« プロフィール | トップページ | 大珍樓別館閉店 »

2008年4月 1日 (火)

店舗の改廃

横浜中華街の店舗の移り変わりが去年あたりからかなり激しくなっているように感じている。日経平均が7000円台を記録するような不況まっただ中には思ったほど廃業がなくて、最近になってとみに改廃が増えてきているように思える。

というわけで、実際改廃はどの程度だったのかちょっと年単位で集計してみた。メインサイトを作っていた頃から店舗の推移は記録していたので、その辺のデータを集めてグラフにしてみるとこんな感じになった。

Change
やはり2007年頃から急に改廃が激しくなっている。廃業はコンスタントに増えていて、このペースだと2008年で10店舗くらいは廃業が出てきそうな勢いである。

最近のこの状況、いったい何が起きているかについては常々考えていることがあるのだが、まだどうにもまとめきれていない。この辺についてはまた機会があったら別記事にでも書いてみようと思う。

|

« プロフィール | トップページ | 大珍樓別館閉店 »

雑文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479662/12027812

この記事へのトラックバック一覧です: 店舗の改廃:

« プロフィール | トップページ | 大珍樓別館閉店 »