« 2008年を終えるにあたり | トップページ | 白身の菓子、黄身の菓子 »

2009年1月 1日 (木)

中華街の正月

お正月の中華街。景気がかなり悪くなっているはずなのだが、意外に混雑している。

関帝廟前が行列になるのは例年のことなのだが、今年は料理店に入る客の方も思った以上にいる気がする。日本で金融危機があった頃はもっと店内が閑散としていた記憶があるのだが、今年はそれほどでもなさそうだ。

料理店の開店率は6割程度というところか。休業しているお店もたいてい2日から営業なので明日になれば中華街はほぼフル稼働に戻りそうだ。

そんな中、今年は妙にランチメニューを多く見かけた。例年正月ともなると、メニューを絞ったり値段を上げたりする店が多くて、ランチなんて食べられなかったものだが。

まずはランチ激戦区の香港路から「白鳳」のメニュー。580円の平日ランチの内容が出ていたのに驚く。ちなみに「白鳳別館」の方ではランチメニューは出していなかったようだ。お店の判断はそれぞれ独立にやっているのだろう。

_

「白鳳」斜め向かいの「龍城飯店」もいつも通りのメニューを出している。最安値500円の陳麻婆豆腐が健在だ。

__2

「杜記別館」は休日ランチと同じ物を出していた。相変わらず内容が多彩だ。平日だと左側が580円になるのだが、私としては休日の値段でも十分な内容だと思う。

__3

お正月ならではのランチセットは「優味彩」で見かけた。『新年開運』だそうだ。個人的にはアワビやフカヒレは食べる気にならないので、注文するとしたら2~4番かな。

__4

あとはぶらぶらと中華街を歩いてみる。「辣」は予告通り閉店していた。ちなみに昨日の「辣」は客を入れずに中でおせち料理のようなものを準備していた。多分オーナーとか内輪の打ち上げ向けに準備していたのだろう。

__5

あとは羊次郎のところでちょっと気になる貼り紙を見つけた。「ヨコハマバナナボート」と出ている。ドリンクや軽食が500円均一だ。

__6

ふと上を見上げると、羊次郎の2Fに客席が整備されているように見える。いつのまにかここで営業を始めたのかもしれない。

_2f

と、2009年初日からいろいろと見るところのある中華街であった。今年もいろいろありそうだ。

【2009.1.2追記】

「ヨコハマバナナボート」の貼り紙は次の日見たらすっかり消えていた。

|

« 2008年を終えるにあたり | トップページ | 白身の菓子、黄身の菓子 »

街ネタ」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます。
今年も記事を楽しみにしてまぁすo(*^▽^*)o


私は今年も中華街ランチ率が高そうですヽ(´▽`)/
つぃつぃおかわりしてしまうので、体重管理も頑張りまぁ~す(*^.^*)

投稿: ぶるねこ | 2009年1月 3日 (土) 13時08分

★ぶるねこさん

あけましておめでとうございます。
今年も癒しの猫ブログ記事と
平日ランチ情報を楽しみにしてますよ。

中華ランチは味がしっかりしているものが多いので、
ついついご飯が進みますよね。
私も体重管理をしっかりしないと・・・。

投稿: 本須 | 2009年1月 3日 (土) 16時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479662/26709520

この記事へのトラックバック一覧です: 中華街の正月:

« 2008年を終えるにあたり | トップページ | 白身の菓子、黄身の菓子 »