« 麻婆春雨を作ろう | トップページ | 2007年を終えるにあたり »

2007年12月31日 (月)

干し肉

年末になると中華街で比較的ひっそりと売り出されるようになる品、それが干し肉である。私が最初にそれが売っていることを知ったのは数年前、「菜」の1F売店でのことだ。干してガチガチに固まっている肉を薄く削いで、蒸して食べるなり、野菜と炒めて食べるなりする。個人的には白菜と炒めたときの相性が一番良い気がする。店で出している品では芥蘭と一緒に炒めたものを食べたことがある。買った時にお店の人から、ご飯に炊き込んでもおいしいよ、とか言われた覚えもあるが、こっちはまだやっていない。

で、下の写真が「菜」で売っているもの。これは味噌味タイプだ。前は醤油味タイプも売っていたのだが今年は味噌味だけの模様。この薄紙に包まれている中に味噌を塗りこんだ肉が入っている。100gで600円、1本大体2000円前後になる。

_

こちらの写真は、「聘珍樓」の店頭にて年末の12/30,31だけ出店する売店で売られていた干し肉。醤油タイプで1本600円。家に戻って重さを見てみると、大体130g前後。まあ、価格帯としては「菜」と大体同じくらいのようだ。ただ、聘珍樓の年末売店では毎年売っているかというとそうでもない気がする。去年の売店では見た覚えが無い。見落としたのかもしれないが。

__

それから、大珍樓でも干し肉が売っているという情報がこちらのブログにあった。記事を見た感じだと、醤油味タイプだ。多分これと同じものを大珍樓別館の料理で使っているのだろう。季節によっては大珍樓別館の壁に貼ってある赤紙のメニューに干し肉を使ったものが出てくることがある。

あとはちょっと今まで述べた干し肉とは違うのだが、食材屋さんの「隆泰商行」で売っている干し肉がある。下の写真のようなものだ。お店の店頭には出ていなくて、店の人に聞くと在庫がある時は売ってくれる。10枚入って2000円だったと思う。これは他の干し肉と違って袋から出したらそのまま食べられる。甘味のついたビーフジャーキーみたいな感じの品だ。けっこういけるので、おやつ感覚で食べているとすぐ無くなってしまうので注意。なお、この写真は豚肉のものだが、牛肉のものもあるらしい。そちらは私はまだ食べていない。

002ryu02

とまあ、干し肉はこの季節のお楽しみの一つである。かなり日持ちがするものなので、少しずつ削りながら使っていると結構長期間楽しめる。料理をする人はたまにはこういう食材を使ってみるのも悪くないと思う。

なお、自分で白菜と炒めたときの写真と大珍樓別館で芥蘭と炒めたものを食べた時の写真はこちらの記事の方に出しているので参照願いたい。

|

« 麻婆春雨を作ろう | トップページ | 2007年を終えるにあたり »

食べ物ネタ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
読者の方から教えてもらった情報を元に、
菜香にも売っているという干肉を調査してきました!

売っているのは本館のほうで、店頭には表示も何も出ておらず、レジのおばちゃんに頼むと厨房から持ってきてくれる仕組みのようです。
この時期だけの限定商品なんだとか。

アヒルの干肉とらっちょん(ラプチョン)の2種類。
前者は一羽を広げたものでとてもデカイとのこと。販売は一羽単位で7千円。
後者はいわゆる腸詰だと思います。販売は2本からで、100g750円。
ものすごく迷ったのですが、食べきれないともったいないので、腸詰だけにしておきました。
アヒルのは中で調理したメニュー味見できたりするのでしょうか?どんなものなのか一度見みたいですね。

投稿: ほんま | 2008年1月 3日 (木) 00時48分

>ほんまさん

情報ありがとうございます。
アヒルの干し肉は興味あったのですが、7000円だときついですね。
食べきるのにも半年くらいかかりそうです。

菜香は確か通常メニューの他に季節のお勧めメニューを持っていたと
思うので、干し肉はそっちの料理に使われているかもしれません。
一度食べてみたいものです。

投稿: 本須 | 2008年1月 3日 (木) 08時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479662/9651617

この記事へのトラックバック一覧です: 干し肉:

« 麻婆春雨を作ろう | トップページ | 2007年を終えるにあたり »