« 最後のベーコン | トップページ | ねこねこ中華街+アルファ »

2008年6月21日 (土)

和食から洋食へ

今日は特に何を食べるか決めていなかったので、もうすぐ雨がふりそうな微妙な天気の中、中華街界隈をあちこちぶらぶら歩いていた。そして、ふといつもと様子の違う一角に気づいた。

仙鶴楼の斜め向かいくらいの建物に「かくれが洋食屋 遊人」という看板が出ていた。その名の通り洋食屋さんらしい。今までこんな店あったっけ?近寄ってみると、6/10からオープンとの貼り紙が出ていた。なるほど、近頃は中国料理店以外でも改廃が進んでいるようだ。

店頭には本日のメニューとしてランチメニューが3種類ほど出ていた。価格は850円前後。1回くらいは入って見たい気がするが、週末は中華の方が優先なのでいつになるかは不明。

Photo_2

で、前は確か和食屋だったはずだと思って写真を漁っていたら出てきた。やっぱり前は和食屋だった。そういや、ここで出していたランチの生姜焼きをいつか食べようと思っていたのだが結局店に入ることはなかった。いつもながら、こういうのは思い立った時に入らないとダメだなあと思うものの、中国料理以外まで守備範囲を広げてしまうと収拾がつかなくなりそうなので悩ましい。

_

あと、中華街を歩いていて気づいたことをいくつか。

明華が全面工事をしていた。先日までその気配もなかったのでちょっと予想外。

Photo_3

もっと予想外だったのが、こちら。とうとう横浜大世界前にある郵便局の建物まで改装に入っていた。接筵も同じ建物にあるのでそちらの2Fまで改装のカバーで覆われていた。

__2

ここしばらく中華街の改装は激しさを増すばかり。このあたりの改装業者さんは儲かってしょうがないのではなかろうか、とか思った。休む暇もなさそうだけど。

|

« 最後のベーコン | トップページ | ねこねこ中華街+アルファ »

短信」カテゴリの記事

コメント

「遊人」ができる前は「水仙」でしたが、その前は「一福」、さらにその前は「アヤメ」でした。
この3年ほどで4軒も入れ変わるとはね。やっぱりこの場所には無理があるのではないでしょうか。

投稿: 酔華 | 2008年6月22日 (日) 07時26分

ここは1年1軒以上のペースで替わっているんですね。

街中でもこういった、なかなか1つの店が定着しない場所を
時々見かけますが、場所的に商売がやりにくいのかもしれませんね。

投稿: 本須 | 2008年6月22日 (日) 12時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479662/21792797

この記事へのトラックバック一覧です: 和食から洋食へ:

« 最後のベーコン | トップページ | ねこねこ中華街+アルファ »