« 宴会の調べ物 | トップページ | 陳麻家 »

2008年3月23日 (日)

中華で和で洋

横浜中華街の香港路のまんなかくらいに「つね勝」というとんかつ屋さんがある。周囲を中華料理店で囲まれた中、こういうお店は貴重である。特に周囲で仕事をしている人にとっては毎日中華じゃやってられまい。というわけで、私もたまには中華料理店巡りばかりしてないで他の店にも入ってみようと、ある日この店に入ってみたのだった。

__3

店に入るとおやじさんとおかみさんが迎えてくれる。店はカウンターとテーブルが少々、左奥に小上がりがあった気がする。とりあえずカウンターに座って、さて何を食べようかとメニューを眺める。と、ちょっと気になる品が。今回はこれを食べてみよう、「黄金焼き」。肉はヒレ、ロース、チキンから選べて今回はヒレを選択。価格は900円である。

注文を受けて、カウンター向こうのだんなさんとおかみさんがキビキビ動く。手際よく注文の品を次々に仕上げてゆく。そして私の注文した品がやってきた。

で、これは何物かというと、ヒレ肉のピカタである。肉を叩いて平たくしたところに卵をからめて焼いた品。千切りキャベツがついてきて、上からはドミグラスソースとクリームが軽くかかっている。これにタクワンと味噌汁がついてきた。

___3

そして、ピカタを持ち上げてみると、中にはケチャップライスが。ほどよく味のついたケチャップライスでピカタを食べてゆく。当然材料が材料なので味はかなりオムライスっぽい。それにしても、とんかつの店でここまで洋食っぽいものがちゃんと出てくるとは驚き。おやじさんは以前洋食でもやっていたことがあったのだろうか。肉は軟らかく、卵もふんわりししていてなかなかおいしかった。

___4

とまあ、今回は中華街の真ん中の和食の店で洋食を喰らったわけだが、たまにはこういうのもいいね。

|

« 宴会の調べ物 | トップページ | 陳麻家 »

番外編」カテゴリの記事

食べ物ネタ」カテゴリの記事

コメント

ここの素材は、なかなかいいものを使っていますよね。ご主人の腕もいいのでしょう、何を食べてもハズレはありません。
唯一、カレーがイマイチかな。
あと、焼き魚、煮魚なんかもやっているので、中華に飽きたときは重宝しています。

投稿: 酔華 | 2008年3月24日 (月) 07時29分

後で見直したら、メニューにハンバーグ定食なんてのもありました。
煮魚もあるんですね。結構オールマイティなのかも。

本気になったら中華もできてしまうのかもしれません。

投稿: 本須 | 2008年3月24日 (月) 07時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479662/11552299

この記事へのトラックバック一覧です: 中華で和で洋:

« 宴会の調べ物 | トップページ | 陳麻家 »