« 家賃 | トップページ | 金香樓と小尾羊 »

2008年10月19日 (日)

規制強化?

横浜中華街の駐輪禁止の状況については以前の記事の「駐輪禁止特集」で述べたとおりだが、相変わらず放置自転車が実に多い。

なんせ中華街はちょっと空き領域ができると、すぐに自転車が溜まる。例えば、しばらく前に閉店した大珍樓別館前なんて近頃はこんな感じである。

__

で、中華街を歩いていたらこんな掲示が出ていたのを見つけた。どうも加盟店に配布される「発展会通信」から抜き出して作った掲示の模様。放置自転車に対する規制がなされるようだ。

__3

見にくいのでアップにしてみる。なんでも11月1日から中華街のほぼ全域が自転車放置禁止区域になるらしい。

___2

地図がついていたので見てみたが、海側は朝陽門を越えて山下公園まで、西門側は学校付近まで、元町方向は川を越えて元町に入った向こうまで、北門方向は球場手前まで、とかなり広範囲に設定されているため、確かに中華街はほぼ完全にこの領域内に入る。

__2_2

規制されるとなると自転車の人は有料の市営駐輪場を使うことになるのだろうが、それらはどの辺に整備されているのだろうか。横浜市交通安全協会のWebページに駐輪場一覧があったので、近隣の駐輪場を調べてみた。石川町駅最寄りだと山手方向に進んだ川沿い、関内駅最寄りだと中華街と反対側の駅出口付近、元町・中華街駅最寄りだと川を渡って海の見える公園方向に入ったあたり(上地図のA)と、朱雀門を出て川を渡ってすぐのところ(上地図のB)に駐輪場があって、後者が一番中華街に近そうだ。それにしても横浜市交通安全協会のページの関内駅付近の地図が細かくてなんとも見難いこと。横浜市交通安全協会のやる気のなさが垣間見える。

駐輪場のお値段であるが、80~100円/24時間。1ヶ月定期だと1500~2000円。屋根有り屋根無しでお値段が少々変わる。ちなみに、放置自転車として撤去されると、その自転車を取り戻すには1500円かかってしまう。

というわけで、11月からは中華街近傍に自転車で乗り付けるのは要注意である、というかやらない方が良い。近隣の人は徒歩、遠くの人は公共交通機関を利用した方が安全であろう。

ところで、裏を取ろうと思って横浜市のWebページなどを調べてみたのだが、上記に関するお知らせ等は見つからなかった。探し方が悪いのだろうか。当日までもう2週間程度なのだが。

 

★★★

話は変わるが、上にちらっと書いた「発展会通信」はたまにお店のレジ付近に放りだしてあるのを見かけることがあって、中華街オフィシャルページのPVなんかが書いてあるのを見たことがある。その時見た値では、当辺境ブログの350年分程度のPVを1ヶ月で稼いでいるらしかった。少々PVを稼いだところで、個人ブログの影響力なんてたかがしれていることがよ~く分かる。たいていの個人が書いているようなサイトはほんとにロングテールの先っちょなのだ。1記事10万PV稼ぐようになればまた違うのだろうけど。(ちなみに横浜ウォーカーは確か14万部/週程度)

|

« 家賃 | トップページ | 金香樓と小尾羊 »

街ネタ」カテゴリの記事

コメント

しばしば自転車で乗り入れています。
困ったなあ…
これからどこに置いたらいいんだろう。
加賀町警察の中に置いて食べに行くかな。
燈台下暗しだ。

投稿: 酔華 | 2008年10月19日 (日) 16時03分

いっそのこと駐輪場の月間申し込みをしてしまうとか。
駐輪場の費用分はランチの予算が減ってしまいますけどね。

そうそう、市の駐輪場ですが、よく見たら日祝だと無料のようです。

投稿: 本須 | 2008年10月19日 (日) 17時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479662/24604601

この記事へのトラックバック一覧です: 規制強化?:

« 家賃 | トップページ | 金香樓と小尾羊 »