« デフレ100% | トップページ | 暗黒週間パート2 »

2009年9月23日 (水)

さまよえる狛犬

様々な造形のランタンが中華街各所に配置されているランタンフェア。エントリーに入っていない品が混じっていたことにお気づきの方はいただろうか?

----------
ランタンフェア開始当初、華正樓前には「火の鳥」だけではなく、「海龍」の展示も出ていた。「海龍」の方は元々媽祖廟に配置される予定だったもので、この時はフライングで展示されていたのだろうと思われる。

01__

ほどなくして、「海龍」は引っ越して媽祖廟の展示場所に移っていった。

02__

そしてその空きスペースはどうなったかというと、ランタンフェアのリストに無い品が展示されていたのだ。狛犬2体である。見た感じちょっと古ぼけて見える。

03___

確かどこかで見たような、と思って写真の在庫を漁ってみたら、あったあった。これである。この写真は2005年12月に関帝廟内で撮影したもの。狛犬のクリスマスバージョンであろう。この頃はまだ色合いもはっきりしていた。こんな前のものをしっかり保存してあるとはたいしたものだ。

04_2005__

ところが、華正樓前に展示してあった狛犬に対して、こういうことをやる客が現れた。

子供を土足で狛犬の台に上らせて写真を撮っている親

である。たまたま「手を触れるな」とか書いて無かったのかもしれないが、これはないだろう。こういう客が出てくると、展示する方はたまったものじゃないと思う。

05__

結局、そういうことがあったせいかもしれないが、この狛犬はもう華正樓前にはいない。この位置はすっからかんになっている。

06___

そして、あの狛犬はいったいどこにいったのだろうと思っていたら、こんなところに居場所を移していたのだった。永楽製麺所の店頭である。ここには龍とかパンダとか、以前どこかで展示されていたような品が集まっている。こういうのを集めるのがここのご主人の趣味なのかもしれない。

07__

狛犬の足下には今度はしっかり注意書きが。でも、注意書きが無いとしても普通の神経をしていたらこういう展示物に土足であがるようなことはさせないだろう、と思うのだった。

08___


|

« デフレ100% | トップページ | 暗黒週間パート2 »

街ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479662/31485486

この記事へのトラックバック一覧です: さまよえる狛犬:

« デフレ100% | トップページ | 暗黒週間パート2 »