« もうすぐお店なくなっちゃいますからね~ | トップページ | 早くも4店目? »

2008年3月 2日 (日)

肉まんを求めて三千メートル

テレビ番組の影響により肉まんを求める人でごった返している近頃の中華街。行列の後ろに並んで肉まんを買い求めるなんてことは、とてもじゃないが私はやりたくない。なので、混雑する中華街を尻目に肉まんの新たな地平を求めて旅立ってみた。

まずは、横浜市営地下鉄の関内駅から湘南台行きに乗る。そして、数駅先の吉野町駅で下車。運賃は200円。市営地下鉄はいつ乗っても割高な気がしてならない。

で、吉野町駅の出口3番に向かう。

01_

階段を上りきると左右に道が走っているので、右手の方に向かう。するとすぐに交差点に出くわすのだが、そこを渡ることなくすぐにまた右手に曲がる。右手に「サンマー麺にこだわった店」があらわれる。今回の目標は肉まんなので、入ってみたいのをぐっとこらえてそのまま道なりに歩き続ける。大丈夫、私が入らなくてもきっと誰かがレポートしてくれるに違いない。

02_

ずっと歩いてゆくと、「睦橋」のバス停に到着。まだまだ歩き続ける。

03__

さらに歩くと、中村橋のバス停にたどりつく。それでもまだ歩き続ける。

05__

しばらく歩くと大きな交差点に出る。左手を見ると交番が見える。交番の方には渡らずにまっすぐ渡って歩いてゆく。

06_

そのまま歩いていると左手に自動車学校が見えてくる。それでもまだまっすぐ歩き続ける。

07_

そして、吉野町駅から出てだいたい15~20分たった頃、とある工場前にたどり着いた。

08__

そしてその工場の前では肉まんなどの直売が行われていたのだった。毎週土曜日13時から15時半までの短時間の限定販売のようだ。

09__

さっそく肉まんを購入。中華街の大型サイズの肉まん3つ入りで600円であった。さすがに工場直売だけあって安い。

で、買ってきた肉まんがこれ。どっかで見たようなデザインである。それもそのはずで、この工場から中華街のいくつかの店に卸しているらしい。そういえば以前「彩香」で食べた時に、開店初期のサービスでマーラーコウがおまけについてきたことがあったのだが、この直売で売っているものとそっくりだった。あれもここのやつだったのかもしれない。

10__3_600

買ってきた時に手作り感のある説明書をつけてくれた。レンジは使わないで蒸すようにとのこと。蒸し時間はこの裏に書いてあるのだが、約13分(冷凍保存時は20分)である。

11__

ところで、私も肉まん用に蒸籠を持っているのだが、実は下の写真のような中華街で売っている一番小さいタイプだと、中華街の大型肉まんはふたがつっかえてしまう。

12__1

なので、一番小さなタイプを買う時は、もう一段分余計に買っておいて、2段目をひっくり返して使うと良い。というのが、中華街大通りにある「照宝」の店員さんの説明であった。体よくもう一段買う羽目になったという気がしないでもないが。確かにこれでちゃんと蒸かすことができる。

13__2_

蒸し上がり。アツアツなので手でちょっとだけつかんで蒸籠から出して、すぐ手離して皿の上に落とすと、バフッといい音を立てて肉まんが皿の上に跳ねる。いつから蒸しているかわからない店頭の肉まんではここまでの良いタイミングでは食べられまい。そういう理由もあって、私は肉まんは買い食いしないで自宅で蒸すようにしている。

14__

断面はこんな感じ。皮はかなりしっかりしていて、皮だけ食べてもほんのり甘くておいしい。具も結構みっちり入っていて竹の子などの歯ごたえもちゃんとある。味付けはあっさり目。これで1個あたり200円というのはなかなかにリーズナブルだ。

15___

が、中華街から行き来する電車代を考えると必ずしもリーズナブルと言えないのが残念である。工場に徒歩や自転車で行くことができる人限定のお勧めという感じだ。近くに住む人は幸せ者である。

中華街の店に卸しているとのことなので通常はそこで買うのが妥当であろう、と思って思い当たるところを考えてみたのだが、名前から思いつくのはここかな、という気がする。南門シルクロード通りにある「華正華」。店頭を見た感じでは確かに工場で売っていたのとそっくりの品が並んでいた。値段はもうちょっと高かったようだが。

16__

で、店脇に積んであった箱を見ると確かにこの工場から卸しているようだ。「正華食品」というのは「正華」の前身の名前のようだ。下の箱の「保香園」というのもちょっと気になるところだが。

17__

ところで、なんでこのような直売情報が分かったかというと、ネットをふらついていたら工場のブログを見つけたからなのだった。中華街に配送する際の諸々のお話が書いてあったりしてなかなかおもしろい。

あと、タイトルの「三千メートル」だが、中華街からこの工場までの大体の距離である。片道だったら歩いても何とかという気がするが、往復はちょっときつい。

|

« もうすぐお店なくなっちゃいますからね~ | トップページ | 早くも4店目? »

番外編」カテゴリの記事

食べ物ネタ」カテゴリの記事

コメント

むかし一緒に仕事をしていた方の親戚が、ここの経営に参加していると言っていました。その関係で、たま~に肉まんを頂いたことがあります。あの頃は自分で蒸すのが面倒で、みんな人にあげちゃった。今思えばトホホなこと。

投稿: 酔華 | 2008年3月 2日 (日) 07時38分

それはもったいなかったですね。

家で蒸かした肉まんは店頭売りのものと比べて
皮の状態がかなり違うと思います。
少々面倒ですが、自宅蒸しの方を私は強力にお勧めします。

店頭で食べてしまうと、おなかいっぱいになって料理店に
入れなくなってしまいますしね。

投稿: 本須 | 2008年3月 2日 (日) 09時11分

うちからチャリンコですぐだったりします。
私も正華ブログを拝見してますが、担当の方の誠実さが伝わってきて、とても良い感じですよね。
でも、土曜午後しかやってないので、まだ数回しか買ったことがないんですよ。シュウマイがおいしかったです。
ちなみにサンマー屋は改装前に行ったことがありますが、あまり・・・

投稿: ほんま | 2008年3月 3日 (月) 03時24分

自転車ですぐっていうのはいいですね。
ここは焼売もおいしいんですか。
今度機会があったら買ってみます。

正華のブログはキャッチーな売り言葉とは無縁で、
実直そうな点に私も好印象を持ちました。

投稿: 本須 | 2008年3月 3日 (月) 07時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479662/10865941

この記事へのトラックバック一覧です: 肉まんを求めて三千メートル:

« もうすぐお店なくなっちゃいますからね~ | トップページ | 早くも4店目? »