« 美食節終了 | トップページ | バザーとおこわ »

2008年12月 2日 (火)

中華風カツカレーを作ろう

酔華さんの記事にある合成写真を見ていたら、無性に排骨カレーが食べたくなった。

というわけで、自作にチャレンジ。しかし、骨付き肉はさすがに扱うのは無理っぽいので普通にロース肉でそれらしき物を作ってみることにした。なので、排骨カレーではなくて中華風カツカレーとなる。

しかし、中華カレーを作るのも、中華風の揚げ物を作るのも初めて。レシピもよく分からなかったので適当に検索して出てきた結果を自分なりに合成して作ってみることにした。

【材料:中華カツ】
・トンカツ用ロース肉:1枚

(つけダレ)
・長ネギ:少々
・生姜:少々
・水:20cc

・醤油:小さじ1.5
・オイスターソース:小さじ2
・ごま油:小さじ0.5
・カレー粉:小さじ2
・にんにく:少々
・塩:少々
・胡椒:少々

(衣)
・薄力粉:適宜
・卵:1個

まずはとんかつ用豚ロース肉を調達。筋切りして叩いて柔らかくする。

02_

そしてつけだれを準備。長ネギ、生姜を水の中でもんで、味を出し、濾す。その水に、醤油、オイスターソース、ごま油、カレー粉、にんにく、塩、胡椒を入れて混ぜる。

それから、肉にフォークでたくさん穴をあけて、つけだれにつけ込む。

03_

1時間くらいでいったん肉を引き上げる。全卵を溶いたものに薄力粉を入れて衣を作る。つけだれも衣に混ぜ込んで、肉に絡ませて揚げる。

油の温度は中温くらいからはじめて、周囲が固まった頃合いで弱めに。じっくり揚げてから最後に高温にしてカリっと仕上げる。

06_

中華カレーの方は台所の余りもので適当に。下ごしらえはカツを揚げる前に済ませておく。

【材料:中華カレー】
・タマネギ:1/4個
・にんじん:少々
・ピーマン:小2個
・豚肉切り落とし:少々

・カレー粉:小さじ2.5
・スープ:200cc→300ccの方が良かった
・片栗粉:少々

野菜は適当にピーマン、タマネギ、にんじん。まあこの辺はお好みで適当にアレンジして良い。一番シンプルに作ろうと思ったらタマネギのみとなる。

04_

肉は豚切り落とし。こってりが好きな向きにはバラ肉でもいいかもしれない。

05_

まずは、中華カツを揚げ終わってまだ熱い油に野菜を投入。軽く油通しして上げておく。

そして、中華鍋を良く焼いてから油を投入、よくなじませる。

それから、肉を投入し炒め始める。肉に7割がた火が通った頃合いに油通しをした野菜を入れて炒め、カレー粉を投入、炒めあがったところでスープを投入、煮込む。塩胡椒で味を調える。最後に数分煮込んだら火を止めて、水溶き片栗粉でとろみをつけてカレー部分はできあがり。

皿に盛ったご飯にカレーをかけて、切ったカツを並べてできあがり。

07_

味の方は悪くなかったのだが、まだまだ改良の余地がありそうだ。

11__

カツの肉は叩き方が足りなかった。カツの衣も手を入れすぎた。カレー粉と醤油味を前面に出してシンプルな揚げ物にした方が良かった。衣に使った卵も多すぎたので次はもう少し控えめにしたいところだ。

カレーの方は具が多すぎでバランスが悪い。カツをつけることを前提にもう少し具を控えめに、スープを多めにすべきだった。辛さの方も少々物足りなかったので、次は豆板醤とか少々混ぜて辛味を増してみるのもいいかもしれない。

というわけで、初回にしてはこんなものかな、という出来であった。次にやる機会があったら、もうちょっと改良を加えて作ってみたいところである。

|

« 美食節終了 | トップページ | バザーとおこわ »

作ろう」カテゴリの記事

コメント

よくもまあ、挑戦したものですねぇ。
感心します。

カレーは同發並に玉ネギ+豚肉で良いのではないでしょうか。
排骨は玉子が多いかもね。
次回を期待しています。

投稿: 酔華 | 2008年12月 3日 (水) 21時19分

今回はちょっと課題が多かったです。
まだまだ修行が足りません。

次回は妙に手を入れずにもっとシンプルに作ろうかと思います。

今回は揚げ物と炒め物を別々にしましたが、
最終的にはこれも同時進行できるようにしたいですね。

投稿: 本須 | 2008年12月 3日 (水) 23時45分

先日保昌にて初めて中華カレーを体験しました。
シンプルな具は真似できそうですが、ポイントは如何に中華料理風味を出すか、でしょうか。

保昌のカレー、ルーの合い間から結構油が滲んでいました。
イタリアンなパスタのオリーブオイル風情。
その油も香りからしてボトル(業務用ですから一斗缶でしょうね)から出したばかりではなく、野菜を油通ししたりした循環油なのかもしれません。

そういう油や調味料の使い方から中華料理の香りがでるのでしょうね。
家庭では少し難しそうです。
今度某食材店にてコツを訊いてみます。

投稿: ふ゛り | 2008年12月 7日 (日) 08時09分

カレー飯は保昌、同發、海勝昌、優味彩、客満堂あたりで食べてますが、
中華風味があったかどうかと問われると、はっきり言い難い気もします。
味の付け方はお店によって各様じゃないでしょうか。

もし、コツが分かったらぜひコメントお願いします。

投稿: 本須 | 2008年12月 7日 (日) 18時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479662/25824590

この記事へのトラックバック一覧です: 中華風カツカレーを作ろう:

« 美食節終了 | トップページ | バザーとおこわ »