« 夏枯れ | トップページ | 温かいのか冷たいのか »

2010年7月10日 (土)

カツ

酔華さんの記事を見てふと思ったのだが、そういやこの系統の品は中華街であまり食べた覚えがない。

----------
そう、カツレツ系の品である。これまでの記録をさらってみても、なかなか見つからずに難儀したが、なんとか少数例が見つかったので紹介しておこう。

まずは「景徳鎮」のランチメニューより「鶏カツの四川風ソース掛け」。確か何かのついでに平日昼間に中華街に行くことができて、そこで出くわしたメニューである。

01__

出てきた品はこちら。油淋鶏の鶏っぽいが、一応チキンカツ。タレは景徳鎮らしく四川風。辛さは意外とそれほどでもなかった。タレは付け合わせの野菜にもからめてきれいに食べてしまった。結構おいしかった。

02___700

すでに無いお店だが、500円ランチの「謝謝」でもこんなメニューを出していた。ずばり「中華風チキンカツ」。中華表記でカツのことを「干乾」と表現しているようだ。

03__

出てきた品はこちら。これはほんとにチキンカツ。どの辺が中華風なのかはよく分からなかった。ソースはトマトソース、つけあわせ野菜にはマヨネーズが。ほとんど洋風という感じのチキンカツであった。

04__

あとはちょっと出所不明の品。どこかの中華系お総菜屋さんで買ったような気がする「広東風とんかつ」。薄切り酢豚のような少々不思議な品であった。

05_

----------
そもそも中華街までやってきてカツレツ系メニューに目が止まることはあまり無いわけで、そのためもあって実食例が極端に少なかったようである。まあ排骨関係は結構食べているのだが。

あと、心残りなのが酔華さんのところにも書いてあった「興華楼」のチキンカツ。これは完全に食べそびれてしまった。いつもそうだが、興味深いメニューというのは見かけた時に食べておかないとほんとにすぐに無くなってしまうものだ。

06__

|

« 夏枯れ | トップページ | 温かいのか冷たいのか »

食べ物ネタ」カテゴリの記事

コメント

先日、心龍で鶏カツというのを見ました。
たぶん油淋鶏じゃないかと思ってパスしてしまいましたが、
もしかしたら違ってたかも。
今になって失敗したなぁと。

投稿: 酔華 | 2010年7月11日 (日) 07時44分

★酔華さん

週末に心龍前を通りがかったら、
「鶏かつのチリソースかけ炒飯」
という名前でランチに出てたようです。
油淋鶏ライクなものかどうかは不明。

他にも日替わりで、
「冷し海鮮サンマ麺」というのもあって
かなり気になりました。
すでに他で食べた後だったので
チャレンジできませんでしたが。

投稿: 本須 | 2010年7月11日 (日) 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479662/35706272

この記事へのトラックバック一覧です: カツ:

« 夏枯れ | トップページ | 温かいのか冷たいのか »