる。

02__

運の悪いことに食事後だったので、いくつも買うわけにはいかず1個だけ買うことにした。さすがに60円のコロッケ1個だけというのは店員さんの印象が悪いかな、と思ったのだが、とても愛想良く売ってくれた。揚げたてのコロッケは手を汚さないような、油が染み出しにくい包装紙に包んで出してくれる。この辺はよく配慮されている。

さっそく揚げたてが冷めないうちにその辺で食べることにする。コロッケの大きさは60円のものだけあって少し小さめ。その辺のスーパーで売っているものに比べると7~8割くらいの大きさか。外側はカラッと揚がっている。

03___60

コロッケの中身はこんな感じ。贔屓目に見ても「ベタベタ」と言わざるを得ない。衣は結構厚くてしっかりしており、冷めても衣がヘタらないタイプの作りをしているようだ。肉は値段相応ということであまり入っている気がしない。数ミリくらいの大きさの肉がパラパラと入っている程度。味は特に悪くないが、やはりベタベタ感がかなり気になった。これは「きたあかり」のせいだとはちょっと思えない。揚げ温度が低すぎたのではなかろうか?この時の担当者が温度設定を間違ったか、規定以上の量のコロッケを一度にフライヤーに投入したとかしたのではなかろうかと思う。

04_____

あと、「きたあかり」自体、私の記憶ではホクホク系だと思っていたのでちょっと検索して調べてみた。こことか、こことか、ここなどを見ても「ホクホク」だと書いてある。なんかやっぱり釈然としない。

とりあえず、安い品なのでまた機会があったら買って食べてみることにしよう。その時はちゃんとホクホクでありますように。

|

« 金龍飯店と龍江飯店 | トップページ | 鳳城酒家の猫 »

食べ物ネタ」カテゴリの記事

コメント

ここのコロッケはネチョネチョです。私の場合、買ってみて失敗でした。
ウナギのチマキも食べてみたい気もしますが…

コチラはコロッケの記事です。
http://blog.goo.ne.jp/chuka-champ/e/910f680113462d8b88b9faa27afdba9d

投稿: 酔華 | 2007年10月22日 (月) 22時57分

うーん、揚げ方の問題じゃなくて元からネチョネチョなんですか。
さすがにそれだとコロッケとしてはいまひとつですね。

投稿: 本須 | 2007年10月23日 (火) 07時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479662/8543122

この記事へのトラックバック一覧です: 皇朝でコロッケ:

« 金龍飯店と龍江飯店 | トップページ | 鳳城酒家の猫 »