« 焼きそばばっかり | トップページ | レポート求む »

2008年11月16日 (日)

近頃の肉まん

ここ最近随分と寒くなってきた。こういう季節は幾分寒くなった部屋の中でほかほかの肉まんをほおばりたくなる。というわけで、今回はここ数ヶ月くらいで食べた肉まん類の特集。比較的新商品が多い。

まずは「萬珍樓」のカリーまん、2個入りで500円。

01a___2500

中にはカレー味の具が入っている。少し大きめに切られた肉がコロコロ入っていた。具の量は少々控え目で、もうちょっと多くても良かったかもしれない。味は万人向けの辛さのカレー味で普通においしい。大箱のお店の商品として無難な造りになっていると思った。

01b____

近頃中華街内に大量に出店している「皇朝」の牛鍋まん。1個がなんと500円という代物。横浜開港150周年に当てて出してきたもののようだ。いわゆる企画便乗型の商品だ。

02a___500

中身は濃い目に味付けされた、牛肉のようなものと糸こんにゃく。牛肉の旨みはそれほどしない。確かにそれらしき具が入っているが、これで1個500円は無いだろうと思った。どうも世界チャンピオンの味は私には合わないようだ。店頭に出ている写真とかなり中身が違って見える点も気になる。今はこれが3個で1500円とかで売られているが、私ならそれだけの予算があったら他の店で別の品を選ぶ。

02b____

一方、江戸清系列の「りーろん」でも一時期牛鍋まんを出していた。こちらは1個300円と比較的リーズナブル。蒸かしていないものは売っていないようなので、買ったらその辺で食べなくてはいけないのが少々残念だった。こちらの具は牛鍋を煮詰めたように見えるくらいのものが入っていた。肉もそれなりの大きさに残っていて歯ごたえがある。「皇朝」のものに比べるとこちらの方が牛鍋らしい内容だった。

03____300

「酔仙酒家」に「にんにく肉まん」というのが売られていたのでつい買ってしまう。1個280円と割安。蒸かして2つに切ってみると、ニンニクの強烈な臭いが鼻を直撃する。かなりニンニク風味の強い肉まんであった。これは賛否が分かれるかも。食べた後は歯磨きがかかせない。

04____280

つい先日開店した「謝朋酒樓」だが、店頭に肉まんなどを売るコーナーが併設されていて、メダルをつけた特級点心師の写真が看板に出ている。その肉まんを買ってみた。1個200円とかなり安い。

断面を見た段階で、どこかで見た内容だと思った。で、食べてみてほぼ確信。これは「西遊記」で以前出していた「金メダル肉まん」とほとんど同じだ。内壁にべったり脂がついている点、スポンジのように脂を大量に含んだ具が真ん中に固まっている点など、特徴が一致する。皮は金メダル色をしていないが、多分他のレシピはほとんど同じだと思う。そういや、「西遊記」の開店直後の金メダリストは「三国志」と同じだったし、謝朋酒樓の開店時には「三国志」の花輪が出ていた。何かこの辺でつながりがあるのかも。

05_____200

金メダリストが途中で変わった「西遊記」の金メダル肉まんの方はというと、少し体裁が変わったようだ。値段は6つで900円と前と同じだが、焼きごてのマークが以前の記事の時の金メダルの形から善隣門と思われる門のマークに変わっている。

05b___6900

肝心の中身の方はというと、微妙に変わったようだ。相変わらず内壁に脂がべったりだが、具本体の方は前より肉の歯ごたえがちゃんとする。私の好みではないが、値段が1個150円相当ということを考えるとそれなりの内容なのかもしれない。通販のページにある写真と大幅に違うのはどうかとは思うが。

05c___

「重慶飯店」の四川まんというのも食べた。これは前からあった品だが、まだ食べていなかったので今回が初となる。2個入りで700円。高菜と肉をピリ辛に炒めた物が入っていてなかなかにおいしかった。今回の記事に出した中ではこれが一番好みだった。

06_____2700

そういや、中華街でなくて市井の肉まんはどうなのだろう?セブンイレブンで豚角煮まんというのを買ってみた。1個200円とコンビニ物の肉まん類としては高め。セブンイレブンで蒸かして売られている肉まん類の製造元は確か井村屋だったと思う。

07a___200

中には豚の角煮とおぼしき豚肉を角切りにしたものがコロコロと入っている。ちょっと変わっているのは具を肉まんの皮で包む前に、ワンタンの皮のようなもので包んでいることだ。コンビニでは蒸しっぱなしの状態でしばらく置かれるので、その間に具の汁が皮を浸食しないようにとの工夫だろう。よく考えたものだ。肝心の味の方は値段相応というくらいか。角煮は多分茹でた肉に味を付けているだけだと思う。角煮としては何かが抜けたような感のある味だった。

07b____

あと、セブンプレミアムの肉まんなんかも買ってみた。3個入りで268円と恐ろしく安い。さすが、購買力に物言わせて買い叩くプライベートブランドである。なぜかこっちの製造元は井村屋じゃなくてヤマザキだったりするが。

08a___268

で、食べてみたのだが全然おいしくない。相当昔に食べたヤマザキの中華まんはそれほど悪くなかったと記憶していたのだが、今回食べたのはかなりきつい。竹の子が苦いというのはどういうことなんだろう?原価を下げるためにかなり無理をしているのではないかという気がしてならない。

08b____

というわけで、記録を整理してみると、意外にいろいろ食べていた。これからも本格的な冬に向けていろいろな新製品が出るだろうから気の向く範囲で食べてみようと思う。ただ、宣伝が強気なところはどうも好みと合わなくなる傾向にあるので、そっちはパスする可能性が高そうだ。

|

« 焼きそばばっかり | トップページ | レポート求む »

食べ物ネタ」カテゴリの記事

コメント

三国志、西遊記、小翔記、廣翔記、謝朋酒楼、福満園、景徳鎮、客満堂…

投稿: 酔華 | 2008年11月17日 (月) 01時14分

微妙につながりがあるような無いような店舗群ですね。

でも今となっては廣翔記は別系統と思っても良い気がします。

投稿: 本須 | 2008年11月17日 (月) 07時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479662/25378207

この記事へのトラックバック一覧です: 近頃の肉まん:

« 焼きそばばっかり | トップページ | レポート求む »