« たまには野菜を | トップページ | 品薄のブツを作ってみる »

2010年5月 6日 (木)

ここしばらくの諸々

4月からGWにかけての中華街。今年もいろいろなことがあったので、つらつら書いてみる。

----------
【パンアメリカンホットドッグコーナー閉店】

すでに酔華さんのところにも記事が出ているが、パンアメリカンホットドッグコーナーが4/30をもって閉店した。

4/16に書いた記事で、いつもの休業とはちょっと様子が違うことをレポートしたのだが、実はその次の日の夜に店内に明かりがついていて、おじいさんとおばあさんがいろいろとゴミを出したりしているのを見かけていた。そして、4/23の雨の夜。貼り紙が変わっていることに気づいたのだった。

A1___

そこにははっきりと閉店の挨拶が出ていた。43年間の営業だったとのことである。

A2___

帰宅して調べてみると、すでに紅さんのブログで4/21付けの記事が出ていた。見るに、過労が原因だった模様。TV番組で取り上げられてから非常に忙しかったようだ。こういうのが閉店の遠因になったというのはなんともやりきれない話である。

ところで、TV番組のインパクトというのはどれくらいなのだろうか?かなりざっくりとした数字を調べてみると、件の番組の視聴率についてはこちらこちらに記載が見つかった。昔は17~18%、2009年以降は急低下していて、10%前半、調子が悪いと10%を切るくらいのようだ。

視聴率と試聴数についてはビデオリサーチのページに説明があって、1%あたり17.6万世帯に相当するようだ。なので調子の悪い視聴率10%で計算しても、176万世帯に届いたことになる。なお、世帯視聴率なので176万人ではないことに注意が必要、また録画は数値に入ってない。世帯平均で2名が見たと仮定すると、1番組1時間で352万PV相当というところか。TV番組は調子の悪い数字を使ってもこれだけの威力になるのだ。そっとしておいて欲しい小さなお店を取り上げようとする際はよく考えて欲しいものである。

ちなみにブログの影響力の方はどうかというと、例えば、行きつけの食べ歩き関係ブログの中ではかなりPVが高い方と思われるほんまさんのところは、約58ヶ月、978記事の総計で約391万PV。1記事平均で4000PV強である。当ブログは大体1記事あたり700PVくらい。よほどPVを稼いでいるところでも無い限り、ブログの影響範囲はTV番組とは全く桁が異なることが分かると思う(かなり乱暴な比較だが)。自ブログの影響力なんてものは、1記事あたりのPVがあと2~3桁上がってからようやく考え初めても遅くなさそうである。まあそんな日は来ないと思うが。

----------
【リトルチャイナの看板が外れる】

パンアメリカンホットドッグコーナーの斜め向かいにあるリトルチャイナ。

B1__

2009年12月頃にはすでに不動産屋に貸店舗情報が出ていたのだが、とうとうこの連休中に看板も外れてしまった。次はどんなお店が入ってくるのだろう?

B2__

----------
【姑娘も無くなった】

丁度1年前くらい、2009年4月に西門通りのビルで開業した中国的耳かき店「姑娘」。

G1__

ふとビルを見上げると、貸店舗になっていた。この立地ではなかなか集客が難しかったのだろう。

G2__

----------
【六福楼が復活】

こちらも酔華さんの記事でレポートされていたが、一度閉店して金魚焼き屋になっていた六福楼が復活した(4/23頃?)。

C1__

以前と同じおじいちゃん、おばあちゃんがお店をやっていた。メニューもほぼ同じだが、世の中の景気が悪いので一部メニューは以前より値下げしているそうだ。ここは麺飯類がかなり安い。

こちらは復活後に食べた上海焼きそば、600円。この価格帯なのに、きっちりまじめに作られており、以前と味は同じだと思う。中に入っている海老が芝海老になったのが以前とちょっと違うくらいか。復活した店舗にやってくるお客さんの中でこの上海焼きそばを注文する人の率は結構高いようだ。

C2___600

----------
【聘珍樓の大マンゴー発売と入荷遅延】

毎年聘珍樓がこの季節に売り出す大マンゴー。4/17に発売開始となった。

D1___2

ただ、初回の入荷はかなり限られていたようで、一瞬で売り切れていた。

D2___

1個900円とかなり値が張るのだが、値段相応にかなり大きい品だ。

D3___900

数日間、台所に放置してから食べたが、とても甘くて美味しかった。

D4___

で、その後なのだが、28日に一度入荷するという表示を見かけた程度で、それからこんな表示が出るようになった。タイの争乱の影響で入荷していないようだ。この先いつ入ってくるのかは不明である。

D5___

----------
【こどもの日は意外に空いていた】

毎年こどもの日ともなると、中華街大通りは歩けないほどの混雑になるのだが、今年の混雑はこんな具合であった。

一応休日並に人はいるのだが、普通に歩ける状態だった。連休最終日だったので、中華街に遊びに来るつもりだった人は最終日までに済ませてしまっていたのかもしれない。

E1__05_

タイミングによっては、ふっと人がまばらになるエアポケットのような状態も発生。お昼の時間帯でこんな状態というのもちょっと珍しいと思った。

E2__07_

----------
【有昌がGW限定で営業】

ずっとお休みを続けていた有昌。

F1__

GW限定で営業をしていた。ご主人が体調を崩しているとのことで、それほど量は作れないと、おばさんが話していた。

F2__3_

それでもそれなりの量が店頭に並んでいたが、ご近所さんと思われる年配の方々が次々に買い求め、あっという間に無くなっていた。

F3__2_

お店はGW明けからまたお休みに入り、6、7月も休業とのこと。この叉焼がまた食べられるのは当面先の模様である。

F4____2

----------

とまあ、最近の中華街はそれほど派手な動きは無かったが、それなりにいろいろと動きはある。GWが明けてこれからちょっとだけ落ち着いた季節がやってくると、また次の季節に備えた動きが見えてくることになると思う。興味深く観察を続けたい。

 

|

« たまには野菜を | トップページ | 品薄のブツを作ってみる »

街ネタ」カテゴリの記事

食べ物ネタ」カテゴリの記事

コメント

「リトルチャイナ」は微妙な立地だったので仕方ないかもしれません。
それなのに「ZORBA」は健闘していますよね。
ここはランチを復活してくれたら嬉しいのですが…

そうでした、「六福楼」に行かねば。

投稿: 酔華 | 2010年5月 6日 (木) 20時43分

うわ、LITTLE CHINAさん閉店ですか。
某所でマスターを紹介して頂いたのに、イケぬ口のためついぞお邪魔することなく、、。

有昌はまさかGW中に一時復活しているとは。

投稿: ふ゛り | 2010年5月 6日 (木) 21時50分

とうとうですね・・・。

これからの時間を、ご夫婦で

ゆっくりと過ごして頂きたいと

思います。

思い出をありがとうございました。

感謝合掌

投稿: 関帝廟通り | 2010年5月 7日 (金) 08時41分

定点観測的視点が やっぱり すごいなぁ・・。

投稿: maruto082 | 2010年5月 7日 (金) 10時20分

★酔華さん

ZORBAってランチもやってたんですか。
飲み屋さんは基本的にあまり縁が無いので
ほとんどノーマークでした。

六福楼はまだ開店したてなので、結構穴場ですよ。
行くならいまのうちかと。


★ぶりさん

GWに営業していた有昌ですが、ご主人の姿も店内で
見かけましたよ。やはりあまり調子が良さそうには
見えませんでしたが。


★関帝廟通りさん

いつかはこういう日が来るのは避けられないですよね。

もうテレビ番組や取材などに煩わされることなく、
のんびり過ごしていただければと私も思います。


★maruto082さん

食べ歩きだけなら、毎日行ける人に全くかないませんが、
昼休み時間にしばられないのが週末中華の利点ですね。

月に数回の機会ですが、隅々まで見て回ることができます。


投稿: 本須 | 2010年5月 7日 (金) 21時41分

馬車道の角のホットドッグ屋さんも閉店ですか。浜松市に越して22年、たまに帰る度に変化する横浜に寂しさを感じてます。横浜をこよなく愛する私は老後、独りになったら帰還したいと思ってました。がしかし、その頃に私の知ってる横浜は跡形もなくなってるかも?ですね。

投稿: sayuri | 2010年5月30日 (日) 03時40分

★sayuriさん

初めまして。

さすがに中華街は観光地ですから、あの辺りは日々変化するのが
避けられないかと思います。
それでもまるっきり違う世界になってしまうわけではなく、
いくばくかのものは後世にも残ってゆくことでしょう。

あまり詳しくないですが、野毛辺りだったらまだいろいろと
昔からのものが残っていたりするのではないかと思います。

投稿: 本須 | 2010年5月30日 (日) 14時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479662/34549683

この記事へのトラックバック一覧です: ここしばらくの諸々:

« たまには野菜を | トップページ | 品薄のブツを作ってみる »