« 人のふんどしで何とやら | トップページ | 廣東のサービス品 »

2009年7月17日 (金)

そしてこうなった

仕事が早めに終わったので、中華街に足を向け、ぶらぶらと歩いてみたのだが・・・

鴻昌支店の跡が早々と新店舗になって営業を開始していたのだった。つい先日旧店舗内を壊し始めたばかりだと思っていたのに随分と素早い。

で、営業していたのは「三国志新館」。なるほど、こうきたか。

Dsc00848

しかも食べ放題ときた。チャンピオンは4人に増えて、例によって西遊記のチャンピオンと何人かかぶっている。

Dsc00849

チャンピオンがせっせと食べ放題の料理を厨房で作り続けている姿なんてどうも想像できないのだが。チャンピオンの価値も随分お安くなってしまったな、という気がしたのであった。

とりあえず、どなたか食べに行ったらレポートをよろしく。

|

« 人のふんどしで何とやら | トップページ | 廣東のサービス品 »

街ネタ」カテゴリの記事

コメント

それにしてもチャンピオン系やらその手合。
それだけニーズがあるということですよね。
食べ放題という事より、支払いに一応のリミットがある事が入りやすさなのでしょうね。

投稿: ふ゛り | 2009年7月17日 (金) 21時28分

そういえば、順海閣新館(中山路側)で工事の準備が始まりましたよ。

(以下、本人要請により削除:本須)

投稿: 酔華 | 2009年7月18日 (土) 11時48分

★ぶりさん

ニーズがあるというよりは一見さんをひっかけやすい
ということだと思います。

何も下調べせずに200軒以上あるお店から選択するとなると、
どうしていいか分からなくなって、キャッチーな看板や客引きに
ひっかけられる人は結構いると思います。
そういう人に対して食べ放題というのは非常に分かりやすい
キーワードになりますね。

ただ、名義ビジネスや食べ放題は資本さえなんとかすれば
参入可能なので、すぐ類似店が増える欠点があります。
そうなるとあっという間に過当競争になるので、今後これらのお店が
どうやって生き残りを図るのかが課題でしょう。
その辺はじっくり観察したいと思っています。

★酔華さん

順海閣新館(中山路側)はいったいどういうお店ができるのでしょうね。

近頃は店頭ディスプレイに大きさの違うフカヒレ皿をずらっと
並べるのが流行りのようで、金鳳酒家や三国志新館がやってますが、
ここにできるお店までそんな感じになっていないといいですね。

そうそう、瑞雲跡も人が入って物色している気配がありました。
もしかしたら新店が出てくるかもしれません。

投稿: 本須 | 2009年7月18日 (土) 14時12分

大珍楼別館に養生シートがかけれました。
工事業者が出入りしています。

栄楽園のビルにも養生シートが。
内装の解体だけかもしれませんね。

紫禁城跡には「すき家」が出来上がりました。
2階は喫茶店です。

いろいろ変化が現れてきましたよね。

投稿: 酔華 | 2009年7月19日 (日) 07時09分

★酔華さん

直近だとお盆シーズン、その後は毎月のように連休が入りますから、
その辺に間に合うように次々に動きが出てきそうですね。

ともかく、お客さんの選択肢が増える方向に進んで欲しいです。
似たような店ばかりだとつまらないですから。

投稿: 本須 | 2009年7月19日 (日) 07時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479662/30585712

この記事へのトラックバック一覧です: そしてこうなった:

« 人のふんどしで何とやら | トップページ | 廣東のサービス品 »