« 良縁祭 | トップページ | 人のふんどしで何とやら »

2009年7月12日 (日)

所変われば品変わる

ちょっと東北に行く機会があったので、かなり寄り道して喜多方に寄ってみた。

----------
以前の記事のおまけ部分で、喜多方ラーメンのお店「源来軒」で「上海拌メン」というメニューを見つけたことを書いた。その時は残念ながら食べることができなかったので、帰宅してからいろいろ検索などで調べてみたのだが、全然情報が見つからず困っていた。一応その方面では有名店っぽいので実食レポートがどこかにあってもいいはずなのだが、ほんとにこの品については全然見つからない。

結局、やっぱり自分で食べてみるしかないか、と思っていたのだが、今回丁度東北に行く機会ができたので、それに乗じて喜多方まで足を伸ばしてみることにしたのだった。

ここで復習であるが、中華街とか都内で食べる「拌麺」として私が認識しているのは以下のようなタイプである。

まず、「萬来亭」の拌麺。麺の上に叉焼と葱が乗った、ごまダレタイプの和え麺である。私はこれが大好きだ。

00a__1

そして新橋の「鴻運」で出している葱油拌麺。こちらは醤油ベースのタレに揚げた葱の香ばしさが絡んで、きわめてシンプルながらおそろしくうまい品である。あまりこちら方面にでかけることはないのだが、機会があればこれを食べに行くようにしている。

00b__840

上記2品に共通しているのは、基本的に汁無しの和え麺であることである。具材とか味付けとかは様々だ。

ということをふまえて喜多方へ。関東から行くとかなり鉄道の連絡が悪くて、やっとの思いで喜多方に到着。駅からしばらく歩いて「源来軒」へ。

01__

早速メニューを確認。さすがに例のメニューを見かけたのは数年前のことだったからもう無くなっているのではないかと心配だったが、しっかりメニューに「上海拌メン」が出ていた。よしよし。

02__1

そしてお目当ての「上海拌メン」を注文。なぜか「辛さは普通でいい?」と聞かれる。和えるタレに辛味があるのだろうか?よくわからないので、そのまま普通で注文した。

そして出てきたのがこれである。あれれっ?

03___750

丼一面が真っ赤っか。上に葱が乗っている。麺は喜多方ラーメンの太麺の縮れ麺のまま。具は挽肉ともやしを炒めた物のようだ。要するにラーメンスープの上から真っ赤なラー油をたっぷり張り、そこに麺と挽肉ともやしを炒めた具を入れて葱を乗せたものがこの品らしい。これまでの経験からの和え麺であろうという予想は完璧に外れた。

04___

スープの方は上の方こそ真っ赤だが、中の方は普通にラーメンスープ。確かにラー油のせいで辛いし熱いので食べていて汗が出てくるが、四川料理を食べ慣れている身からするとたいしたことはない。挽肉やもやしという具材もタンメンなどで普通に使われるものなので、ラーメンに合わないということもない。名前とのギャップが衝撃的であったが、品としては普通に食べられる麺類であった。

しかしまぁ、似たような名前なのに所変われば品は全然違うのだなぁ。今回はなかなかに興味深い体験をすることができた。

----------
【おまけ】

食事の後、腹ごなしに適当にぶらぶらと歩いていたのだが、こんな看板を見かけた。

06_

とても首都圏じゃ考えられない値付けだ。こういうとこだけ地方がうらやましい。近所に中華街が無いから買いたいとは思わないけどね。

|

« 良縁祭 | トップページ | 人のふんどしで何とやら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479662/30513687

この記事へのトラックバック一覧です: 所変われば品変わる:

« 良縁祭 | トップページ | 人のふんどしで何とやら »