« タンドリーチキン+何か | トップページ | 番外編:100万アクセスおめでとうございます »

2010年4月25日 (日)

伊勢佐木町散歩

この週末、昼間はかなり良い天気だったので伊勢佐木町方面まで足を伸ばしてみた。

----------
空を見上げると、散策するにはとても良い天気。少し暑いくらいである。

00_

で、つらつら歩きながら中国料理店などをチェックしてみた。この近辺を歩くのもかなり久しぶりだったので、いろいろ変化もあったようだ。

「延明」は相変わらず。24時間戦っていた。人がほとんど入らないような時間帯にぶらっと入って、羊串とビールなんてのもいいかも。

01_

「新生の養成軒 山海楼」はリニューアルしていたようだ。以前見た時はもうちょっと昔風のお店だった気がする。

03__

サンマー担々麺なんてものが出ていた。

04___

近頃、巡回先のブログなんかで話題になっていた、「[金/[金金]]城[青見]湯」。もうちょっと打ち込みやすい漢字の店名にして欲しかった。

05_

1000円の本日薬膳スープセットというのはやっぱり気になる。いつか食べに行きたいところだ。昼間はどうも店を閉めているようだが。

06__

この店の隣に「日昇商店」というのを見つけたのだが、これは中華街の同名店舗の系列店かな?

07__

猫カフェも見つけた。

08_

「香港厨房」は例によって均一料金をやっている。300円均一というのは中華街より安い。で、この上がさっきの看板の猫カフェ。

09__

その近くの「萬昇」。四川料理のお店だ。

10_

出ているメニューの値段がちょっとすごい。すごいデフレ状態だ。隣が300円均一の店となるとやはり対抗上こうなるのか。

ところで焼き餃子のところに書いてある「買2送1」「買3送2」ってどういう意味なんだろう?

11___

中華じゃないが、「赤とら」という店が気になった。カレーのお店のようだ。

12_

でもなんか脇の方に「お酒」「おでん」「うどん」とか書いてあって、ものすごく気になるのだが。

13__

「杜記海鮮火鍋菜館」は少し変わった気が。

14_

こっちで刀削麺なんてやっていなかった気がするのだが?

15__

そしてランチメニュー。「四川芽菜、豚挽肉混ぜ刀削麺」というのがすごく気になる。アノ品の刀削麺タイプということか。これは一度食べてみたい。

16__

「清華園」は昔ながらのお店の風貌。

17_

値付けがすごく安く見えるのは気のせいだろうか?チャーハン、500円とか。

18__

「上海美食」という看板を見つけた。ここはかなり前に見た時には「福龍菜館」って名前じゃなかっただろうか?なんとも移り変わりが激しいことだ。

19_

「皇膳門」というお店を見つけた。

20_

4/17開店とある。つい先日できたばかりのお店のようだ。ついこの間までかなりの割引をやっていたらしい。気がつくのが遅かった。

21__open

「慶興」は9月に移転していたらしいのだが、ようやく移転先発見。移転先の場所がちょっとアレで、隣に18禁のマークがついていたりして立地が結構怪しい。夜はちょっと近寄れる気がしない。

22_

その「慶興」の近くでつけ麺のお店がオープンしていた。貼り紙を見ると、23日オープンだったようだ。ほんとについ先日だ。

23__open

中泰料理「泰好食」。中国料理とタイ料理の間くらいの品が出るのだろうか?ここはかなり前からあったはず。

24_

「錦珍樓」はよくある中華屋さんという感じ。街中華というよりは中華街の店に近い感じだが、この辺の店はたいていそうだ。

25_

そしてその向かいには「蘭芳園」。こちらも似たような感じのお店だ。

26_

「中華一番」はお休み。

27_

なんか人手不足らしい。

28__

ちなみに、近所に「理髪一番」という看板を見つけたのだが、関係店舗なのだろうか?そうなると次は「服飾一番」とかがあって、三把刀が揃ったりするのだろうか?とか思って歩いたのだが、それは見つからなかった。

29_

「慶興」の跡地には「麺匠 平」というお店ができていた。

30___

「北京楼」。ここも前からあったと思う。この手のお店は定食がそこそこ安く出ているようだ。

31_

「水幸楼」。こちらは昔ながらの街中華の風情。サンマー麺の貼り紙が出ていた。

32_

最後に「埋金製麺」。たまに金の延べ棒が麺の中に仕込まれているとか、妄想してしまう。

33_

----------

とまあ、ぶらぶら1時間ほど歩いているだけで、たくさんの中国料理店を見かけた。こっち方面のお店には私はほとんど手が出ていないのだが、今後も手を出す余力は無さそうだ。特に気になる数店舗くらいは行ってみたいのだが、いつになることやら。

歩いていて感じたのだが、中国・韓国・エスニック系の店舗が非常に多い。日に日に増えているんじゃないかという感じだ。あと、表通りのシャッターも増えている気がしていて、全般的には寂れてきている印象である。

あと、この通りは路上喫煙多すぎである。歩いていてすごく臭い。なかなかこちらに足が向かないのはこのタバコの悪臭も原因の一つなのだった。もう少しこの辺は改善して欲しいなぁ。

|

« タンドリーチキン+何か | トップページ | 番外編:100万アクセスおめでとうございます »

番外編」カテゴリの記事

コメント

このあたりには中華料理店が多くなりましたね。
野毛も含めて、そうとうな数だと思います。
それだけ中国系住民が増えてきたのでしょう。

投稿: 酔華 | 2010年4月26日 (月) 08時29分

定点観測をしているわけではないですが・・

この界隈・・ 通るたびに、カレー屋さんが増えてる気がします。
メインから 少し外れたあたりに・・。

やはり・・ 中国もインドも自国で 人工を抱えきれないのでしょうか・・w

投稿: maruto082 | 2010年4月26日 (月) 09時37分

大陸内地域がバラエティー豊かですね。
これが山下町のように一角に集まったら、かなり見応えがあると思います。

投稿: ふ゛り | 2010年4月26日 (月) 10時37分

★酔華さん

ほんとにあの辺は中国料理店が増えたと思います。
あの辺の中国系住民が日常的に使っているんでしょうね。

ある意味中華街より中華街らしくなりつつあるような気も。


★maruto082さん

エスニック系も増えてますね。
インド・ネパール料理のお店が3/1に開店していたようです。


★ぶりさん

料理店がもっと近くに集まったらもう少し観察しやすいの
ですが、今は広範囲に散らばっているので一通り眺める
だけでも一苦労です。

投稿: 本須 | 2010年4月26日 (月) 20時07分

いつも拝読しております。
栗の記事はとても興味深かったです。
落とした栗を拾って配っていたのをみたこともあるのですが、皮を剥いて食べるとはいえなんだかなぁ~と思いました。

今回は料理の写真はなかったにも拘らず、何故かお腹一杯になりました。
トキの燃え刀削麺は今週は残念ながらランチにエントリーしてなかったのですが、近日中には是非ともトライしてみたいです。

投稿: たけ | 2010年4月30日 (金) 21時58分

★たけさん

栗売りの人の栗の扱いは結構ぞんざいなことが多いと思います。
彼らにとっては毎日数え切れないほどばらまくうちの1つ
なのでしょうが、もらう側にとってはそうではないのですよね。
その辺の感覚が鈍っているのだと思います。

燃麺の刀削麺タイプはレギュラーで入っているわけでは
ないのですね。私も今度見つけたらトライしたいです。

投稿: 本須 | 2010年5月 1日 (土) 00時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479662/34387953

この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢佐木町散歩:

« タンドリーチキン+何か | トップページ | 番外編:100万アクセスおめでとうございます »