« 暗黒週間とランチメニュー | トップページ | 連休の中華街で大切なこと »

2009年5月 3日 (日)

GW中華街の様子

GWに突入した中華街でいくつか気がついたこと。

----------

失火でしばらく休業していた「楽園」が復活していた。焼けたのは厨房だけだったようなので、外から見た感じでは特にこれまでと違いが無いようだ。またそのうち食べに行こう。

X1__

「鵬天閣」の店頭に売店が出ていた。GWになると店頭売りを始めるお店がいくつか出てくるので売店自体はあまり珍しくないのだが、売店に使っている台が気になった。これは「千禧楼」が最近使わずに店頭に放置していた外売り用の台だ。「SENKIROU」としっかり名前が入っている。他店のものであっても遊んでいる資材をめざとく見つけて借りてきて、自店の売り上げアップにつなげるというのはなかなか商魂たくましいと思った。(追記:5/3昼の時点でこの売り場は無くなっていた。短期限定だったのかもしれない)

X2___

西門通りにミニたい焼き屋が出店していた。通りすがりに軽く見たかんじでは、金魚くらいの大きさの小さなたい焼きがごろごろしていたようだ。

X3_2

|

« 暗黒週間とランチメニュー | トップページ | 連休の中華街で大切なこと »

街ネタ」カテゴリの記事

コメント

「楽園」再開、良かったですね。
連休明けに食べに行こっと。

投稿: 酔華 | 2009年5月 4日 (月) 09時47分

★酔華さん

無事に再開できてよかったです。
私も落ち着いた頃合いにでも食べに行こうと思います。

投稿: 本須 | 2009年5月 4日 (月) 14時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479662/29409293

この記事へのトラックバック一覧です: GW中華街の様子:

« 暗黒週間とランチメニュー | トップページ | 連休の中華街で大切なこと »