« 鵬天閣開店、他 | トップページ | 冷たい甘味 »

2008年8月10日 (日)

辣鶏そぼろ

萬珍樓の売店で買った「辣鶏そぼろ(激辛)」。一瓶で880円というかなり強気なお値段をつけている調味料だ。

___880

辣鶏そぼろには今回買った「激辛」とそうでないものがある。「激辛」の方には下の写真のように激辛のシールが貼ってある。家に戻って封を開けて味見してみたのだが、辛味は一応あるものの、激辛というにはかなり遠い感じだ。買った時は料理を作るのに使えるかと思っていたのだが、これだと辛味が弱すぎて厳しそうだ。

___

というわけで、一番シンプルにご飯にのせてみる。お、なかなかおいしそう。

B3

そぼろが漬かっているラー油がご飯の底にたまってしまうので、かき混ぜて食べる。そぼろ自体は結構硬めだが、味は悪くない。辛味はたいしたことがないので、サクサクご飯が進む。忙しい時に白飯にこれをのせてガッとかき込んで食事を済ませてしまうというのもアリかもしれない。問題は一度に大量に消費してしまうこと。今回、軽く盛ったご飯に対して1/4瓶くらい使ってしまっている。どんぶり飯の人だったらあっさり一瓶使ってしまうかもしれない。というわけで、コストパフォーマンスはあまり良くない。

B_2

あと、袋入りインスタントラーメンなんかにもネギを足すのと一緒に使ってみた。なんか一応それらしく見えるようになった。ちなみにスープが真っ赤なのはそぼろのせいでなくて、元々麺についていたスープがそういうものだったせいである。

_1

とまあ、急いで何か食べる時にちょっと乗せるには便利かなという感じだ。ただ、激辛でこの弱さなので、通常版はかなり物足りないのではないかと思われる。あと、結果的にかなりコストパフォーマンスが悪くなってしまうというのも欠点と言えば欠点か。

書いているうちに思いついたのだが、ご飯の上に乗せてからダシ汁をかけてお茶漬け風というのもいいかもしれない。が、すでにもう一瓶消費してしまっているので、また今度ということにしよう。高いので次はいつになるか分からないが。

|

« 鵬天閣開店、他 | トップページ | 冷たい甘味 »

食べ物ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479662/22897018

この記事へのトラックバック一覧です: 辣鶏そぼろ:

« 鵬天閣開店、他 | トップページ | 冷たい甘味 »