« 天国と地獄 | トップページ | 冷やし麺@春 »

2009年5月10日 (日)

苺と中国料理

先だっての記事で、苺を使った非常に興味深い中国料理のことを取り上げた。

----------
そう、廣東の「トリとイチゴのすっぱ辛」である。誰かにチャレンジして欲しいなぁとつぶやいたのだが、さすがにお値段がお値段なのでチャレンジしたという噂はついぞ聞こえてこなかったのだった。

01__

そして先日歩いていたら、廣東のお勧めメニューが変わっているのに気がついた。見てみると、例のメニューは消えてしまったようだ。残念。

02__

で、ふと魔が差して自分で作ってみることにした。全然知らない料理なので完全に空想で作ることになる。とりあえず、フルーツが入っている品というと、酢豚にパイナップルとか、パイナップル炒飯とかあの辺か。そういえば、鶏肉とパイナップルと新生姜の煮込みだか炒めものだかいうのがあったはず。昔の写真を漁ってみると出てきた。

天龍菜館の鶏とパイナップルと新生姜の煮込み。

03__

とりあえず、これのパイナップルをイチゴにして、あとは味付けに酸味と辛味を入れればなんとなくそれっぽくなるか。というわけで、チャレンジ。

材料は鶏ムネ肉、イチゴ、ピーマン、タマネギ。あと自作のラー油。これは唐辛子の粉と花椒を使って自分で作ったものだ。ほんとは陳皮とかいろいろ入れるのだろうが、今回は面倒だったのでシンプルに。

04__v2_

鶏ムネ肉は適当に切って、塩、胡椒、すり下ろし生姜、紹興酒を揉み込んでからごま油を入れて再度揉み込む。そして片栗粉を軽くまぶしてさらに揉み込んで下ごしらえ。ピーマン、玉葱は適当な大きさに切る。イチゴは小粒だったので半分に切る程度。

鍋をガンガンに熱して油をならす。鶏肉を入れて火を通し、7割方火が通ったところで、タマネギ、ピーマンを入れる。塩、胡椒、醤油、砂糖、カイエンペッパー、酢、で味付け、ラー油を半分投入、そしてかなり遅れ気味にイチゴを投入。軽く火を通す。

ガラスープをわずかに足して黒胡椒を多めに投入、水溶き片栗粉でとろみをつけてから、ラー油の残りを入れて、強火であおって完成。いろどりを考えると、黄色いパプリカも使った方が良かったかも。

05__v2_

下ごしらえをきちんとしたので鶏肉は柔らかい。モモ肉でなくても十分おいしくできている。火の通り方も特に問題なし。イチゴは火を通し過ぎるとドロドロになりそうだったのでかなり遅めに投入したが、それで正解だったようだ。

味付けは、「すっぱ辛」というには酸味が足りなかった。これは酢を増やすのに腰が引けたのが原因。もう少し増やしても良かった。辛味は大量のラー油を使ったので申し分なし。食べている途中で汗が出るほど。

06__v2_1

結局、ほぼ作ろうと思っていた程度のものができたのだが、正直イチゴが入ってよりおいしくなる品かと言われると自信がなかったりする。こういう品で良かったんだろうか。

というわけで、依然として廣東で出ていたはずの例の品は謎のままなのであった。いったいどんな料理だったんだろうなぁ。

|

« 天国と地獄 | トップページ | 冷やし麺@春 »

作ろう」カテゴリの記事

食べ物ネタ」カテゴリの記事

コメント

いや~~~~、すごいですぅ!
よくぞ作ってくれました。
出前はまだ届きませんけどね…

見た目も美味しそう…
パイナップルほどは 唾液が出てきませんけど、
それなりに酸味がありそうですね。

「廣東」の方がこれを見て、作り方を指導してくれたらいいのになぁ。

投稿: 酔華 | 2009年5月10日 (日) 21時06分

おぉ、美味しそうです。
想像にしては120点ではありませんか。

明日は外出の予定なのですが、日中に山下町を通過できそうにないので、ちょっと試せそうにありません。

無念。

投稿: ふ゛り | 2009年5月10日 (日) 21時40分

★酔華さん

妄想をたくましくして作ってみました。
苺自体の酸味は実はほとんどしてないのです。
もっと熟していないものを使うべきだったのかも。


★ぶりさん

苺の赤が映えるので見た目は悪くないのですが、
味の上で苺の存在感が薄いのがいまひとつでした。

正解の作り方が知りたいところですね。

投稿: 本須 | 2009年5月10日 (日) 23時08分

彩鮮やかですねヽ(´▽`)/

私は酢豚のパイナップルですら許せない、
ココロの狭い人間なので、”苺…!?”と
思っていましたが美味しそうですね(゚▽゚*)

最近はなかなか”ふとした魔”が舞い降りず、ぃつも同じ料理ばかり作ってしまぃます。
たまにはサプライズ料理(自演自作ですが><)もいぃですね~(o^-^o)

投稿: ぶるねこ | 2009年5月12日 (火) 13時00分

★ぶるねこさん

私もたまに同じ物ばっかり作り続けることがありますよ。
ある意味魔が差してるようなもんですが、
中華鍋を買った時は1週間ずっと炒飯ばっかり作ってた気がします。


料理の冒険はたまにはいいですよ。
何が出来ても自己責任で食べきらないといけませんけど。
失敗しても泣かないのがお約束ですね。

投稿: 本須 | 2009年5月12日 (火) 20時12分

はじめまして。
廣東のホールのお姉さんに聞きましたら、鶏肉の酢豚のようなものでした。とのことでした。ほぼ 正解のようです。

投稿: maruto082 | 2009年6月26日 (金) 16時51分

★maruto082さん

はじめまして。
いきつけのブログで時々拝見しております。

なるほど、酢豚系の料理だったのですね。
私も揚げればより近い物ができたかも。
情報ありがとうございました。

投稿: 本須 | 2009年6月27日 (土) 14時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479662/29551205

この記事へのトラックバック一覧です: 苺と中国料理:

« 天国と地獄 | トップページ | 冷やし麺@春 »