« 今週のチャイプラ | トップページ | 何屋さん? »

2009年3月 8日 (日)

セットメニューの虚と実

ここしばらく、中華街ではセットメニューを設定するお店が増えている。「お得なセット」と称して、メインの料理に小さな何かをいくつかくっつけ、単価を1000円前後につり上げるというものだ。今回はそういうものの中で、ちょっとこれはどうかな、と思ったものを挙げてみる。

なお、今回それぞれの店名は書かないが、見る人が見れば大体どの店のものか分かるだろう。

----------

まずはA店。「豚バラあんかけご飯、ワンタンスープ」のセットである。価格は980円とセットメニューが狙ってくる価格帯としてよくあるものだ。下はメニュー写真だが、分厚い豚バラ肉が数枚に青菜が添えられたご飯と、容器にたっぷり詰まったワンタンが見えている。まあこれくらいだったら980円でも悪くない。

01a___

で、出てきたのはこれ。「豚バラあんかけご飯」であることには違いが無いのだが、いくらなんでも写真と大違いじゃないだろうか。豚バラ肉はあらかじめ下処理してあったものをあんかけを作る時に単に合わせただけのようで、肉の内部はほとんど味がしない。下処理といっても単に思いっきり味が抜けるまで茹でただけだったのではないかと思えるような代物だった。

01b____980

そして、ワンタンスープ。上のメニュー写真と見比べてみて欲しい。この差は何なのだろう?底の方に2~3個沈んでいるかどうかというワンタンはメニュー写真とは比べものにならない内容だ。あとはザーサイと杏仁豆腐が出てきたと思うが、そちらはあまり印象にない。とにかくメインの2品についてメニュー写真との落差がショックだった。

01c__

----------

次、B店。「牛ばらかけご飯セット」、880円。下は店頭写真なのだが、牛バラのかたまりと具材がごろごろ乗ったおいしそうなご飯にワンタンスープがついてくるものだ。これだったら十分値段相応に思える。

02a__

で、出てきたのがこれ。具材がまるっきり違う。店頭写真は別の店の品かと思うほど違う。味の方はこれはこれで悪くなかったのだが、さすがにこれだけ違うと客が不審に思うだろう。

02b___880

そしてワンタンスープ。店頭写真と違って、青菜のかけらも見あたらない。ワンタンの数も多分店頭写真ほど無いと思う。実はここの店頭写真には「この写真はイメージです」などと書かれており、それで逃げを打っているのだと思うのだが、ほんとにそれで通用するのだろうかとかなり疑問に思った。ちなみに杏仁豆腐とザーサイはこちらも印象にない。

02c__

----------

お次、C店。「豆乳湯麺とニラハーフ炒飯」のセット。下の店頭写真では、具材たっぷりの湯麺に丁寧に盛りつけられた半炒飯が見える。価格は890円。ちょっと高めかなと思ったが、野菜不足の折、こういうのもたまにはいいかと思って食べてみることにした。

03a__

出てきたのはこれ。

03b___890

豆乳湯麺の方は一応具材は店頭写真と同じ種類だけ入っていたようだが、具材の切り方とかあからさまに手抜きの気配が濃厚。味が好みではなかったこともあってあまり印象は良くなかった。でもまあ、これはこれでぎりぎり許容範囲内ではある。

03c__

問題はこちらの半炒飯。明らかにこれは注文を受けてから作ってないだろうという感じの品だった。多分あらかじめある程度作っておいて、後から叉焼と葱をあしらったのだろう。はっきり言って店頭写真とはまるで違う品。

03d__

----------

最後にD店。「酢豚セット」、900円。下がメニュー写真である。メインの酢豚に炒飯、小龍包、スープ、小鉢、漬け物がついてこのお値段。実にお得そうだ。このお店、最近メニュー改訂をしてこれらセットメニューを出すようになり、それと同時にマスメディアでも紹介されたのだろうか、急に行列ができるようになった。前はそれほど良い店だと思わなかったのだが、改善したのかな、と思って食べてみることにした。

04a___

でてきたのがこちら。酢豚の肉は薄切り肉を使っているようだが、これはメニュー写真をよくみるとそうなっているのでまあ問題はなかろう。具材にさつまいもが入っていて、その甘みがまたちょっとおもしろい出来。これは結構いいかもしれないと思った。

04b___900

が、炒飯が出てきて評価が一変する。これなに?枝豆入り卵ご飯?メニュー写真とは似ても似つかぬものが出てきた。手抜きの臭いがプンプンする。

04c__

小龍包。こともあろうに醤油の入った皿にそのまま1つ載せて出してきた。皿に熱を奪われてしまったのだろう、すっかり冷えている。中はジューシーというよりぐっちゃりしている。これはおいしくない。

04d__

あとはコーンスープとタピオカミルクが出てきたが。これは特に印象無し。そして、小鉢と漬け物は結局出てくることはなかった。このお店とその親店舗は前から店舗の箱やメニュー写真には力を入れているが、出てくる物との乖離が激しいと思っていたのだが、今回はさすがにひどい。もうこの系列はそういう店なのだと思って、出てこない品を催促する気にもなれなかった。そんなわけで、中華街で食べた中ではここ数年のワーストと言っていいほど怒りを覚えた食事であった。

----------

というわけで、私はセットメニュー全般に対し非常に悪い印象を持っている。一見お得そうだったり、店頭写真が素敵だったとしても、実体はそれに見合っていない確率が高いというのが私の経験上言えることだ。

元々、中華街のお店では厨房の調理技術が未熟であることが原因で良くない品が出てくる、ということはまずないと思っている。問題なのはその店の経営姿勢だ。

特にセットメニューでは客単価を無理に上げるためにいろいろくっつけてお得感を演出し、実際はろくなものを出さずにそこでサヤを抜いて利益を捻出するということを経営方針としてやっている店が多いのだろうと思う。だから、セットメニューではハズレを引く確率が高いのだろう。

もうすでに景気がかなり悪くなって、外食に対する目はさらに厳しくなっていくご時世である。そこでこういう真似をして信用を落としたら、将来かなり深刻な事態を引き起こすんじゃないだろうか。ブランド価値なんて、築くのがとても大変でも、凋落するのは一瞬である。料亭の舟場吉兆の件などを見ていればよく分かることだ。中華街の店舗群内部での自浄作用を期待したい。

セットメニューに限らず、中華街を歩いているといろいろ気になるものが多い。ほとんど常時「半額だよ」になっている焼き栗とか、「大先生」がいつも来ている占い屋とか、毎日閉店セールの店とか、金メダルだ、チャンピオンだ、鉄人だ、名人だ、完全オススメだ、の店舗たちとか。ある程度うさんくさいところがあるというのも中華街のおもしろさの一部ではあるのだが、あんまりひどいともう先がなくなっちゃうんじゃないかな、と思うのだった。

----------

【おまけ1】

つい最近歩いていてみかけたメニューなのだが、エビチリ丼とかワンタン麺とか麻婆丼のセットが元々1600円なんてことがあるんだろうか、と不思議に思った。

Xx___hanako

----------

【おまけ2】

公正取引委員会へのリンクを参考までに載せておく。

優良誤認とは

有利誤認とは

違反行為を行った場合はどうなるのでしょうか?

上記で重要なのは、誤って表示してしまった場合であってもNG、違反の事実がなくても違反のおそれのある行為が見られた場合もNG、ということ。実は結構厳しいのである。

|

« 今週のチャイプラ | トップページ | 何屋さん? »

街ネタ」カテゴリの記事

食べ物ネタ」カテゴリの記事

コメント

街の人より街を知る強烈リピーターな探偵団系の方たちなら、この手のお店はめったに踏まない(今はこんな店も少ないですし)でしょうが、たまにガイドブック片手に用心深そうにショーウィンドやメニューを覗く観光客風情の人を見ると、どうか口と財布に合う良いお店に当たりますように、と願う次第です。

投稿: ふ゛り | 2009年3月 8日 (日) 21時25分

優良誤認表示に抵触しないかどうかは
パッケージデザインの時にかなり気を使う事項の一つですよね~
それにしても
確かにワンタン麺・半チャーハン・杏仁豆腐で1600円って
杏仁豆腐バケツ1杯かぃ (笑)

投稿: 小径のヌシ(^-^) | 2009年3月 8日 (日) 22時15分

★ぶりさん

歩いている人の会話を聞いていると、
最初はいろいろ見て選ぼうとしているようなのですが、
最終的に「もうどこでもいいから早く入ろう」となることが多いみたいです。
そんな時に変なところに引っかかったりしないように祈るばかりですね。

★ヌシさん

公正な表示という面では中華街はかなりぬるいところだと思います。
でもそれをいいことにあまりいい加減にやり過ぎると、
そのうちひどいことになるんじゃないかなぁと思っています。
ブランドなんて崩れる時は一瞬ですからね。

投稿: 本須 | 2009年3月 8日 (日) 23時20分

かつては「暗黒街」といわれたこの街を、心ある華僑たちが時間をかけてブランド街として育ててきたのに、
最近はその成果が台無しになりかねない流れを感じています。

中華街発展会という商店街に加盟している店は、思ったほど多くはないようで、
そんなところから、街としての指導も行き届かないのでしょうかね。
元町SS会とは大きな違いがあるような気がします。

最近見たなかで一番いやなものは客引きです。
大通りの四つ角でキャッチ係が声をかけ、中華街ビギナーっぽい客を遠くにある店まで連れて行きます。
時々あとをつけてみるのですが、
たいていは途中で「おい、大丈夫なのかなぁ」などと、
仲間内で囁きあっています。

でも、行った先の料理が美味しければ万々歳なのでしょうけど。
私は食べたことがないので分かりませんが…

投稿: 酔華 | 2009年3月 9日 (月) 06時21分

★酔華さん

この1年くらいで客引きがほんとうに増えましたね。
路の真ん中にまで出てきてビラを配っている人が大量にいます。
歩いていてかなり邪魔です。

ところで、今回挙げた4店舗のうち3店舗は、
その店か親店舗が発展会のお店だったりします。
ですので、発展会関連店舗だからといって質が良いという
わけでもなさそうというところが頭の痛いところです。

発展会のお店なら質が高い、となれば、
それはまたブランドになるのですけどね。

投稿: 本須 | 2009年3月 9日 (月) 21時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479662/28522298

この記事へのトラックバック一覧です: セットメニューの虚と実:

« 今週のチャイプラ | トップページ | 何屋さん? »