« おとまり(夜間散歩編) | トップページ | おとまり(終章) »

2010年1月27日 (水)

おとまり(早朝編)

そして朝。意外に早く目が覚めた。

----------
あたりはまだ暗い。時計を見てみると5時過ぎだった。

この時間にはもうカラスが起き出していて、鳴き声が聞こえてくる。外を見てみると、ゴミ収集車が動き回っている。レストランなどから出たゴミを収集しているようだ。カラスはそれを目当てに動き回っているようだ。

64___5

しばらくベッドの中でゴロゴロ。6時半前には外は随分明るくなってきた。まだあたりにはほとんど人がいない。

65___

6時半、ちょっと朝の散歩にでかけることにして、部屋の外に出る。薄暗かった3F廊下も朝日が差し込んではっきりと見える。かなりいろんなものが置いてあることがはっきり見えてしまった。薄暗かった方が知らずに済んだかもしれない。

66__3f_

階段を下りて入口に向かうと、まだ玄関の戸が閉まっていた。仕方が無いのでもうちょっと待つことにして一旦自室へ戻る。

6時45分、今度は戸が開いていた。さっそく散歩にでかけることにする。

67__

とりあえず、めったに見られない早朝の中華街をぶらぶら見学する。さすがに店は全部閉まっていて、人はほとんど見かけない。カラスが方々に出ていてゴミを漁っている。近くによると集団でじっとこちらを見据えてくるので結構怖い。猫もあちこちで見かけた。何匹かは触らせてくれたので構ってやる。

朝陽門付近、すっからかんで誰もいない。なかなか快適である。

68__

南門シルクロードもほとんど人気無し。

69__

中華街大通りも静かなもの。土日昼間の喧噪が嘘のようである。

70__

市場通りにて猫発見。あたりに誰もいないので存分にじゃれ合う。

71__

そのうち7時を過ぎる。市場通りの中でも「市場館龍仙」は7時から営業している。朝早くから営業していることは知ってはいたが、ほんとに営業しているのを見ることができてなんかちょっと嬉しい。

72__2

中華街大通りに戻って再度ぶらぶら。早朝の中華街はこれまで見てきたのとはまた違った顔を見せている。

73__2

長安道。「馬さんの店、龍仙」の方もしっかり営業を開始していた。この時はおじいさんは外に出ていなかったようだ。

74__

福建路に入ると、ゴミ捨て場にカラスが群がっているのに出くわす。結構殺気立っているのでうっかり近寄れない。遠巻きにスルーする。

75_03

そのまま関帝廟通りから戻って香港路。端から端まで見通せる香港路なんて初めて見たかもしれない。

76__

時間が過ぎ、徐々に人の姿が見え始める。パトカーも巡回していた。

77___

----------
さて、そろそろ朝ご飯でも。今回は市場館龍仙で食べることにした。お店に入って真っ赤な席に座る。さすがにまだ他の客の姿は見えない。

78__

「鶏入りお粥」、525円。お粥は結構な量があったが、意外にスルリとお腹に入った。味の方はかなりあっさりでそれほどダシがきいている感じはしない。

79___525

そして、ここの名物だという「馬い餃子」、確かこの時はサービス価格で380円。

80___380

具は牛肉がメインでカレー味。どちらかというと、豚肉の餃子の方が私の好みだった。

81___

そして杏仁豆腐がサービスでついてきた。朝食に杏仁豆腐というのもすごい気がする。

82___

朝から中華でお腹いっぱいでお店を出る。店を出る頃には他の客もちらほら店に入ってきていた。

----------

朝食後は朝の山下町公園へ。ジョギングや朝の散歩の人々が結構いた。そのままぶらぶら散歩してホテルへ戻り、部屋に戻ってのんびり過ごす。

10時40分、皇朝の呼び込みが始まる。そろそろ観光客も中華街に集まってくる頃合いだ。

10時50分、そろそろチェックアウトの時間だ。忘れ物が無いことを確認して、部屋を出る。なかなか興味深い体験をすることができた。最後に、鍵をドアに差しっぱなしにしてそのまま外へ出る。

滞在中、ホテルの他の客は全然見かけなかった。隣の部屋から中年夫婦らしき声がしていたのだが、帰りに見たらその部屋に鍵が差しっぱなしになっていた。隣には別の客がいたのかもしれない。結局、滞在中に出会ったのはチェックイン時のおじいさんと、外に出る時出会ったおばさんだけであった。

ともあれ、これで一泊のミッションは完了である。長年の謎が大体解けて、満足感いっぱいでホテルを後にした。

(次回、終章へ続く)

|

« おとまり(夜間散歩編) | トップページ | おとまり(終章) »

番外編」カテゴリの記事

コメント

この時間帯は私の巡回タイムです(笑。
朝は山下公園に近隣のホテル宿泊客と思われる人が散歩に見えています。

馬さんの馬い餃子は、相変わらず黒い餃子。

それにしても読み終えてもまだミステリアスなお宿ですね。

投稿: ふ゛り | 2010年1月28日 (木) 09時30分

早朝シリーズの写真を見て、ゴミとカラスがいなければもっとキレイな街なのになぁ…
と思いました(ρ_;)

誰も居ない香港路の写真、新鮮ですね(*^-^)


投稿: ぶるねこ | 2010年1月28日 (木) 15時33分

★ぶりさん

当日すれ違っていたかもしれませんね。

ホテルオリエンタルはまだまだ謎深いです。
ぜひ続きはぶりさんご自身で。


★ぶるねこさん

カラス対策で深夜にゴミ収集という地域もあるようですね。
ゴミとカラスが無ければ早朝の中華街はすごく綺麗ですよ。

投稿: 本須 | 2010年1月28日 (木) 22時37分

おぉ、人が全然いない中華街
これは新鮮ですね

投稿: MO | 2010年1月28日 (木) 23時40分

夜間散歩編の“ぬいぐるみ水槽”も笑いましたが
朝陽のもとに晒された雑然とした廊下が素敵です (笑)

投稿: 小径のヌシ(^-^) | 2010年1月29日 (金) 07時53分

お疲れさまでした

夏に帰省するのが楽しみになりました。

お粥・・・幼少の頃より「安記」さんを利用ししています。
最近は「どろ~」感がなくなり「さらり」感が目立ちます。

時代の流れなのでしょうか??

投稿: 関帝廟通り | 2010年1月29日 (金) 09時26分

じゃぁ・・今度は 黄金町山城屋旅館を私が体験宿泊しますかね・・・。w

投稿: maruto082 | 2010年1月29日 (金) 15時33分

★MOさん

誰もいない中華街は、ちょっとした箱庭風で
おもしろかったですよ。


★ヌシさん

お日様の光っていろんなものを露わにしてしまうので
結構怖いですよね。


★関帝廟通りさん

最近は飲み物なんかも濃い味の物より、水に近い物の方が
流行ってますから、お粥も最近はさらっとしているのかも
しれませんね。


★maruto082さん

いやいや、その前に御家族でホテルオリエンタル占拠が
先でしょう。期待してますよ。

山城屋旅館は検索してみたら、全室造りが違うようですね。
こちらのレポートならぜひコンプリートで。

投稿: 本須 | 2010年1月29日 (金) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479662/33124261

この記事へのトラックバック一覧です: おとまり(早朝編):

« おとまり(夜間散歩編) | トップページ | おとまり(終章) »