« 三国志新館のランチ | トップページ | あどけない話 »

2009年8月30日 (日)

家で中華

本日は午前中早めに選挙に行った後、雲行きが怪しかったので、家に引きこもることに。

----------
そんなわけで、今日は家で中華である。こんなものを作ってみた。

01___

どこかで見たような丼である。丼にご飯を盛り、その上に具を乗せる。今回は茹でたもやしをラー油で味付けた物、耀盛號で買ってきたメンマの醤油煮、ネギ、重慶飯店で買ってきた腸詰めを細切りにした物、を乗せてみた。最後に目玉焼きを乗せて完成。

02___3

タレの方もしっかり準備。辛子に醤油、ごま油のタレ。

03___

せっかくだからおまけスープもつけてみた。

04___

なかなかおいしかった。中華鍋で目玉焼きを作るのは初めてだったが、まあなんとかうまくいった。味付けはタレの量で適当に調節が効くのでそれほど気をつかうこともない。

ちなみに、お手本はこちら。皆さんご存知の「酔来軒」の酔来丼である。これが400円なのだからまったく恐れ入る。今回私が作った方は腸詰めだけでも200円分くらい使用している。お手本の方は自家製叉焼とはいえ、それでも結構なコストがかかっているはず。原価率は50%を軽く越えているものと思う。すばらしくコストパフォーマンスの良い品である。ありがたい、ありがたい。

05___400

さて、自分で作ってしまうと食材が余るので、それらを使ってこんなものを作ってみた。

まずは、もやし、ザーサイ、腸詰めをざっと炒めただけの物。お酒のつまみあたりに良さそうである。

06_____

あとは残った腸詰めと卵を簡単に炒めてみた。ほとんど腸詰めで味がついているので塩胡椒しか使わなかったが、オイスターソースを少し使ってもよかったかもしれない。

07__

追加の2品は食べきれなかったので、明日の朝ご飯になる予定である。たまには外食しないでのんびりした休日も良い物だ。

|

« 三国志新館のランチ | トップページ | あどけない話 »

作ろう」カテゴリの記事

コメント

材料費、とくに焼き物には原価が掛かりますよねぇ。
焼き物に変化すると、生肉の5~10倍といったとろでしょうか。

自宅の食生活が、あちらそのものになりもっと大量に食べるのなら、焼き豚は自家製にしたいところですが、なかなかそうもいきません。

投稿: | 2009年8月30日 (日) 22時38分

★ふ さん

はじめまして。いらっしゃいませ。
ブロック肉だと400gで600円くらいでしょうか?
焼き物になると100gで600円くらいですから、4倍は行きそうですね。

自家製は手間も技術も必要ですから、なかなか難しいですね。
叉焼なら、欲しい時に欲しい分量だけ、
同發や金陵で買ってしまう方が楽だと思います。

投稿: 本須 | 2009年8月30日 (日) 23時56分

最初の写真で プッって吹き出しちゃいましたww そっくりなんだものwww

ああ・・食いたくなってきた・・。

投稿: maruto082 | 2009年8月31日 (月) 10時40分

★maruto082さん

何度か食べているのですが、
具の配置は一定のようだったので、
その辺まで合わせてみました。

それにしてもあの近辺に住まう方々は
ほんとに幸せ者だと思います。

投稿: 本須 | 2009年8月31日 (月) 18時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479662/31168655

この記事へのトラックバック一覧です: 家で中華:

« 三国志新館のランチ | トップページ | あどけない話 »