« 錦臨門あらわる | トップページ | 宴会の調べ物 »

2008年3月22日 (土)

豚湯

萬珍樓點心舗の脇にある「萬珍樓中山路売店」だが、ここは店舗内にいくつかテーブルが置いてあって、買った物をその場で食べることができる。ある日そこに「豚湯」という表示が出ていた。ポークコンソメらしい。

__2

いったいどんなものかと早速注文。価格は250円と比較的リーズナブル。それだけだとなんか寂しいので、ついでにミニ豚まんも。こっちは2個で180円。

出てきたアツアツのスープはこんな感じ。店内の保温容器にずっと入っていて味がよくしみこんだ大根が見える。

__250

中をほじってみると、予想以上に具だくさん。大根、にんじん、豚バラ肉がぎっしりカップに入っている。味の方はというと、結構おとなしい味で豚汁とはちょっと違う感じだ。かなりあっさりしているので豚汁を期待して食べると少々物足りないかもしれない。

__

肉まんの方は最近はやりのミニサイズだが、皇朝のやつよりは少し大きめ。

__180

中身は普通の肉まんと同じでサイズが小さいというだけ。味も当然同じだが、やっぱり少々物足りない。この手のミニサイズの肉まんは皇朝のように味付け濃い目にして、「ああ食べた」感を少し増してやる必要があるような気がする。

___2

ともあれ、軽い食事としてこういうのも悪くないと思った。なんといってもこのあたりは人通りが少ないのでのんびり食べることのできる穴場だという点が利点である。立ち食いして他の店の邪魔をするという心配もないし。

なんてことを思っていたのだが、いつの間にかお店がなくなってしまっていた。やっぱり客が少なかったせいで集約されてしまったのだろうか。残念。夏場とかもアイスを食べるのに便利だったのだが。

__

|

« 錦臨門あらわる | トップページ | 宴会の調べ物 »

食べ物ネタ」カテゴリの記事

コメント

このスペースはいろいろと変わりましたねぇ。そしてなにをやっても長続きしない。場所が悪すぎます。ここを通るのは近隣のサラリーマンが大半じゃないでしょうか。
それから萬珍楼点心館の左側の部分。今は従業員用の食堂になっていますが、あそこも、いろいろ店を出したけど、定着しませんでしたね。点心館は別にして、あの辺でやっていくのは、結構きついかも。
「陽華楼新館」はつぶれちゃったし、「オレンジ」という居酒屋も閉めちゃった。「一五一亭」もやめちゃったし…。
それを考えると「広東」「慶華飯店」「ミスターネイビー」「揚州麺房」は頑張っています。

投稿: 酔華 | 2008年3月23日 (日) 06時32分

確かにこの辺りは商売を定着させるのが難しい区域ですね。
酔華さんが挙げた店の他に「福満園新館」なんかも頑張っていると思います。

萬珍樓點心舗の左側ですが、一時期「萬珍茶房」というお店になってました。
半年くらいで社員食堂になってしまいましたが。

あそこの社員食堂ではいったいどんな料理を出しているんでしょうね。


投稿: 本須 | 2008年3月23日 (日) 07時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479662/11543284

この記事へのトラックバック一覧です: 豚湯:

« 錦臨門あらわる | トップページ | 宴会の調べ物 »