« 龍城飯店あらわる | トップページ | あれこんなところに・・・ »

2008年7月 6日 (日)

ポイントカード

ポイントカードは中華街のいろんな店で導入している。あんまりホイホイと作ってしまうと、財布の中がポイントカードであふれてしまうので注意が必要である。今回はそんなポイントカードからいくつか載せてみる。

まずは永楽製麺所のポイントカード。1000円でスタンプが1つ押される。50個集めるとステキなプレゼントがもらえるらしい。50個分となると5万円で、主に生麺をここで買う身としてはそれで5万円というのはなかなか大変だ。2~3食分しか買わないことが多いので1000円に達することがなかなか無いという点でもハードルが高い。それにしてもステキなプレゼントとはいったい何なのか、かなり気になる。

Photo

菜香グループのポイントカード。一時期は「菜」でも共通で使えたのだが、いつの頃からかポイントカードが別々になってしまった。で、こちらは耀盛號とか菜香新館で使える方のもの。100円で1ポイントついて200ポイントでカード自体を1000円相当の金券として使えるので、リターン率は5%である。菜香新館のような大箱で宴会幹事をやったりすると、ごっそりポイントが付けられるだろう。私は耀盛號あたりで調味料を買った際にちまちまとポイントをつけている程度。ちなみに有効期限は発行から2年。

Photo_2

重慶飯店グループのポイントカード。1円が1ポイントで、2万ポイントで1000円分の券がもらえる。リターン率は菜香と同じ5%だが、端数が落ちずに買い物額が全額無駄にならないという点でこちらにわずかなアドバンテージがある。ポイントの有効期限は1年。来店回数に応じても何か特典があるようだ。

Photo_3

大珍樓グループのポイントカード。60周年記念で昔やっていたもので、今はやっていないと思う。4000円で1ポイントついて、12ポイントで2000円分だからリターン率は4.2%。他店舗のカードと比べると、一番リターン率が低くて一番ハードルが高かった。有効期限は1年。結局途中で持ち歩くのを止めた。

_

獅門酒楼の平日ランチポイントカード。かなり大昔にたまたま平日ランチに行くことができた時にもらったもの。今でもやっているかどうかは不明。1回のランチで1ポイントついて、15ポイントで平日ランチが1回無料なのでリターン率は約6.7%。平日ランチで毎日通っているような人にはお得だったと思われる。

__2

杜記グループのポイントカード。リライタブルになっていて、ポイント数が毎回書き換えられで表示される。基本的に利用額の5%がポイントとしてついて、500ポイント毎に500円分の会計値引きに使用できる。期限は最終利用から1年。

Photo_4

杜記グループのポイントカードは伊勢佐木町の店も含んだグループ内全店で共通利用が可能だったのだが、杜記紹興酒荘が優味彩になってからは優味彩と他店舗でポイントカードが互換でなくなった。そして優味彩は独自にポイントカードを始めている。カードは別々になったが、ポイントシステム的には杜記グループと一緒である。ちなみに、杜記グループのカードもそうなのだが、会員番号の桁がものすごい。1000兆の桁まである。人類皆会員にしてもまだ全然余裕である。

Photo_5

おまけ。これは中華街ではないのだが、華隆餐館のポイントカード。今もやっているかどうかは不明。刀削麺1回食べて1ポイント、10ポイントで刀削麺かビール・餃子セットを1人前無料。リターン率は約10%というところか。私の場合、刀削麺よりは辛い一品料理を食べることの方が多いので、こちらは持ち歩かなかった。

Photo_6

とまあ、各店舗いろいろとポイントカードを出している。ざっと見た感じでは、リターン率は大体5%前後のようだ。突出してお得なものは特に無いようなので、自分の食事や買い物の状況に応じて、よく使うところのカードを持ち歩けば良さそうだ。

|

« 龍城飯店あらわる | トップページ | あれこんなところに・・・ »

コメント

華隆餐館のポイントカード・・・そうそう、一杯になったのを握り締めたままになっていました。次回は使おうと思います。
忘れていました。ありがとうございます(?)

一品料理のみのご利用でも、カードを出してヘヘヘと笑えば案外ゆるゆる一個押してくれるのでは・・・というのは、美意識的に許されませんでしょうか?

投稿: アリーマ | 2008年7月 7日 (月) 00時13分

私の財布の中は、ポイントカードで満員です。お札はありませんけど…

投稿: 酔華 | 2008年7月 7日 (月) 07時09分

・アリーマさん

華隆餐館は何かとアバウトですから、一品料理でも押してくれるかもしれません。

しかし、カードが一杯になっているとは、結構通ってますね。


・酔華さん

ポイントカードと同じくらい万札が入っているといいんですけどね。

中華街以外のポイントカードも含めると、私の財布もポイントカードでパンパンですよ。

投稿: 本須 | 2008年7月 7日 (月) 07時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479662/22111620

この記事へのトラックバック一覧です: ポイントカード:

« 龍城飯店あらわる | トップページ | あれこんなところに・・・ »