« 横濱チャーハンのグリーンピース数 | トップページ | 肉まんを求めて三千メートル »

2008年2月24日 (日)

もうすぐお店なくなっちゃいますからね~

市場通りにアクセサリー屋さんがあるのだが、その店が閉店セールのような張り紙を店頭に張り出しているのに気づいたのは2005年4月のことだった。

そして1年以上たって気づいてみたら、まだ営業が続いているのだった。店頭に売り子さんが出ていて「もうすぐお店なくなっちゃいますからね~」とか声をあげていた。以下は2007年10月頃の張り紙の写真である。このお店の系列店は「小翔記(今の三国志)」の向かいの方にも店を出していて。そっちの方は「はなまるマーケットでご紹介の~」と店頭に売り子さんが出て 声を張り上げている。張り紙を見る限りではそちらの店に集約してゆくように読める。

__

「在庫なくなり次第終了」って書いてあるが、通りすがりに見ているといつまでたっても店頭在庫が無くなる気配が無い。閉店セールが長期間続くくらいバックに大量在庫を抱えているのだろうか。あと、通常の閉店セールだと、閉店時期が迫ってくるに従って投げ売り状態になるのだが、ここはずっと同じ価格が維持されているように見える。

そして、比較的最近の週末に通りがかったら「完全閉店」の張り紙が見えなくなっていた。ただ、張り紙は店の中にはある模様。さらに、しばらくして平日に通りがかったら張り紙が出ている。そして、また次の週末くらいに通りがかると張り紙が無くなっている。うーん、お店の方針が揺れているのだろうか。なんとも不思議な商売の仕方をするお店なのだった。

ま、どちらにせよ毎晩夜には閉店しているだろうから「閉店」自体はしているのだろうし、「在庫なくなり次第」なのだから在庫が無くならなかったら終了しないという論理なのかもしれない。でも、売り子さんが「もうすぐお店なくなっちゃいますからね~」というのは大丈夫なんだろうか?100年後を「もうすぐ」って言っているのかもしれないけど。

中華街を歩いているといろんな呼び声が耳に入るのだが、首をかしげるものも結構あったりする。栗売りの「山盛りおまけしますよ」は、毎度おまけしていたらおまけじゃないだろうとか、占いの「今日は有名なセンセイが来ていますよ」は、ずっと顔ぶれが変わっていないように見えるのだがとか、内心ツッコミを入れながら通り過ぎているのだった。

|

« 横濱チャーハンのグリーンピース数 | トップページ | 肉まんを求めて三千メートル »

街ネタ」カテゴリの記事

コメント

ここは閉店しませんよ。南門前の店だって「閉店のため売り尽くし」みたいな本格的な看板が出ていましたから。50年くらいもちそうな丈夫な看板でした。

投稿: 酔華 | 2008年2月25日 (月) 07時41分

なるほど。南門の方も似たような感じなんですね。

でもあまりあからさまだと、そのうち公取が何か言って
くるんじゃないかなあという気がします。

投稿: 本須 | 2008年2月25日 (月) 07時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479662/10724124

この記事へのトラックバック一覧です: もうすぐお店なくなっちゃいますからね~:

« 横濱チャーハンのグリーンピース数 | トップページ | 肉まんを求めて三千メートル »