« あれこんなところに・・・ | トップページ | 鶏はむの夕べ »

2008年7月12日 (土)

黒猫の中華

都内の知人と飲む(食べる)機会があった。せっかくなので、前から目を付けていたお店で中華にした。たまには中華街を離れた宴も良いだろう。

今回出向いたのは赤坂見附駅から歩いて少しのところにある「黒猫夜」。駅から近いにもかかわらず、ちょっとわかりにくいところにあって、入口を見つけるのに苦労した。エレベーターでビルの3Fへ向かう。エレベーターの戸が開くと即店内になっている。

00__

お店は結構こじんまりしていて、カウンターが8席くらい、4人テーブル3つ、他に小上がりがあって、そちらには4人テーブル4~6つくらい。店内は結構薄暗くて隠れ家的な雰囲気がある。

お店の看板には「郷土華風百家菜」と書いてあって、要するに田舎料理をメインに出すお店のようだ。お店のメニューを見てみると、四川がだれそれ、廣東がだれそれ、と4つの分野くらいに分かれて担当者名が書いてあった。廣東だけとかいうのではなくて、お酒に合うような料理を分野にかかわらず出しているようだ。

お酒のメニューはかなり豊富。お酒に関する値付けの高低については私はよく分からないが、紹興酒の利き酒セットなどというものがあって、3種で980円だった。五糧液は小さな杯1つで1000円。私の場合食べる方がメインだし、五糧液だったら小杯1つで2時間持ってしまうのでお酒の値段は特に気にならない。酒飲みには邪道だとか言われそうだが。

さて、肝心の料理の方だが、今回は主に以下のようなものを食べた。予約すれば他にもいろいろできるらしい。ただ、厨房を含めてお店の人数があまりいないようなので、無理を言わないように気をつけたいところだ。

02__680

まずは魚のスモーク、680円。燻魚みたいな揚げ煮に近い物を想像していたら全然違った。ほんのりスモークされた柔らかいカツオ(だったと思う)に醤油味ベースで味付けされたタマネギがあしらってある。やさしい味で比較的気に入った。

02a_

鴨舌の炒め物。こちらの味にはあまり特徴は無かった。それにしても昔は鴨舌が出るというだけでマニアックな品を出すお店だと思えたものだが、近頃では鴨舌は全然珍しい料理でなくなってしまった。ちなみに私は萬来亭の味付けが一番好みである。

03__680

羊の串焼き、680円。調味料は唐辛子とクミンと辛味噌だった気がする。柔らかくて臭みも無く普通においしい。ただし焼いた肉としての存在感が強烈な、延明の羊串にはかなわない。ただ、最近延明を基準にしてはいけないのではないかと思いつつある。それくらい延明は突出していると思う。

04b___880

大腸の揚げ物、880円。辛いタレと塩山椒がついてきた。外側はカリっと揚がっていて、中はむにゅむにゅした感触。臭みは全く無し。かなり手間のかかる料理だと思うが、普通の料理と同じようにさらっと出してくる。この品も昔はかなりマニアックな品だったと思うのだが、今となってはあちこちで出すようになってきているようだ。味の方はというと、普通に豚の臓物だね、という味。この品については、他店舗の経験があまり無いので、優劣のほどはちょっと分からない。

05__980

アスパラとハムユイの炒め、980円。キノコもちょっとついてきた。歯ごたえを残しつつ、きちんと火の通ったアスパラは甘味が感じられておいしい。そしてほんのりとハムユイの塩気と香り。個人的にはもっと香りをバンバン効かせてもらって良かったのだが、この店では控え目に使っているようだ。

05_

似たような品がカブってしまったが、水蓮菜のハムユイ香り炒め。シャキシャキ・コリコリと歯ごたえが良くてとてもおいしい。これと肉料理とご飯だけでかなり満足してしまいそうな品。これはとても気に入った。ただ、こちらもハムユイの香りは控え目。店が狭いからあんまり香りを立てるとまずいのかも。

08a____1100

自家製ハム、腸詰め、鶏ハンバーグの炊き込みご飯、1100円。混ぜ飯系は結構好きなので、こういう品はとてもうれしい。土鍋で出てきてお店の人がかき混ぜて即食べる。かき混ぜた後の蒸らしは無いようだ。

08d__

自家製ハムは干し肉のような感じ。噛めば噛むほど味が出ておいしい。腸詰めも酒の香りがほんのりしていて旨い。これで1100円というのはすばらしい。

数時間のんびりと食べて飲んで談笑して、楽しい時間を過ごすことができた。そしてお腹はもうパンパン。かなり良いお店だった。すべての料理が突出してすごく旨い、というわけではないし、おとなしく作ってしまってパンチ力に欠ける品もあったが、ちょっと珍しい品が通常メニューで大量に揃っていて、酒の種類も多く、全体的に値付けが安くてバランスが良いという点で貴重なお店だ。カウンターがあるので、一人でぶらっと入って軽くつまみながら飲んで1時間くらいで出てくるというような使い方もできそうだ。こういう店は長続きして欲しいと思う。

それにしても一皿の分量が少なめとはいえ、ここの料理の値付けには驚いた。中華街でもこれくらいの品をこれくらいの価格で出せるようにして欲しいなあ、と思った。

【注】ぐるなびあたりだと、この店では田ウナギの料理を出すように書かれているが、現在田ウナギの活魚は輸入禁止になっていて、今は田ウナギ料理を出せなくなっているそうだ。カリカリに揚げて黒酢で味付けした田ウナギはとてもおいしいのだが、実に残念である。

|

« あれこんなところに・・・ | トップページ | 鶏はむの夕べ »

番外編」カテゴリの記事

食べ物ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479662/22236740

この記事へのトラックバック一覧です: 黒猫の中華:

« あれこんなところに・・・ | トップページ | 鶏はむの夕べ »