« 上海餅 | トップページ | 中華街の正月 »

2008年12月31日 (水)

2008年を終えるにあたり

この1年間をふり返ってみると、2008年の中華街は激動のまっただ中という感じであった。

下のグラフは、横浜中華街における中国料理を出すレストランとして私が把握しているお店の廃業・開業状況についてまとめたものである。2007年頃から廃業・開業数が急激に伸び始めて、2008年はいったいどうなるのだろうと思っていたのだが、やはり今年も廃業・開業ともに高水準で、ここ数年で最高となった。特に廃業が昨年のほぼ倍というのが特筆ものである。また、レストラン総数が220前後なので、1割弱の店舗が1年で入れ替わったということになる。

Photo

今年の特徴としては、昔から続いていたお店が多く消えていったことが挙げられる。小さなお店が次世代に続かずにやめていったケース、大箱およびその系列のお店が企業トータルの経営の都合で縮小していったケースが見受けられ、規模にはあまり関係なく廃業が行われたようだ。

新規店舗については、食べ放題系列、小皿低価格料理のお店が増えた。また、既存店舗の新館別館クラスのお店が非常に増えた。直系でなくても、既存店舗と関わりのある人脈で開業したと思われるケースもいくつか見かけた。

このような状況下で、結果的に顧客の選択肢は狭まってきているように思う。似たような品ばかり出す店舗群が多数になってくると、多分中華街は飽きられてくるだろう。今後は客単価の下落だけでなく、客数の下落もあり得るのではなかろうか。テーマパーク化というよりは均質化の方が今後のやっかいな問題になるのではないかと思う。

あと気になる傾向としては、企画臭のする案件をあちこちで目にするようになってきたことだ。なんとかチャンピオンだとか、だれかさん推薦だとか、なんとかアナリストの企画だとか、顧客が手にする物に対して実質的にほとんど優位性が無い、もしくは優位性が検知できない代物を何か価値があるように仕立てて宣伝する姿勢が増えてきている。

私は実際そういう店の品を買ったり食べたりしているのだが、強気の宣伝をするところは他と比べて品質があまり高くないかむしろ低いケースの方が多いと感じている。もう少し品質の方に力を入れて欲しいなぁと正直思う。ま、この辺は消費者の方で『強気でキャッチーな宣伝をしてくるところは怪しい』、という感覚をきちんと持つようにならないとなかなか難しいのだろうけど。

総じて2008年の中華街は、店舗の企画やプロデュースだとかメニューや内装外装の手配などを手がける人が一番儲かるような、あまり好ましくない年だったと思う。私としては2009年は顧客に直接価値を提供できる人たちにもっとお金が回ったり、顧客の選択肢が増えてゆく方向に進んで欲しいと思うのだった。

ともあれ、こちらとしては例によってのんびりマイペースで2009年の中華街も観察してゆこうと思う。来年もおいしいものをいろいろ食べることができますように。

(以下参考)

【2008年廃業店】
・盛華楼
・桜蘭
・山水苑
・順海閣新館
・海源樓
・天山閣
・大珍樓別館
・龍龍
・中華樓
・紫禁城 Lui上海
・三蔵飯店
・鯉鰻菜館
・京華飯店
・紅花
・仙鶴楼
・六福楼
・菜香市場通り店
・辣

【2008年開業店】括弧内は系列と思われる店舗
・彩香
・福臨閣(長城飯店・双明楼系)
・金龍飯店大通り店(龍江飯店系)
・錦臨門(福満園系)
・許厨房
・廣翔記四川館(廣翔記系)
・羊次郎(老維新系?)
・龍門新館(龍門系)
・白鳳新館(白鳳系)
・状元郷(状元樓系)
・龍城飯店
・鵬天閣(珍味園系)
・蓮香園新館(蓮香園系)
・市場館龍仙(馬さんのお店龍仙系)
・客満堂(福満園系?)
・金香樓(天香樓系)
・謝朋酒樓(福満園系?)
・慶福楼市場通り店(慶福楼系)
・高華楼

|

« 上海餅 | トップページ | 中華街の正月 »

雑文」カテゴリの記事

コメント

管理人様、今年もよろしくお願い致します。
小腹が空いて読みに来てしまいのコメントです(笑。

仰るとおり、店舗や趣向に多様性を保ちながら、この街が末永く続いて欲しいところです。
客人である私たちが、それとなくお店や街にそんな期待を伝えられたらな、と思います。

投稿: ふ゛り | 2009年1月 1日 (木) 00時36分

確かに開廃業が多くなっていますね。
だれか、この軒数をグラフ化してくれないかなと思っていたら、やっぱり頼りになるのはこちらです。
ここ数年の傾向がよく分かりました。

また、最近は店頭でDVDを流している店が多くなりましたよね。
これらの店をリスト化してみたいです。
 
それから、街頭での客引きが非常に目立つようになってきました。
いつだったか、大通りの真ん中でキャッチして、街外れの店まで連れて行くのを見ました。

ともあれ、お互い、健康に気をつけて中華街を観察していきましょうね。
今年もよろしくお願いします。

投稿: 酔華 | 2009年1月 1日 (木) 06時42分

皆さん今年もよろしくお願いします。

★ぶりさん
やっぱり多様性は大事だなと思います。
似たような趣向のお店ばかりだと
遊びに行ってもおもしろくないですよね。

★酔華さん
2008年の改廃数はさすがに異常かと思います。
今年はもう少し落ち着いて欲しいですね。

長距離客引きは確か珍味園が先駆けだったと思います。
立地が悪いのでそうなっちゃうんでしょうけど。

投稿: 本須 | 2009年1月 1日 (木) 08時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479662/26644370

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年を終えるにあたり:

« 上海餅 | トップページ | 中華街の正月 »