« ナポ焼きそば | トップページ | 【超番外編】ナポリタン考 »

2009年3月 1日 (日)

陳麻婆豆腐

先日、みなとみらい付近に一日中用事がある日があった。食事はちょっと足を伸ばして中華街に行こうかなと最初思っていたのだが、そういえばみなとみらいには「陳麻婆豆腐」があることを思いだし、行ってみることにした。

「陳麻婆豆腐」はクイーンズスクエアのB1にある。ちょっと目立たない位置にあるお店だ。

01__

お昼はランチメニューを出している。価格は1000円と少々高い気がしたが、この辺で働いている人にとってはそれほどでもないのかもしれない。ランチは4種類あって、陳麻婆豆腐も当然のようにある。

02__

店内はちょっと暗めで落ち着いた感じ。入って正面に長いテーブルがあって、中央が仕切られていて、向かい側が直接見えなくなっている。少人数の客はここに座るように案内されるようだ。陳麻婆豆腐のランチは漬け物とスープ、陳麻婆豆腐に白飯という内容。ご飯はお代わり自由とのこと。注文の際は「かなり辛いけど大丈夫?」と一応聞いてくれる。

03__

そして出て来たのがこちら。食べてみると思ったほど辛くない。食べている後半から汗が噴き出すというほどでもない。辛めではあるがほどほどという感じだ。使っている油はかなり多い。豆腐は絹ではなくて木綿をつかっているようで、崩れにくくなっているようだ。豆板醤はそれほど多く使ってる感じがしなかった。塩気もほどほどでよくある塩辛い陳麻婆豆腐とも違っていた。花椒はお好みで客が自らミルを回してふりかけるタイプ。本格と聞いていたので構えていたのだが、それほどハードな代物ではなかった。華隆餐館の方がある意味インパクトがある。

04__

さて、思ったよりインパクトが無かったので、多分これはランチメニューだからだろうと、その日の夜も店に入ってしまった。夜は割り箸などがちゃんと出ていて昼とはちょっと違う感じ。

10___

箸置きは落花生だった。少々演出めいたこともやっているようだ。

12____

こちらは昼も出ていたのだが、テーブルの仕切りのところに各種スパイスの皿がおいてある。これも演出で、金銀のスプレーで着色されていたりする。

11___

さて、肝心の夜のメニューである。せっかくなので前菜も注文。「郭夫妻の成都名小吃」、530円。いわゆる夫妻肺片だと思うのだが、ラー油の香りが非常に良い。これはとてもおいしい。これとビールだけで幸せな一夜を過ごせるのではないかと思えるほど良かった。

13___530

そして、「成都市本店の麻婆豆腐」、1280円。お昼の陳麻婆豆腐との違いは・・・全然無かった。容器も、分量も、味付けも、多分全く同じ。ここまで完璧に同じだとは本当に予想外だった。これではランチで食べた方がお得だ。ちなみにライスは別料金で230円。昼とは違ってスープも付かないことを考えると、夜はかなり割高だと思った方がいい。というか、昼がとてもお得ということなのだろうけど。

14___1280

最後にデザート、「特級点心師の杏仁豆腐」、430円。辛い物の後だとこういうものは特においしく感じられる。流行りのフルフルタイプで、それなりにおいしかった。けどやっぱり、夜は割高だと思う。

15___430

結局、昼も夜も売りの麻婆豆腐は全く同じだったので、夜の割高感がかなりきつく感じられた。この分だとランチで十分という気がする。ただ、夫妻肺片はかなりおいしくて捨てがたいのでなんとも悩ましい結果となった。

|

« ナポ焼きそば | トップページ | 【超番外編】ナポリタン考 »

食べ物ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479662/28422462

この記事へのトラックバック一覧です: 陳麻婆豆腐:

« ナポ焼きそば | トップページ | 【超番外編】ナポリタン考 »