« 上海焼きそばのようなものを作ろう | トップページ | おでん風 »

2008年1月19日 (土)

中華カレー特集

中華街で出てくる料理で特にランチものには結構カレー物が多い。また、カレーライスと見まごうようなものもよく見かける。今回はそういうものをいろいろと並べてみる。一口にカレー物と言っても結構いろんなバリエーションがある。似たような料理でも店によってかなり内容が違ったりもする。

まずは有名どころ。保昌の「牛バラカレーご飯」、800円。数年前に食べた頃の写真だったと思う。テレビで時々「裏メニュー」とか言っていたりするが、しっかりランチメニューとして記載されていた。ところでカレー物とは関係無いが、この店は一番下に書いてある冷やしネギそばもおいしい。

2003_0807__

で、肝心のカレー料理の方はというと、牛バラ肉とタマネギを炒めてカレー味のあんかけご飯にしたものである。もうちょっと具が多いとうれしいなあと思う程度の具の量だが、足りないというほどではない。味付けは中華っぽいような和風っぽいような微妙なもの。普通においしいランチである。

2003_0807___800

これを食べたときは玉子スープがついてきていた。最近はスープがついていないという噂もあるが、どうなんだろう?

2003_0807___2

次は揚州酒家で食べたランチの「若鶏のカレー煮込み」、600円。鶏肉、じゃがいも、にんじん、たまねぎ、グリーンピースとほんとにカレーライスのカレーそのものである。そのままご飯にかけて食べたくなる味。

2004_0731___600

そして、中華風カレーライスとしてかなり正当っぽかったのが、別記事で一度載せている杜記紹興酒荘のランチ「牛肉入りカレー」、650円。具たっぷりで実においしいランチだった。残念なことにこの店はもうランチ時間の営業をやっていないのでこれを食べることはもうできないのだが。

2007_0916____650

続いてダークホース。江南の「カレーライス」、500円。そのものズバリのネーミングが実直で良い。ここはおばあちゃんが一人でやっている店なのでできあがるまでのんびり待つ必要があるが、意外とあなどれない。値段的にも、最悪温めなおしたカレーライスが出てきても文句は言えないだろうと思っていたら、しっかり最初から具材を炒めて作ったものが出てきた。おばあちゃんを甘く見ていて実に申し訳ないと思いながら食べる。味は少し懐かしい味だが、しっかり中華という感じだった。ちなみにキュウリを切ったものがサラダとしてちょっとだけついてくる。

2007_1231___500

ちょっと変り種。愛香楼の「排骨とカレーあんかけご飯」、880円。愛香楼は時々メニューが変わっているのでこれはもうやってないかもしれない。具材の種類は非常に多い。排骨はなんか普通のカツっぽい。なんというか、『五目カツカレー』とでもいうようなものだった。味は少々カレー分が少なめという印象。あと、盛り付けた器は見た目が良いのだが、かなり食べにくいというのが欠点。

2005_1228____880

あとこれはもう出て来ないのではないかと思われる、双明楼のランチ「豚肉生姜焼き カレー味」、630円。きっとこの時は何かの気まぐれで出てきたのだと思う。豚肉の生姜焼きにカレー味がほんのりとついたというもの。カレー味の染みたタマネギがおいしかったのだが、生姜焼き味も混じっているのでなんとも微妙な味わいであった。

2007_0427_____630

最後、海南飯店のランチ「牛バラ肉のカレー煮込み」。お値段はなんと1200円。ランチメニューの中で突出したお値段だったのでかなり悩んだのだが、これを逃すと次は無いかもしれないと、思い切って注文。メニューでは「煮込み」となっていたが、見た感じ牛バラに濃いカレー味のソースをかけたような感じのものだった。お値段からするともうちょっと肉質が高くてもいいかな、という気がしたがおいしいランチだった。

2008_0107____1200

とまあ、ほんの一例だけ出してみたが、カレー物というだけでもいろいろな品があるのだ。意外と短期間でなくなってしまうメニューもあるので、おやっと思ったら即食べてみるのが肝心である。次に通りがかった時にはなくなっているかもしれないのだから。

ところで、これだけカレー物を食べてはいるものの、私は中華カレー真理教の回し者ではないので、よろしく。

|

« 上海焼きそばのようなものを作ろう | トップページ | おでん風 »

食べ物ネタ」カテゴリの記事

コメント

さすが!ネタの仕込み量が違いますね!
カレーといえば「海勝昌」の中華風カレーも一部には名が知れていたと、うちのオヤジが言ってました。生意気値なので食べてませんが・・・

投稿: ほんま | 2008年1月19日 (土) 21時31分

「海勝昌」はノーマークでした。機会があったら行ってみたいです。
そういや、「同發」の方も昔から話は聞くのですが、いまだに食べていません。
たかがカレーといえどもまだまだ探求の余地がありますね。

投稿: 本須 | 2008年1月19日 (土) 22時55分

金曜日にまたまた同發のカレーライスを食べてきました。やっぱり美味しいです。
ご飯もカレーもたっぷし。ワンタンまでついてきます。
これに福神漬があれば最高なんだけど…。今度は持参するか。

投稿: 酔華 | 2008年1月19日 (土) 23時51分

マイ福神漬け持参ですか。
結構店内で目だってしまいそうですね。

ぜひ、お店の反応を含めたレポートをお願いします。

投稿: 本須 | 2008年1月20日 (日) 00時15分

海勝昌のカレーライス確か850円でスープ付きだったと思いますよ~ 生意気値だとは思いませんが、、、私のおじいちゃんの時代からずっとあるみたいですよ~

投稿: みんみん | 2008年8月 6日 (水) 01時58分

みんみんさん、はじめまして。
情報ありがとうございます。

海勝昌のカレーライスはかなり昔から出している料理なんですね。

850円だと麺飯類の一品料理並というところでしょうか。
カレーは平日のランチに食べるケースが多いでしょうから、
平日ランチの値段を基準にすると少々高めに見えるのかもしれませんね。

投稿: 本須 | 2008年8月 6日 (水) 08時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479662/9965322

この記事へのトラックバック一覧です: 中華カレー特集:

« 上海焼きそばのようなものを作ろう | トップページ | おでん風 »