« ネコの日 | トップページ | 陳麻婆豆腐 »

2009年2月24日 (火)

ナポ焼きそば

以前、久しぶりにマルちゃんの焼きそば麺で焼きそばを作ったものの、中華街で買ってくる麺で作った物と食感がかなり違うという記事を書いた。やっぱり中華街で買った麺に比べると歯ごたえが弱いのだ。

この歯ごたえの足りなさはまるでナイデンテ。・・・ナイデンテ?

焼きそばが弱いなら、ナポリタンにすればいいじゃない。

というわけで、マルちゃんの焼きそば麺でナポリタンを作ってみることに。

材料はこちら。
01_

まずは麺。マルちゃんの焼きそば麺を1分ほど湯に通してから水でしめて、よく水を切ってから塩を軽く振り、サラダ油をまぶしてよく混ぜておいたもの。いきなり袋から出した物で調理しようとすると、麺の分離が大変そうなのであらかじめほぐしておくのだ。

02_

あとは定番の具。タマネギとピーマンを適当に切ったもの。玉葱は1/4個、ピーマンは1個分だ。

03_

そしてハム。ソーセージという手もあったのだが、今回は安い方で。

04_

あとは、具材を炒めて、塩胡椒で味付けして、麺を入れて軽く炒め、さらにケチャップを投入して炒めてできあがり。実に簡単だ。

今回、ちょっと調理動画なんかを撮ってみたので、自己流のへたくそ調理シーンをどうぞ。

そしてできあがり。いかにもという感じに仕上がった。味の方はというと、焼きそばよりむしろいいかもしれない、という出来であった。麺はもうちょっと太い方が個人的には好みだけどね。

05_

はい、あーん。

ところで、ナポリタン焼きそばというのは結構ありがちなネタらしく、探してみたら、本家本元であるマルちゃんの東洋水産で以前出していたという記事を見つけた。2006年の頃の話らしい。ただ、今ではどうも売って無さそうだ。東洋水産のサイトを見に行ってもどうも見つからない。意外といけると思うのだが、あまり売れなかったのだろうか。

あとケチャップについて調べていたらこんなものを見つけた。横濱開港150周年として、東急ハンズで売っている品の中に「清水屋ケチャップ」なるものが含まれているのだ。読むと、横浜の清水興助氏のケチャップが国産ケチャップの発祥だという。カゴメの創業者より少し早かったようだ。ナポリタンの発祥はともかく、ケチャップの方は横浜発祥というのは確かっぽい。

今度はちゃんとパスタとこのケチャップを使ってナポリタンを作ろうかな、とか思ったりしたのだった。

|

« ネコの日 | トップページ | 陳麻婆豆腐 »

作ろう」カテゴリの記事

コメント

おぉ、意外とイケそうですね(笑。
あえてやきそば麺は、半生状態なのでパスタのように茹でる必要が無いという点でしょうか。

投稿: ふ゛り | 2009年2月25日 (水) 07時21分

★ぶりさん

よく考えると、ナポリタンについては、ソフト麺のようにして
売られている製品もすでにありますから、焼きそば麺を使うのは
たまたま余っている時で十分という気もしますね。

検索してみると、同じようなことをしている人の多いこと。
焼きそばのバリエーションとして意外とポピュラーなのかもしれません。

投稿: 本須 | 2009年2月25日 (水) 07時29分

まだ食べていませんが、「麺恋亭」に「ナポリタンなんとか」というメニューが出ていました。
近いうちに確認してきます。

投稿: 酔華 | 2009年2月26日 (木) 04時59分

★酔華さん

レポート楽しみにしてます。
多分似たような焼きそばものだとは思いますが、
湯麺物だったらどんなものになるのかちょっと予想がつきませんね。

投稿: 本須 | 2009年2月26日 (木) 07時36分

うわぁ(。・w・。 )美味しそうですぅヽ(´▽`)/

私もナポリタンを作ろうと思ったのですが、
赤パプリカしかなくて…(。>0<。)
やっぱり色彩としては緑が美しいですね!

投稿: ぶるねこ | 2009年2月26日 (木) 18時21分

★ぶるねこさん

そうですね。やっぱり緑があった方がそれらしいですよね。

でも最近、スーパーを巡っていると、ピーマンがちょっと高い気がします。

投稿: 本須 | 2009年2月26日 (木) 20時34分

「六福楼」跡の改修工事が始まりました。

夕方、「東林」の前を通ったら、サービスランチの黒板メニューが店頭に出ていました。
単なる仕舞い忘れなのか、それとも夕方まで提供しているのかは不明ですが。

「辣」跡にできる「新福記」は「鉄人監修の店」という謳い文句が出ています。
3月2日オープンです。

投稿: 酔華 | 2009年2月27日 (金) 06時28分

★酔華さん

相変わらず中華街はいろいろ動いてますね。
週1回程度ではなかなか変化を追い切れません。

元々の「新福記」は「新福記本店」となったようです。
で、「辣」の跡の方が「新福記」なんですね。
結構紛らわしい気がします。
見た感じ、北京ダックを売りにするようですが、
肉まで食べられるタイプなのかどうかが気になるところです。

投稿: 本須 | 2009年2月27日 (金) 21時28分

そういえば、「新福記」の工事作業風景を見ていたら、クレープ焼き器と書かれたダンボール箱が搬入されていました。

それから、向かい側の「カフェ・ド・クリエ」跡で工事が始まっています。
ちょっと前までは、八百屋の倉庫みたいに使われていたのですが…

投稿: 酔華 | 2009年2月27日 (金) 22時06分

★酔華さん

工事中の「新福記」は西門通りに面した方に売店みたいな部分を作ってましたから、
もしかすると北京ダックをクレープで巻いたような品を売るのかも知れませんね。
それはそれでおもしろそうですけど。

投稿: 本須 | 2009年2月27日 (金) 22時59分

見た感じは本当にナポですねー。
ソフト麺があれば良いけど、パスタをわざわざ「あの状態」に茹でるのはこれはこれで案外ホネだ、という気もするので、焼きそばが代打ってナイスかなあと思うんですが・・・そうか、結構みんなやっているんだ・・・。

投稿: アリーマ | 2009年2月28日 (土) 01時08分

★アリーマさん

普通のパスタを「あの状態」にするよりは、焼きそば麺を使った方が
確かにてっとり早いかもしれません。

ちなみに、お店で焼きそばをケチャップで炒めてもらうという
猛者もいらっしゃるようです。

http://weekly-napo.iza.ne.jp/blog/entry/650598/

この記事の作者はアリーマさんのリンク先の方のようですね。

投稿: 本須 | 2009年2月28日 (土) 09時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479662/28345154

この記事へのトラックバック一覧です: ナポ焼きそば:

» ~やっぱりアイLOVE横浜~ [でぶねこごはん・・・たまに簿記]
夕飯のお買いもの。 それは、楽しくもあり、平日には面倒になるトキもある・・・買い物。 以前のワタシは・・・ 仕事が終わった後スーパーで買って自炊。 しかし、このハラペコぐったり状態で行くのは非常に危険で、 ぃつも色々買いすぎては腐らせてしまう日々でした。 さすがに悪循環だなぁ・・・と思い、一年ほど前に通販に変えました。 今は、オイシックスというところで宅配してもらっています。 まさに、作った方の顔が見える「安心野菜」なのですが・・・なんせ高... [続きを読む]

受信: 2009年2月26日 (木) 18時11分

« ネコの日 | トップページ | 陳麻婆豆腐 »