« 20万ヒット | トップページ | その記事は看過できない »

2009年12月 7日 (月)

幻となったカレーパイ

ぶりさんの記事で悲しいお知らせが。

----------
去年、紅棉で売っていたカレーパイはこの冬復活することなく無くなってしまったとのこと。結構おいしくて気に入っていたのだが。ここのところ通りがかるたびに復活してないかどうか店頭を覗きこんでいたのだが残念なことである。

00____2

と、残念に思いながら床についたのだが、マリーが枕元に立って言うのだ。「お店で買ってこれないなら、自分で作ればいいじゃない」。いつものパターンである。しょうがない、パイ生地を扱うなんて初めてだが、やってみるか。

----------

まずはカレー味のフィリングから作る。やはりカレーなのだから、ニンジン、玉ねぎ、肉は必要だろう。じゃがいももちょっと考えたが、今回はパス。

最初に、玉ねぎのみじん切りを炒める。炒めて炒めて炒めたおす。20分くらいで飴色になったらフライパンから出しておく。もうこの時点で半分疲れている。結構この品は下ごしらえがきつそうだ。

02_

次、ニンジンのみじん切りを作る。貧乏でフードプロセッサーなんか買えないので手動でみじん切り。これも疲れる。

03_

あとは挽肉を炒める。中華鍋でよく挽肉を炒め、ポロポロになったところで鍋の中央に隙間を作って、ちょっとだけ豆板醤を追加して炒め、挽肉と混ぜる。そして、みじん切りのニンジンと炒めた玉ねぎを投入、塩・胡椒・コンソメで味をつけ、最後にカレー粉を入れて炒める。あとはほどよいところで、鍋から出してできあがり。しばらく放置してさましておく。

05_

パイ皮は自分で作るのが面倒なので、市販の冷凍パイシートを買ってくる。1枚取り出して15分ほど常温で解凍。打粉をしたまな板の上にシートを置いて2等分。まずは片方を麺棒で延ばす。

15センチ四方くらいになったところで、卵黄を水でちょっと溶いた卵液を外周から1センチくらい内側に塗り、その内側の半分にカレーフィリングを置く。そしてパイ生地を半分に折りたたんでくっつける。合わせ目はフォークで押してギザギザをつける。卵液を上の方にも一通り塗っておく。もう半分のパイ生地でも同じようにしてもう1つパイを作る。

天板にクッキングシートを敷いて、その上にパイを置き、焼き準備OK。

12__2_

オーブンは200℃で余熱。余熱が終わったら天板を入れて、200℃で10分焼く。続いて160℃で5分くらい。

これで出来上がり。バターの焼けるとても良い匂いが台所に満ちてゆく。適当に作っても結構まともに焼けるものだ。

16__2_

味の方はというと、びっくりするほどおいしい。焼きたてであるということそのものが、材料とか技術とかいうものの差を吹き飛ばしてしまっているかのようだ。オーブンから出して即食べるパイがこんなに軽やかでおいしいとは。ほんとに驚いた。

17__2_

というわけで、技術的にはまだまだだが、焼きたてであることがいろんな欠点をリカバーしてくれてなかなかに満足度の高いものができあがった。フィリングはまだいっぱい余っているので、そのうち第二弾を作ることにしよう。あと、冷凍食品の特売の際にはパイシートを買うことを忘れないようにしよう。

----------

【おまけ】

オーブンネタついでに書いてしまうが、先日こんなものを作っていた。maruto082さんのところでレポートされていた「さつまいもパイン」である。

さつまいもを茹でて潰して、バターと砂糖と牛乳少々を投入してざっくり練る。そこに生パイナップルを刻んだものを投入してまたざっくり混ぜる。

_02__

このまま食べてもおいしいようなのだが、せっかくなのでアルミ容器に入れてオーブンで軽く焼いてみたのだ。

パイナップル入りスイートポテトのできあがり。

_07___

できたてを食べても良し、冷蔵庫で冷やして食べても良し。

_10__

思いのほかおいしいデザートであった。

_13___

問題は、やたらと量ができてしまうこと。この後3日くらいこればっかり食べていたような気がする。

|

« 20万ヒット | トップページ | その記事は看過できない »

作ろう」カテゴリの記事

コメント

私はミニハンバーグとカレー粉をパイ生地で包んで焼いてみました。
なかなか美味しかったです。

投稿: 酔華 | 2009年12月 8日 (火) 06時06分

おぉぉ!!
カレーパイばかりでなく、さつまいもパインまで!
しかも素晴らしい出来栄え。
紅棉・本須支店と名乗っても大丈夫ですね。

配布会はいつでしょう。
こちらは26日で御用納めなので、それ以降はいつでもです(笑。

あぁ、プリントアウトしておばちゃんに見せたい(笑

投稿: ふ゛り | 2009年12月 8日 (火) 07時21分

★酔華さん

ああ、ミニハンバーグという手がありますね。
検索してみたら、ハンバーグを崩してミートパイの具に
するような人もいるようです。


★ぶりさん
>紅棉・本須支店と名乗っても大丈夫ですね。

さすがにそれはプロに対して畏れ多いです。
生地の延ばし方や包み方もまだまだですし、
美しい半月状に仕上げることができるようになるには
もっと修行が必要です。

>あぁ、プリントアウトしておばちゃんに見せたい(笑

さすがに鼻で笑われちゃう気がします。

投稿: 本須 | 2009年12月 8日 (火) 20時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479662/32527100

この記事へのトラックバック一覧です: 幻となったカレーパイ:

« 20万ヒット | トップページ | その記事は看過できない »