« 辛い水煮料理 | トップページ | 西遊記と金メダリスト »

2008年2月 5日 (火)

萬珍樓の中国サラミ巻き

ほんまさんのブログで腸詰ネタをやっていたので、うちにも何か腸詰関係の画像があったな、と在庫を漁っていたら出てきた。萬珍樓の「中国サラミ巻き」。2個入りで500円だった。

モノはいたってシンプル。花巻の生地のようなものの中に腸詰を縦に半分にしたものがそのまま巻かれている。なんか昔パンにソーセージが巻かれた似たようなものを見かけたことがあるがその中華版といったところか。

__500

味の方もシンプル。というか、腸詰なのに結構あっさりしてしまっていて、ちょっと食べ応えがなかった。萬珍樓だから少々上品に作ってしまったのだろうけど、生地にはさむのだからもっと濃い味付けの方が良かった気がした。

腸詰ネタでおまけ。これは買ってきた腸詰を細かく刻んで白菜と炒めた時のもの。もう少し大きめに切ってもよかったかもしれない。腸詰はかみしめると脂の旨みとお酒の香りが口の中に広がって実に幸せ。こういうおかずはご飯のお供に最適である。

_

|

« 辛い水煮料理 | トップページ | 西遊記と金メダリスト »

食べ物ネタ」カテゴリの記事

コメント

ちなみに今日は菜の味噌干肉としろじくを炒めました。
この手のものと相性が良いですよね。

投稿: ほんま | 2008年2月 6日 (水) 01時02分

しろじくって廣東白菜とも呼ばれている野菜でしたっけ。
白菜同様干し肉には合いそうですね。

投稿: 本須 | 2008年2月 6日 (水) 01時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479662/10278354

この記事へのトラックバック一覧です: 萬珍樓の中国サラミ巻き:

« 辛い水煮料理 | トップページ | 西遊記と金メダリスト »