« 値下げ? | トップページ | 小皿の時代? »

2008年11月 1日 (土)

過橋米線の一品

アリーマさんの記事で秋葉原の端の方、末広町にある「過橋米線」の話が出ていた。今回はこちらも過橋米線でお気に入りの品について書いてみようと思う。

「過橋米線」は秋葉原の端の方、末広町に位置する。JR秋葉原駅よりは、銀座線の末広町駅からの方が近い。ちょっと気づきにくいお店で、店頭にある電光掲示板が無ければ見落としてしまいそうなお店だ。売りは店名の通りで、雲南料理の「過橋米線」という麺料理である。他にも「汽鍋」というじっくり味の出たスープ料理もおいしい。コースを頼むとお腹がはち切れるくらい出してくれて、デザートまでたどり着くのが辛かったりするというお店だ。残念なことに客の喫煙率はそこそこ高い。最近は支店も出していて、池袋と吉祥寺にあるという話だ。私は吉祥寺の方にはまだ行ったことがない。

_

ここは通常メニューとは別に「今月のお勧め」というメニューを持っていて、開店からしばらくはほんとに毎月これを変えていた。さすがに最近は息切れしたようで、半年に1回くらいのペースに落ちているが、このお勧めメニューにはなかなか良い品が含まれている。

その中でも私の最近のお気に入りは「大理回族涼絆羊肉」。羊肉のピリ辛和え冷菜とでもいう品だ。価格は1280円とそこそこするのだが、とてもおいしい。羊肉だが臭みなんて全く無い。

__1280

数ミリ厚の羊肉をネギや香菜、ラー油、香辛料で和えた比較的シンプルな品だが、とても良いピリ辛味に仕上がっている。ビールのおつまみにしてもかなり合うと思う。辛さの方はすごく辛いというほどではないが、しっかり辛味を感じる程度。

__

で、ときおりこの品を持ち帰りにしてもらうことがある。秋葉原からこういう汁気のある物を運ぶのは結構しんどいのだが、がんばって家まで運ぶ。そして半分くらいはそのまま食べたりするのだが、もう半分は次の日あたりにこうなる。

__2

ご飯に乗せて羊肉丼にするのだ。辛いタレと羊肉のからんだご飯はとってもおいしい。お店でも丼にして出してくれればいいのにな、と時々思ってしまうほどだ。

___2

そしてとある日。ご飯にこんなに合うのなら、こうしてみたらどうだろうと思った。思っただけでなくてやってしまった。

_2

そう、パスタの具にしてしまったのだ。全部食べきらずに少し残しておいて、細切りにしておく。茹でたパスタをオリーブオイルで軽く炒めて、細切りにしたこの品を投入して即火を止めて和える。あとは軽く塩味を追加する程度。器に盛って白髭葱をのせて、羊肉のピリ辛拌麺風パスタのできあがりである。肉にはすでに火が通っているので余計な火を通さないのがポイントである。

__2_2

予想通りおいしかった。しかし、過橋米線の店の人もこんな食べられ方をしているとは夢にも思うまい。

|

« 値下げ? | トップページ | 小皿の時代? »

番外編」カテゴリの記事

食べ物ネタ」カテゴリの記事

コメント

拙記事のご紹介、ありがとうございました。

羊肉って鮮度と処理次第で臭みが旨味になるものだそうです。
これは美味しそうです!

投稿: アリーマ | 2008年11月 2日 (日) 22時50分

これはとてもおいしいですよ。
次に行った時にでもどうぞ。

投稿: 本須 | 2008年11月 3日 (月) 00時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479662/24935050

この記事へのトラックバック一覧です: 過橋米線の一品:

« 値下げ? | トップページ | 小皿の時代? »