« 媽祖祭 | トップページ | 名店は静かに去りゆく »

2009年3月22日 (日)

太平燕

本日は荒天でほとんど外に出る気がしなかった。本当は大珍樓あたりに行って最近出た炊き込みご飯でも食べたかったのだが、断念する。というわけで、今夜は自炊。

それで今夜は何にしようかと思ったのだが、台所の有象無象を片付けるついでに太平燕のようなものを作ることにした。太平燕は「たいぴーえん」と読むらしい。福建が元となる料理のようだが、熊本で日本風に作り替えられたものが存在し、日本で太平燕というとこの熊本が発祥のものが一般的らしい。なんかナポリタンみたいな出自である。

今回、具材は自前で揃えるとして、春雨とスープはできあいのもので済ませてしまうことに。以前熊本に行った時に買っておいたこれ。熊本の太平燕発祥のお店である「会楽園」が監修したという品だ。春雨とスープの素とかやくが入っている。今回具材は自前で揃えるのでかやくは使わないつもり。

03_

具材は冷蔵庫に余ったものやスーパーで安く買ったものをいろいろ入れてみることにする。タマネギ、ニンジン、ネギ、しいたけ、タケノコ、白菜、豚肉、海老と具沢山にする。豚肉は細切りにしてからすり下ろし生姜、紹興酒、塩、胡椒、水でよくもみこんだ後、片栗粉とごま油を加えて下ごしらえしておく。春雨は付属の品を半日前に茹でてから水に入れて冷蔵庫に入れておく。

01___

海老は殻を剥いてから背わたを取り、塩と片栗粉で良く揉んでから水洗い。水をしっかり切ってから、塩、胡椒、紹興酒、片栗粉で揉んでサラダ油を良く混ぜ込んで下ごしらえ。具材の調理直前に、塩と紹興酒を入れたお湯で湯がいてある程度火を通しておく。

あと、お湯にスープのエキスを溶かして準備しておく。

02____

そして具材を炒め始める。中華鍋で海老以外の具材を次々に投入して炒め、塩胡椒で味付ける。最後に湯がいた海老を加えたらすぐにスープ投入。炒めた具材を軽く煮込む。そして春雨を投入し、さらに軽く煮込んでできあがり。器に盛ってから付属の黒胡椒を振りかけて完成である。本当は揚げたゆで卵も加えようと思っていたのだが、途中面倒になってさぼってしまった。

04___2

プリプリの春雨に大量の具材、スープはこってり。見た目結構分量があったのだが、春雨が軽いこともあってあっさりと食べきってしまった。まあまあおいしかった。黒胡椒は付属のものでなくて、自分で挽き立てのものを使った方がよかったかもしれない。

05____2

ところで、日本の太平燕発祥のお店とされる熊本の「会楽園」だが、実はすでに食べに行っているのだ。熊本城からそれほど遠くない場所にこのお店はある。

10__

で、こちらが、ホンモノの太平燕。820円。

11___820

玉葱のシャキシャキ感がしっかりしている具材が印象的。味の方は飛び上がるほどおいしいというほどではないが、ごくまっとうにおいしい。

12___

お店のメニューもそれほど品数があるわけではないようだ。比較的シンプルな品が多い印象だった。太平燕の他に「鶏手羽の黒胡椒炒め」も食べた。こちらは1050円。シンプルながら丁寧に作っている感があってこちらもおいしかった。

13___1050

おまけ。いつだったか日高屋でも太平燕を出していたことがあった。こちらは590円。なんかちょっと違うような気がする品だったが、一応値段相応という感じだった。

20___590

そういや、福建料理店で出す大元の太平燕はまだ食べたことが無いのだった。確か、福満園あたりで出していたかと思うので、機会を見つけて食べてみたい。

【追記】

アリーマさんからコメントいただいて思い出した。福建料理の太平燕は味香園で食べていたのだった。下の写真は2006年頃に味香園で食べたもの。価格は1000円だった。

__1000

この品、春雨よりは独特の皮で作られるワンタンの方がメインの品である。「福建風ワンタンスープ」としか認識してなかったのですっかり忘れていた。

|

« 媽祖祭 | トップページ | 名店は静かに去りゆく »

作ろう」カテゴリの記事

食べ物ネタ」カテゴリの記事

コメント

福建の太平燕、福満園本店で食べたことがあります。
どうもいまひとつ印象が薄いんですが、福建風海鮮ワンタンスープ春雨入り、みたいな感じでしょうか。
美味しかったですよ。

以下に写真を載せています。
ご参考までに。

http://r.tabelog.com/kanagawa/A1401/A140105/14000504/dtlrvwlst/362712/377529/

投稿: アリーマ | 2009年3月22日 (日) 23時25分

★アリーマさん

写真ありがとうございます。
ああ、思い出しました。これでしたか。

福満園ではないですが、味香園で食べました。
福建風ワンタンスープとしか記憶してませんでした。
どちらかというと春雨がメインじゃない品ですね。

ちなみに味香園の場合ニンニクが効いてます。
最近は変わったかもしれませんが、これを食べた当時は福満園に比べると
味香園はいろんな品でニンニクを多用する傾向がありました。

投稿: 本須 | 2009年3月22日 (日) 23時43分

はじめましてm(__)m
スゴク立派なのが出来ましたね!これはおいしかったでしょう!
子供の頃、太平燕(たいぴーえん)は給食でも定番でしたが、スゴクまずかった(^^ゞ
言うなら、野菜の切れっ端が浮いた中華風春雨スープ。
別添えのゆで卵(本物は揚げ卵のはず)を入れて崩して食べろといわれても、
ゆで卵だけ別に食べて、どのクラスもスープはごっそり残っていました。
(給食って食べる頃には冷めてるから、スープやおすましの類は皆まずかった・・・)
いい思い出がないです(泣)たぶん、味が薄く、子供向きじゃないのだと思います。
何年か前、市民にはなじみの「中華料理」太平燕が実は地元発だったというので、
(横浜の生碼麺みたい?)町おこしの道具になったのだそうで、
市内各所の有名中華料理店でもオリジナル太平燕を出すようになったそうです。
みんな知ってる太平燕ですが、旧友らと「太平燕が懐かしい」とかいう話にはならないです(笑)
私はチャンポンの方が好きだなぁ。
味香園で眺める福建料理メニュー(頼んだことないけど)、
似たような料理はほかにも熊本にあるようです。

投稿: 通りすがり | 2009年3月24日 (火) 08時37分

★通りすがりさん

はじめまして。

太平燕は地元では給食の定番だったんですか。
確かにこの手のスープは冷めると厳しそうです。
味が薄かったらなおさらですね。

こちらの自作の方はそれなりに手を入れて作ったので、
そこそこおいしかったですよ。

チャンポンの方も興味があったのですが、
熊本から長崎中華街まで行くのはちょっと時間的に
辛かったので断念しました。
いつかは行ってみたいんですけどね。

熊本には福建料理に似たものがまだあるとのこと、興味深いです。
残念なことに、会楽園ではそれらしき料理は
太平燕の他には見かけなかったです。
他のお店だったら何かあったのかも知れません。

投稿: 本須 | 2009年3月24日 (火) 23時32分

レスをありがとうございます♪

マテ貝のお料理やサツマイモ団子のスープなど、
中華風じゃなく、田舎料理的なものにあったような気がします。
当時はあまり外食をしたことがなかったので・・・。
食材が福建と近いのでしょうか?
九州のカッパ伝説は、渡来した福建人だという説もあります。

熊本では、普通の食堂、ラーメン屋でもチャンポンは定番メニュウなので、
こちらにきて、ラーメン店にチャンポンがないのには驚きでしたよ。

投稿: 通りすがり | 2009年3月25日 (水) 11時19分

★通りすがりさん

熊本の田舎料理にもマテ貝の料理や
サツマイモ団子のスープなんてあるんですか。

熊本は福建出身者といろいろと交流があったのかもしれませんね。

ちゃんぽんは普通の食堂では確かにまず見かけませんね。
私はリンガーハットくらいしか思い浮かびません。

投稿: 本須 | 2009年3月25日 (水) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479662/28750585

この記事へのトラックバック一覧です: 太平燕:

« 媽祖祭 | トップページ | 名店は静かに去りゆく »