« 松田書店が気になる | トップページ | 萬珍樓の中国サラミ巻き »

2008年2月 3日 (日)

辛い水煮料理

四川料理に水煮牛肉というものがある。牛肉を唐辛子や山椒などを使って辛めに煮込んだ品である。「激辛」とメニューに書かれたり、注文すると「辛いけど大丈夫?」と聞かれたりする品だが、食べてみるとそれほど凄まじく辛いということはないと思う。白いご飯が一緒にあればまあなんとかなるという程度だ(辛いのが苦手な人は別)。あと「水煮」となっているが、別に冷たい料理ではない。アツアツで出てくる。

辛味のつけかたや、肉と一緒に入っている具は店によって微妙に違う。丸のままの山椒がゴロゴロ入っているところもあるし、四川唐辛子などを含めて数種類の唐辛子が汁にプカプカ浮かんでいるところもある。最後に上から花椒をこれでもか、とふりかけてくれるところもある。具はモヤシ、キクラゲ、白菜あたりが比較的共通で使われているようだ。

で、通常は牛肉なのだがそうでない料理もあったりする。今回はそういう料理を含めて出してみたい。

まずは、福満園本店の水煮牛肉。価格は1680円と結構する。いかにも辛そうな汁に牛肉が浸っている。肉の他の具は白菜がメインだったと思う。汁が黒々としていて飛び上がるくらいの辛さでないかと心配するかもしれないが、そんなことはない。肉食べて、ご飯食べて、白菜食べて、ご飯食べて、とやっている分にはそれほどきつくない。

__1680

これを牛肉でなくて豚肉にしたらどうか?福満園系列だが、石川町駅から見て中華街の反対側にある「味香園」という店で10月頃に見つけた料理が豚肉だった。価格は1000円。味付けの仕方は大体同じで、肉が豚肉になったもの。値段が格段に安くなっているのがうれしい。味の方は豚肉の方が少しあっさり目に感じられる。

ちなみにこの店は「牡蠣のお好み焼き」など、福満園本店でも出すような品も揃えているが、立地が悪いためか同じ品でも値付けがちょっとだけ低めだったりする。そういう点でも穴場な店だ。

__1000

牛肉、豚肉とくると次は鶏肉という線が考えられるが、そんな料理はあるのだろうか?運良く、先日似た品を見つけることができた。福満園別館の休日ランチに入っていた「鶏肉と山椒辛子水煮」である。価格はランチなので890円と他の2品に比べるとかなりお徳感がある。味付けは他の2品と違って汁に入っているというよりはこってりどろりと煮込まれた感があるが、山椒が大量に入っていてきっちり辛い。

__890

とまあ、はからずも福満園グループで牛・豚・鶏の辛い水煮料理を食べることができたのだった。次は羊肉あたりでどこかがやらないかなあ、と思っている。

あと、番外編だが、伊勢佐木町商店街付近の「華隆餐館」という店の水煮牛肉もなかなかパワフルである。ちょっと見にはラーメン屋さんくらいにしか見えない店なのだが、店内に入ると唐辛子の香りが満ち満ちているというお店だ。残念なことに、客層からして喫煙率が高いという大欠点を抱えているのだが、これがなければもっと頻繁に寄りたいと思っている店である。

ここの水煮牛肉は1200円。耐熱ボウルにどっかりと入って出てくる。そしてがっつりと辛い。量も多いので、もう汗だくになって一生懸命食べることになる。かなりワイルドでおいしかった。

__1200

辛い水煮料理は店によっても内容が違うし、結構バリエーションがあるのでいろいろと楽しめる。辛い料理が極端に苦手という向きでなければ、一度チャレンジしてみてはいかがだろうか?

|

« 松田書店が気になる | トップページ | 萬珍樓の中国サラミ巻き »

食べ物ネタ」カテゴリの記事

コメント

「華隆餐館」は、ほんとうにタバコの煙が多いですね。あれは参ります。
せめて昼時くらいは禁煙にしてほしい。

投稿: 酔華 | 2008年2月 3日 (日) 16時27分

そうですよね。
せっかくおいしいものを作っているのに、
実にもったいないことだと思います。

投稿: 本須 | 2008年2月 3日 (日) 17時39分

はじめまして。
華隆餐館は水煮(だったと思います、ボウル入りの)の魚バージョンもありました。最近、肉を体があまり受け付けなくなった身としては、かなりツボでした。毛血旺も水煮料理ですよね。というかこの手の料理は華隆でした食べたことがないので、とても勉強になります。

投稿: 皮下脂肪☆侍 | 2008年2月16日 (土) 11時15分

>皮下脂肪☆侍さん

はじめまして、いらっしゃいませ。
魚バージョンはまだ食べたことがありませんが、おいしそうですね。
別の四川料理屋で「沸騰魚」というのを食べてことがありますが、
それに近いかもしれません。

あと、毛血旺ですが最近横浜中華街の京華楼でも出しはじめたようです。

投稿: 本須 | 2008年2月16日 (土) 14時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479662/10229781

この記事へのトラックバック一覧です: 辛い水煮料理:

« 松田書店が気になる | トップページ | 萬珍樓の中国サラミ巻き »