« 白身の菓子、黄身の菓子 | トップページ | 中華街の周辺の店 »

2009年1月 4日 (日)

許厨房が休業

年明けのある日、中華街を歩いていたら、許厨房で片付け物をしているところに出くわした。

店内の荷物を全部整理して、ショーウィンドウの中も全部片付けてしまっていた。

Dsc04431

しばらくして見ると、シャッターが閉じてしまって貼り紙が出ていた。

Dsc04538

どうも12/31で休業に入ったようだ。お正月も開いていたような気がしたが気のせいか?で、貼り紙によると移転後再開の予定とのこと。再開場所がどこになるかは不明だが、再開の時を楽しみに待っていることにしよう。食べたいと思っていて手が出ていなかった品がまだいくつもあるし。

Dsc04539

新店では分煙をもうちょっときちんとしてもらえるといいなぁ。元々この店は1Fが禁煙、2Fが喫煙と分煙していたはずだったのだが、結構1Fでタバコを吸っている人が多くて、それを見て店に入るのを中止したことが何度かある。

あと、鮮魚ランチはぜひ再開後も続けて欲しいと思う。下の写真は「イナダの黒酢生姜焼き」。こういうのは他の店ではなかなか食べられない。

 

__840

 

|

« 白身の菓子、黄身の菓子 | トップページ | 中華街の周辺の店 »

街ネタ」カテゴリの記事

コメント

あ~、やっぱり…
それにしても、開店から移転までが早かったですね。
どこで再開するのかなぁ。
当然、もっとスペースのあるところなんでしょうね。

ワクワク。

投稿: 酔華 | 2009年1月 4日 (日) 18時49分

★酔華さん

どこで再開するのか楽しみですね。

今のお店はちょっと狭かったですから、
もう少し広い物件だといいですね。

投稿: 本須 | 2009年1月 4日 (日) 20時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479662/26793211

この記事へのトラックバック一覧です: 許厨房が休業:

« 白身の菓子、黄身の菓子 | トップページ | 中華街の周辺の店 »