« 食べ放題を征く(鵬天閣編) | トップページ | 食べ放題を征く(三国志新館編) »

2009年8月 9日 (日)

食べ放題を征く(大珍樓新館編)

食べ放題探索シリーズ、2店舗目は営業歴数年以上の「大珍樓新館」である。

__2

----------
今回は2名で客の少ない早い時間帯に訪問。店に入って食べ放題である旨告げると、2Fに案内された。御膳房に改装した後の初めての入店であるが、2Fフロアは結構綺麗で以前と同様に広い。店員はかなり無愛想で機嫌が悪そうに見える。一昔前の中華街で標準的だった接客がここではまだ残っているようだ。マニアックな品を出していた別館あたりなら接客は気にされないだろうが、食べ放題のこちらの店舗の方でこの接客は致命傷じゃないだろうか。

食べ放題は2880円。ドリンクバーなどはなく、飲み物はすべて単品注文である。今回はウーロン茶1つ、315円で済ませた。温かいお茶はセルフで取ってこれるようだが、説明は全く無し。他の客の挙動を見てようやく気づいた。随分と不親切なことだ。

2009d_00a

最初の料理と同じくらいのタイミングでウーロン茶が出てくた。300ml入りの小さなビンとコップが出てきただけ。氷も無し。接客の第一印象といい、この辺ですでにかなりイヤな予感がしてくる。今回はいろいろありそうだと覚悟する。

2009d_00b

今回注文した品は以下の通り。こちらの食べ放題は時間制限有りで2時間である。

料理一覧】

  1. 海老蒸しクレープ
  2. 北京ダック
  3. 北京ダック肉のピリ辛揚げ
  4. 炭焼き叉焼
  5. グリーンアスパラと芝エビの炒め
  6. 蟹の卵入りフカヒレ
  7. 若鶏のオレンジソース
  8. アサリの黒豆ソース炒め
  9. 皮付きバラ肉
  10. 白身魚の黄金ソース
  11. マーボーナス
  12. エビの紙包み揚げ
  13. ユバ巻きオイスターソース
  14. コバシラのチリソース
  15. 特製チャーハン
  16. ココナッツムース
  17. マンゴープリン
  18. あずきのムース
  19. 苺入りアンニンドーフ

それではそれぞれの品を紹介してゆこう。

海老蒸しクレープ

メニュー写真はこんな感じ。昔、別館で一品料理として食べた「腸粉」を思い起こさせる。

2009d_01a

しかし、出てきた物は写真とはかなり違って1本がとても小さい。また、冷凍物と思われ、皮の出来が別館で食べたものとは段違い。モチモチ感、むっちり感に乏しい。食べ放題で供するものだから質を落とすのは仕方が無いか。

2009d_01b

北京ダック

4枚ついてきた。薬味は葱とキュウリ。餅は半分に切ってある。皮の並べ方は思いっきり雑である。

2009d_02a

各テーブルに北京ダック専用みそのチューブ容器がある。皿に出してロスを出すよりはこちらの方が効率がよいのだろう。味は良くも悪くも無し。

2009d_02b

北京ダック肉のピリ辛揚げ

メニュー写真はこんな感じ。普通の唐揚げのように見える。

2009d_03a

が、出てきた物はこれ。ほとんど骨である。骨の周囲の肉が最もおいしいということは確かにあるが、これはちょっとないだろう。食べてみたところ味は良くも悪くも無し。臭みが無かったのは点は良かった。

2009d_03b

炭焼き叉焼

これまで別館などで食べていたものとは全くの別物。その辺で買ってきた叉焼にとろみソースをかけたようなもの。肉は軟らかい。味は悪くはない。しかし香りに乏しく、とても炭焼きとは思えない。

2009d_04

グリーンアスパラと芝エビの炒め

炒め物としてぬるいが、味はまあまあ。とろみが妙についていて、しかも糸を引く点がかなり気になる。片栗粉でとろみをつけているのではなく、業務用の何かを使っているのだろうか?

2009d_05

蟹の卵入りフカヒレ

メニューではスープのセクションにあったので、これはスープである。やたらと色が付いていてかなり怪しげな風貌。味はそこそこ飲めるレベル。蟹肉とフカヒレらしきものは一応入っていたようだ。

2009d_06

若鶏のオレンジソース

普通の鶏唐揚げ。表面が妙に軽くてシャリシャリしている。内部はそれほど熱くない。多分下揚げして置いたものを注文に応じて短時間で仕上げているのだろう。

2009d_07

アサリの黒豆ソース炒め

多分アサリは冷凍だと思うが、それほど悪くは無い。まだフロアには客がそれほど入っていないにもかかわらず、炒め物がぬるい点が気になる。これもやけにとろみがついている。

2009d_08

皮付きバラ肉

皮はシャリっとしている。肉の臭みも無い。食べ放題にしては悪くない出来。

2009d_09

白身魚の黄金ソース

なんか甘いソースがかかっている。白身魚はフリッター状になっている。温度はぬるい。これも揚げ置きしてあるのだろう。魚は冷凍と思われ、水分が抜けてバサバサ。

2009d_10

マーボーナス

レトルトソースでも使ったのではないかと思える代物。メニュー写真とはまるっきり異なる。葱は最後に加えているらしく、これだけはくたびれていなかった。

2009d_11

エビの紙包み揚げ

メニューを見る限り、ライスペーパーで海老のすり身を包んで揚げたものが期待される。

2009d_12a

しかし、出てきた物の風貌はどうも異なる。

2009d_12b

食べてみると、具にはタケノコなどが混じっていたが、ただの海老のすり身カツ。ライスペーパーなんか全然使っていない。ほとんどエビカツなので味自体は悪くないが、「紙包み揚げ」としてはどうにも納得いかない品であった。

2009d_12c

ユバ巻きオイスターソース

写真では3本入りだったが、2本入り。かなり小さい。味はそこそこ。

2009d_13

コバシラのチリソース

非常に疑問の残る品。小柱を本当に使っているのか疑問。カタカナで表記してあったので「小柱」とは別物なのだろうか?どうにもカマボコのような味しかしない。カニカマの類似品のようなものを使っているのではないかと思えるような味だった。小柱の繊維が全然判別できずひとかたまりに癒着しているように見える。炒め物としてもぬるい。

2009d_14

特製チャーハン

作り置きが完璧に分かる代物。作り置きを入れていた容器の跡がはっきり残っていて、すっかりご飯の塊になっている。

2009d_15a

温める際もレンジでチンしているのではないかと疑ってしまう。作り置き容器ごと温めて、それをひっくり返して出してきたように見え、容器の底の形をしたエッジが盛りつけられた炒飯にしっかり残っている。海老とグリーンピースだけは後から付け加えて乗せたようだ。

2009d_15b

取り分けると、完全に塊になっていて、もはやこれは炒飯ではない。ただの味付けご飯である。この一般に期待されるチャーハンとの違いが「特製」なのだろうか?

2009d_15c

ココナッツムース

連れが食べたもの。恐ろしく乱雑に切られていた。昔に一品料理で食べた時は立方体に綺麗に並べられていたものだが。

2009d_16

マンゴープリン

これも連れが食べた。一応果肉は入っていたようだ。安いマンゴープリンとしては標準的な作りと思われる。

2009d_17

あずきのムース

これはそこそこおいしかった。ココナッツムースもこういう風に切ってあるべきなのだが。

2009d_18

苺入りアンニンドーフ

寒天多めでレトルトっぽいが、味はまあまあ。シロップは甘すぎ。定食のおまけについてくるような杏仁豆腐であった。

2009d_19

【総評】

総じて、古き悪しき時代の食べ放題を経験できたように思う。開店直後の人が少ない時間に店に入ったのだが、最初の方は注文からほんとに一瞬で出てくる。いつ調理をしているのか疑問に思えるほどだ。出てきた品々を見るに、かなり下ごしらえ(作り置き)に頼っているように思えた。揚げ物も下揚げして放置してあるものを注文時にもう一度揚げているのか、内部が妙にぬるい。炒め物も妙にぬるくて変なとろみがついているものが多かった。

全般的に調理は雑で、店員の愛想も悪いし、内容はファミレス以下。あからさまな手抜きがあちこちに見える。他店の食べ放題より値段が高いが、高い分だけの価値があるかどうかは極めて疑問である。作り置きしても品質が落ちない物はそれなりだが、炒め物などはぬるくて質が低い。あと、出せない品はメニューから落としておくべきだ。開店直後に入ったのにもかかわらず、メニューに載っている駝鳥の砂肝は「無い」と言われた。

あまりにも今回出た料理がひどくて驚いたのだが、もしかすると本館の方でやっている食べ放題はまた調理が違うのかもしれない。余力があれば本館の方の味がどうなっているか調査してみたいものだが、今回と同じ経験をするリスクを考えるとどうにも気力がわかない。新興の食べ放題店舗では、質の低下があまり分からないようにした上で、効率を上げることで収益を確保しようとしているのに対し、こちらの店は単に質を下げることだけで収益を確保しようとしているように見える。これでは新興店舗に取って代わられるのは時間の問題だろう。店を出る際に店頭に垂れ下がった巨大な垂れ幕の『納得・感動の全108品!』という文言が目に入り、頭がクラクラした。

__3

最後に、今回の注文と品が出てくる時間のタイムテーブルを示す。赤丸が注文時、青丸が料理の到着時である。緑色で書き入れている数字は所要時間。入店直後の人が少ない時間帯は品が出てくるのが異常に早く、中盤以降目に見えて出てくるスピードが落ちていることが分かる。あれだけ料理の手を抜いていてこういう結果になるということは、人件費を抑えるために厨房に入っている人数は相当減らしているのではないかと考えられる。へたするとまともな調理人は食べ放題用の厨房には全く入っていない可能性もありそうだ。

2009d_xx

さて、次回は「三国志別館」の食べ放題をお伝えする。

 

|

« 食べ放題を征く(鵬天閣編) | トップページ | 食べ放題を征く(三国志新館編) »

食べ物ネタ」カテゴリの記事

コメント

あの大珍楼がこんなですかぁ…

それよりなにより、
メニューに載っているのに無いとは!
こういうのもマズイなあ。

投稿: 酔華 | 2009年8月 9日 (日) 22時29分

★酔華さん

実は当初予想ではここの品が一番良いのではないかと思っていたのです。

新館で以前出していた一品料理やコース料理は食べていましたし、
別館の料理も気に入って通っていた方なのですが、
食べ放題になるとここまで違うとは、ほんとに驚きました。

この時同席してくれた人にはほんとに悪いことをしました。
後で埋め合わせをしなくては。

投稿: 本須 | 2009年8月 9日 (日) 22時54分

いやあ、これはひどいですね。
ワタシも実はちょっと期待していたのですが・・・別館(本館)で出てくるものはどうなのか、確かに気になってきます。
遠目で見る限りはそう悪くなさそうだったけど、大差をつけて本館の食べ放題が抜群によい、なんてことはなかなか起こりそうもないですよね。

投稿: アリーマ | 2009年8月 9日 (日) 23時07分

★アリーマさん

私も期待していたんですけどね、無残に打ち砕かれました。

本館の方、チャレンジしてみませんか?
本館ならボウボウコウの厨房と一緒のはずですから、
もしかしたら格段の差があるかもしれませんよ。

あと、検索してみると御膳房に改装する前の新館食べ放題の
実食写真は見た目にそれほど悪く見えなかったです。
改装の後から質が変わった可能性もありそうです。

投稿: 本須 | 2009年8月10日 (月) 00時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479662/30880648

この記事へのトラックバック一覧です: 食べ放題を征く(大珍樓新館編):

« 食べ放題を征く(鵬天閣編) | トップページ | 食べ放題を征く(三国志新館編) »