« ここしばらくの諸々 | トップページ | ザーサイの溜まり漬け »

2010年5月 7日 (金)

品薄のブツを作ってみる

テレビで取り上げられたせいかどうかは知らないが、近頃スーパーに行っても例のブツの棚は必ずといっていいほど品切れになっている。

---------

そう、桃屋の「辛そうで辛くない少し辛いラー油」である。先日ほんの偶然で1つ手に入れることができた。1瓶378円となかなかのお値段である。

00___378

食べてみると、確かにこれは売れそうな味。四川料理に慣れた身にとっては、辛味は全く無いに等しいが、特徴的なのはサクサクのフライドガーリックと、粉末醤油の味と香りである。豆腐に乗せて食べるとなかなかおいしく感じられる。また、「食べる」品なので減りが早い。桃屋はいい商売をしている。

さすがに品薄が続くせいか、スーパーなんかでは自作用のレシピなんか配布しているところもある。丁度桃屋のヤツを1瓶食べ終わった頃合いなので、こちらでも似たようなものを作ってみることにした。

幸いなことにmaruto082さんが、詳細なレシピを公開しているので一から考える必要が無い。今回はこのレシピをベースに思いつく限りのものを入れて作ってみることにした。なので、原価のことはあまり考えていない。

まずは材料だが、材料は3つの群に分けることができる。

A群:あらかじめ混ぜておく材料
B群:後で仕上げに混ぜる材料
C群:熱してからA群に混ぜる材料

----------

下の写真がA群。12時の方向から時計回りに、味覇、唐辛子粉、フライドガーリック、おかかふりかけ、塩、パプリカ、砂糖、そして中央が辣椒醤である。

01_a

フライドガーリックはサラダにトッピングするやつが売っているのでそれを使うことにする。これをほどよく砕いた物が上の写真に出ていたものだ。

02_

今回のポイントのつもりの材料がこれ。おかか振りかけを粉末にしたもの。胡麻とおかかと海苔が原料なのだが、すり鉢でつぶした後に大きめの海苔は取り除いている。桃屋のラー油は粉末醤油が特徴的なのだが、粉末醤油は簡単に手に入らない。その香りと塩気を模するためにこの材料をチョイスした。

03__5g

辣椒醤はたまたま冷蔵庫に余っていたので使っている。これは豆板醤でも良い。

----------

次がB群。最後に混ぜ合わせる薬味のようなものである。12時の方向から右回りで、フライドガーリック、フライドエシャロット、フライドオニオン。

04_b

ここのフライドガーリックは中華街でおつまみとして売っているこれを使ってみることにした。ニンニクを丸ごとパーム油でさっくり揚げた品である。これを砕いて使う。

05___190

フライドエシャロットも中華街に「油葱酥」として売られている品。これも適度に砕く。

06___450

フライドオニオンはサラダのトッピング向けのもの。これも適度に砕く。

07_

----------

そしてC群はサラダ油とごま油である。今回それぞれ80g、50g使うことにする。

まずは耐熱容器にA群を入れ、よく混ぜておく。

08_a_

そこに中華鍋で熱して180℃くらいになったC群を投入する。

09_

熱々の油を扱うので、容器をひっくり返したりしないように十分注意して中身をよく混ぜること。

そして、ある程度油が冷めてきたら、B群を投入してまた混ぜる。

10_b

ある程度混ぜたところでできあがり。

11_

具はこんな感じ。結構それっぽい品になった。

12__

ラー油部分はこんな感じ。ちょっと色が薄い。これはパプリカの分量を抑えめにしているためである。

13__

あとは完全に冷めたところで、瓶に詰めて完成。

14___

----------

そして試食。豆腐にかけて食べてみる。

15__

結構良い感じに仕上がった。具材は大きめの粒が残っていて、もうちょっと丁寧に砕いた方がよかったかもしれない。

16___

----------

詳細な分量と原価はこちら。売り物は110gで378円なので、今回の材料だと売り物の7割くらいの原価で作成できたことになる。

99_

が、さすがにこれは高すぎなので、maruto082さんみたいにフライドガーリックを乾燥ガーリックで代用するとか、あとはフライドオニオンを使わずにフライドエシャロットのみにするとかすればもっと安く作れるようになるだろう。

食べてみた味としては、自分の好みでちょっと辛めにしているので、桃屋のものに近づけるには唐辛子粉を少し減らした方がいいだろう。あと、醤油風味成分がまだ物足りないので、もっとおかかふりかけを増やした方がいいかもしれない。その際、A群に入れたのはあまり意味がなかったので、おかかふりかけはB群に変更した方がいいだろう。C群についてはごま油を思いっきり減らしてしまって、ほとんどサラダ油にしてもいいかもしれない。あと、油も具に対して少し多めだったので、上のレシピよりは少なめにしても良いだろう。

とまあ、いろいろ自分好みにチューニングするとおもしろそうな品である。スーパーの棚が埋まるのが待ちきれない向きは自分で作ってしまってはいかがだろうか?

----------

【追記】(2010.5.8)

ローコスト版も作ってみた。原価は以下の通り。

99b__ver2

maruto082さんのコメントを参考に、粉末醤油代わりをチキンコンソメで代用。あとは、ごま油の割合を減らし、フライドオニオンを全部揚げエシャロットで代用、フライドガーリックもつまみガーリックで代用。相変わらず自分の好みでちょっと辛めに。

具入りラー油110gで1モモヤとすると、1モモヤあたりの価格は最初のバージョンが、261円、ローコスト版だと154円。市販の約半額くらいでそれなりのものができそうである。

|

« ここしばらくの諸々 | トップページ | ザーサイの溜まり漬け »

作ろう」カテゴリの記事

コメント

あのフライドガーリックはこんな感じだったのですか。
おかかふりかけ、と。
ふ~ん、ふ~ん。

投稿: ふ゛り | 2010年5月 7日 (金) 22時57分

ムムっ! またしても・・・さすがです。

味覇を 粉末「中華の素」に変えると、粉末醤油とコクだしの代わりに良いようです。

あと 中華の干し海老をミキサーで砕いて使って、海老ラーとかも やってますw

辛味を抑えて作って、李錦記の潮州辣椒油で後から 辛さ調整すると さらに万人好みに仕上げることも・・・。

投稿: maruto082 | 2010年5月 8日 (土) 08時12分

よく作りましたね。
それより感心するのは、原価計算。
しかも表まで添付してくれて、
参考になります。

投稿: 酔華 | 2010年5月 8日 (土) 08時23分

★ぶりさん

おかかふりかけは苦肉の策です。
後でmaruto082さんがコメントしてますが、
中華の素とかも良さそうです。


★maruto082さん

さっそくコメントを参考にチキンコンソメで
ローコスト版を作って、記事に原価を追記してみました。
まだまだ下げる余地はありますが。

この品、各人の好みでいろいろチューニングできますね。


★酔華さん

市販のものの原価は大体売価の1/3くらいでしょう。
量産効果の無い手作りはなかなかそこまで落ちません。

でも、いろいろ試してみるのはおもしろいですよ。

投稿: 本須 | 2010年5月 8日 (土) 18時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479662/34554491

この記事へのトラックバック一覧です: 品薄のブツを作ってみる:

« ここしばらくの諸々 | トップページ | ザーサイの溜まり漬け »