« カツ | トップページ | 重た~い話 »

2010年7月17日 (土)

温かいのか冷たいのか

近頃随分暑くなってきて、冷やし麺が素敵に思える今日この頃なのだが、先日ちょっと変わった物を見つけた。

----------

中山路と香港路をつなぐ細い道に位置する「北京」。ここにも冷やし麺シリーズが顔を出していた。で、どれにしようかとしばし迷った末に注文したのが「冷やしペキン麺」、900円。

A1___

するとおかみさんが「麺は冷たいけど具は温かい品だけどいい?」と聞いてきた。なんでも中華街に移ってくる前からこの品はそういう構成だったらしい。なかなかおもしろそうなので、注文はそのまま変更無しで。

しばし待って、出てきたのがこの品。炒めた具が麺を完全に覆い尽くすルックス。具は豚肉、キクラゲ、ニンジン、ピーマン、海老、ブロッコリー、しいたけ、白菜とたっぷりある。

A2___900

具の方は炒めたてでアツアツ。火の通り具合も丁度良く、野菜もシャキシャキ。そして麺をほじくり返すと、こちらは冷えている。スープは冷やし中華系の酸味のあるタイプで、酸味が強め。麺を勢いよくすするとむせるので注意が必要である。

麺は固すぎず柔らかすぎずで、丁度良いゆで加減。なかなかおもしろい品であった。個人的にはもうちょっと安い方がうれしかったが。

A3___

----------

実はもう1点似たような品を中華街の外で見つけた。

先日、立川に用事があって出かけたのだが、駅前の「グランデュオ立川」の7Fが丸々「立川中華街」として中華関係店舗で埋まっているのだ。中華料理店だけでも15店舗程度あった。なお、横浜中華街からは「梅蘭」と「菜香」がこちらに出店している。

そして、この時は「随園別館」というお店に入ったのだが、そこでこういう品を見つけた。

油淋温麺、840円。

B1___1

名前から分かるように、麺の上に油淋鶏をのせたような品である。麺の上に揚げたてアツアツの油淋鶏が乗り、油淋鶏のたれに近いものがかかっている。麺ごとそのタレで食べるという品だ。ちなみに「温麺」とメニューに書いてあるだけあって、下の麺はさほど冷えてない。

味の方は見た目通り。油淋鶏もきちんと作ってあって、値段を考えれば十分良い品だったと思う。

ところで、この品。メニューに能書きが書いてあるのだが、ぐるなびのメニューページで見ることができる。

いわく、

アツアツ油淋鶏をたっぷりのせた冷やし中華です。
冷たさと熱さをゴマダレで調和し、アンバランスをよく取れた一品です。

わかったような、わからないような不思議な能書きであった。でもまあ、実物が悪くなかったので良しとしよう。

----------

とまあ、普通の冷やし中華だけだと飽きちゃう人向けなのか、ちょっと変わった冷やし麺が出ていることがある。注文してみないとその実態が分からないこともあるので、各店の品をいろいろチャレンジしてみるとおもしろい発見があるかもしれない。


|

« カツ | トップページ | 重た~い話 »

食べ物ネタ」カテゴリの記事

コメント

中区本牧町(本郷町だったかな?)にある「喜楽」でも、こういった冷やし中華麺を出しています。
冷やしラーメン、冷やし肉そば、冷やし叉焼麺…など、その種類は豊富です。
しかも1年中やっているところがすごい。

ここのは麺と具は別皿で出てきます。
麺は冷え冷え、具は熱々。
なかなか美味しかったです。

投稿: 酔華 | 2010年7月18日 (日) 07時09分

あ。。。酔華さんに書かれたw

自分は酸っぱい系の冷やし中華がダメなんで、外で食べるときはほとんどがゴマだれ系になっちゃうんですよね・・。

山形の冷やしラーメン系は好きなんですが・・。

投稿: maruto082 | 2010年7月18日 (日) 13時12分

★酔華さん

他にもこういうのがあるんですね。
確かに具と麺は別皿の方がいいかも。
両者が接するところが微妙な温度になってしまいますしね。


★maruto082さん

見た目は普通の冷やし中華でも、タレは酸っぱい系じゃない
ものは何度か食べた覚えがあります。

見た目じゃ分からないので、あらかじめお店の人に聞いてみる
しかないですね。

冷やしラーメン系だと、確か馬さんのお店のやつがそういう
やつだったかも。

投稿: 本須 | 2010年7月18日 (日) 23時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479662/35786068

この記事へのトラックバック一覧です: 温かいのか冷たいのか:

« カツ | トップページ | 重た~い話 »