« 【歴史探訪】杜記別館 | トップページ | 太平燕 »

2009年3月21日 (土)

媽祖祭

昨日の午前中の天気はとても悪かった。強風が吹きすさび、時折雨も混じって窓に叩きつけてきていた。せっかくの休日だが、これではちょっと出かけられないかな、などと思っていたのだが、お昼前くらいにはほどよく晴れて中華街散策日和に。

年度末に入っていろいろと忙しく、近頃あまり中華街に行っていなかったのだが、陽気に誘われて中華街へでかけてみた。行ってみたら、午前中ひどい天気だったにもかかわらずすごい人出。で、お昼ご飯を食べ終わってからようやく気づいたのだが、3/20は媽祖祭なのだった。山下町公園では、龍の振り付けの練習をしていたし、媽祖廟には御神輿の準備がされていた。

00_

そして、街を歩いているとあちこちのお店の前にお供え物が出ているのを見かけた。これは「萬珍樓」前にあったもの。

01__

14時からは媽祖廟から行列が出発。午前中の天気が嘘のように良い天気となった中、行列が中華街を練り歩いてゆく。まずは媽祖廟を出て南門シルクロードを関帝廟通り方面へ。そこから関帝廟通りを進んで関帝廟前を通過、福建路へ。さらに福建路から西門通りに出て善隣門方向へ曲がる。あとは中華街大通りをずっと朝陽門方向に進んで南門シルクロードまで出たら媽祖廟に戻ってゆくという行程。その間ざっと2時間。

今回の行列はこんな内容であった。

まずは先頭。今回で横浜中華街の媽祖祭は3回目だそうだ。続いて媽祖廟の大きな旗といつも媽祖廟内に置いてある看板のようなものが通過。

02_

そして獅子。

05_1

沿道で見ている人々をパクパクかじりながら進んでゆく。二人一組で獅子をやっているのだが、後ろの人はすごく大変だと思う。あとで腰にきそうだ。

06_2

続いて龍。ぐりんぐりんとのたうち回りながら進んでゆく。

07_

次は今回初だろうか。台湾からの出演。「台湾台南東方芸術団」の方々。

09_

広報写真向けのポーズ。

10b_

鳴り物を打ち鳴らしながらかなり激しく踊っていた。

10c_

かなりアクロバティックな動きをする人もいて、沿道の人々の拍手を浴びていた。

10d_

続いておみこし。行列の前の方が詰まっているとこんな感じに一休み。

12_

そして関帝廟からゲストが2体。こちらは関平。関羽の息子とのことである。

13__

こちらがお付きの者。周倉というそうだ。

14___

続いて坊主頭が2体。歩いている間に順番が入れ替わることがあるようで、本当はこれは関平の前なのではないかと思う。ヒョコタンヒョコタンと歩いて沿道の人々(特に子供)に飴らしきものを配っていた。(追記:調べてみたら「招財童子」と「童朗」という子供の神様だったようだ)

15_

そして、媽祖廟の守りが2体。緑色のこちらは千里眼。

16_

赤いこちらが順風耳。

17_

あと1つ御神輿があったのだが、撮り損なった。

というような感じで行列の間はずっと天気も良く、快適に見学することができた。相変わらず混雑はすごかったが。

今思えば、福建路の不動産屋さん前が一番快適な見学ポイントだった気がする。あそこは人が少なめかつスペースが広いのであそこに立っているべきだった。本日は行ってみてから行列があることに気がついたくらいなので全然予習が足りなかった。次はもうちょっと立ち位置を考えよう。

行列が終わって夕方から夜に入るとまたもや風が強くなって天気が悪くなってきた。行列の間、しっかり天気をキープしていたのは、媽祖様の神通力のおかげかもしれない。

あとちょっと気になったのだが、媽祖祭のスタッフの人の中に、路上に立ちながらタバコ吸う人が結構いたようだ。発展会あたりのお偉いさんと思われるちょっと格好の違った人も、もうもうと煙を吐いて灰を路上に落としていた。正直ああいうのはかなり見苦しい。

----------

【おまけ】

わずかながら動画も載せてみる。多少なりとも雰囲気を味わっていただきたい。

|

« 【歴史探訪】杜記別館 | トップページ | 太平燕 »

街ネタ」カテゴリの記事

コメント

金曜午前は嵐だったのに、丁度このイベント時に神通力のように晴れましたね。

私は時間少し前に行ったので、媽祖廟の境内に入れたのですが、中ではお祭りではなく真面目に儀式を執り行っていて、カメラ構えて無礼に近づく人の中には役員さんに怒られている人もいました。

儀式後獅子やその他が巡回に出た直後は、あまりの人出に外に出られませんでした。

自分だって見たいのに、人混みや撮影だけに夢中になるカメラマンが嫌だったり矛盾していますが、まぁお祭り的なイベントは世の中似たようなものなのでしょうね。

モナコの別荘のバルコニーでF1を観戦するに相当するのは、この街では何処でしょうね。

投稿: ふ゛り | 2009年3月21日 (土) 19時00分

★ぶりさん

まあ、見たいのは皆一緒ですから、なるべく周りに配慮して
見るようにするしかありませんね。

バルコニーからの見学となると、大珍樓本店の2Fあたりが比較的良さそうです。
ただ、上からだと細かい部分が見えないので、今回のような行列の場合、
おもしろみにかけるかもしれません。

投稿: 本須 | 2009年3月22日 (日) 00時14分

こんにちは。
土曜にたまたま行って、遭遇しました。
「媽祖祭」というのも不勉強で知らず、爆竹の音がすごいなあ、、、と完全初心者の観光日本人て感じで見ていました。
(腹がパンパンで苦しかっただけですが)

街をあげてお祭というイベントはパワーがあるなあと思いました。

投稿: sociton | 2009年3月22日 (日) 09時01分

★socitonさん

はじめまして、こんにちは。ブログは時々拝見しております。

中華街は上の世代から下の世代にいろいろなものが受け継がれてきていて、
お祭りなどがきちんと運営されている様は大したものだと思います。

投稿: 本須 | 2009年3月22日 (日) 15時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479662/28724315

この記事へのトラックバック一覧です: 媽祖祭:

« 【歴史探訪】杜記別館 | トップページ | 太平燕 »