« 野菜いろいろ | トップページ | 禁煙チェックその後 »

2010年8月22日 (日)

椒塩排骨とその仲間たち

暑い。ブログ記事なんてなかなか書く気分になれない今日この頃なのだが、酔華さんのところの記事を見てちょっと思い出した品があったので書いてみる。

----------

それは「椒塩排骨」。酔華さんのところの記事では「海南飯店」のランチメニューの中の一品になっているのだが、揚げた肉を切ってタレがかかっているタイプの品であった。しかし、この料理名で私が一番最初に思いついた品は「萬来亭」の品であった。下のメニューの17番で「スペアリブの香り炒め」として出ている品がそれである。

00__2

この品は、ほどよい大きさに切った骨付き肉を揚げて、塩・胡椒・葱で味付けと香り付けをした料理である。これがビールに非常に良く合うのだ。酔華さんの記事にあった海南飯店の品の方はご飯のおかずにするためにあえてタレをかけたタイプにしたのかもしれない。

01___

----------

ところで、排骨に限らず似たような作り方をした品は他にもいろいろある。ついでなので、これまで食べた品からいくつか挙げてみることにしよう。

まずは「杜記紹興酒荘」で食べた「豚ほほ肉の塩胡椒炒め」。豚ほほ肉を揚げて、葱と塩胡椒で味付けをしている。唐辛子も使っていて少々ピリ辛だ。こちらもビールのおつまみ的な品である。「杜記紹興酒荘」は今では「優味彩」になってしまっているが、一品料理はある程度引き継いでいたと思うので、もしかしたら今でも「優味彩」の方で食べることができるかもしれない。

02____1200

次は「酔仙酒家」の「揚げ豆腐の塩胡椒味付け」。これはサイコロ状に切った豆腐を葱・塩・胡椒と唐辛子で味付けしている。シンプルだが、非常においしい品だ。当然こちらもビールのお供要員である。

03__

中華街を離れてお次は「過橋米線」の「太刀魚の塩胡椒炒め」。太刀魚を揚げて、タマネギ・ピーマン・パプリカと炒め、塩・胡椒・クミンで味付けした品である。クミンが入っているのでちょっとカレーっぽい味。太刀魚は骨があるので少し食べにくいが、こちらも十分ビールに合う品であった。

04___1280

同じく「過橋米線」の「山椒クミン魚」。白身魚をフリッター状に揚げて、塩・山椒・クミン・唐辛子・葱・胡麻で味付けした品。太刀魚よりは食べやすかった。山椒が入っているので味付けはよりスパイシーであった。

05___2

そして最後。多分ビールのお供として最強だと私が思っている品。「鴻運」の「揚げ茄子の塩味炒め」である。

06___1380

極薄切りの茄子を揚げて、塩と葱で味付けしている品なのだが、驚くほどにおいしい。極薄切りにして揚げているせいか、歯ごたえも軽い。他店ではもう少し分厚い茄子で似たような品を出しているのだが、ビールのお供としてはこちらの品に軍配があがると思う。新橋のお店なのでなかなか行けないのが残念である。たまには何か理由をつけてこちら方面にでも出かけて食べたいものだ。

----------

以上、今回挙げた品は基本的に揚げ物+薬味+スパイスという構成になっている。味付けも強めであり、どれもがご飯のおかずというよりはビールのお供に適した品だ。まだまだ暑い日が続きそうだが、暑気払いのビールなどにこういった品を添えてみてはいかがだろうか?きっとビールがよりおいしくなることだろう。

でも、あんまり飲み過ぎてビール腹にならぬようにご注意を。

|

« 野菜いろいろ | トップページ | 禁煙チェックその後 »

食べ物ネタ」カテゴリの記事

コメント

なぜにスプーンがモザイクなのか気になります、、。

投稿: ふ゛り | 2010年8月23日 (月) 00時37分

「揚げ」が決め手なのに、なぜ「炒め」なんでしょうね。

それと、私もやはりスプーンが気になる…

投稿: 酔華 | 2010年8月23日 (月) 06時25分

スプーンは・・ウルトラマンの真似につかちゃったんで・・・・ まつげがついちゃったんですね・・。

投稿: maruto082 | 2010年8月24日 (火) 20時03分

★ぶりさん

まあ、いろいろ理由はあるのです。


★酔華さん

揚げも大切ですが、最後に香りと味付けを行う炒めの方が
きっと重要なのでしょう。揚げ物の食感を悪くしないように
味付けしないといけませんし。


★maruto082さん

夏になるとイロンナモノがいろんなところに写り込んでくるので
念のため消しておくのですよ。

投稿: 本須 | 2010年8月24日 (火) 21時40分

安心して商品を預けることができるだろう そのため、年式が古くなると中古品の価値は低くなり、ブランド人気の上下により、買取価格は上下する。
近年、機能性とユニークなデザイン性を兼ね備えたベル&ロスの時計は、中古時計市場で人気が高まり、高価買取査定となっております。
高級に走らないラバーベルトのストラップは正にプロ仕様のダイバーズウォッチと言えます。
Bell&Ross(ベル&ロス)が目指す最高峰の腕時計の形が”BRーX1”シリーズです。
Bell&Ross(ベル&ロス)の腕時計のデザインのイメージは「空」「海」等で、コックピットのメーターそのもののようなデザインのものあり、深海のダイビングを意識した夜行性に優れたものもあり、全体的に大きなサイズはこのブランドならではのものと言えます。
流れるような美しいケースの四隅に配置されたビスや、シンプルなインデックスから感じられる機能美を追求したBELL&ROSS(ベル&ロス)らしい雰囲気はまぎれも無くBRシリーズそのもので、そんな美しいダイバーズウォッチは渋い輝きのステンレススチールをケース部分に使用し、ストラップはラバーベルトを使用する事で本格的な使用にも耐える事ができるオススメの腕時計です。
スケルトンケースを採用し、美しいムーブメントの動きを際立たせた最強ミリタリーウォッチで、Bell&Ross(ベル&ロス)の技術を全て埋め込んだ最強プロスペックモデルです。
また防水性を意識した機能美はダイバーなどのプロフェッショナルに支持される理由の一つです。
Bell&Ross(ベル&ロス)の腕時計の特徴はミリタリーテイストの独創的なデザイン、視認性と機能美で、宇宙飛行士、戦闘機パイロットや警察官等数々のプロフェッショナルに人気の商品です。
※200万円を超えるお取引の際は源泉徴収料、確定申告書、預貯金通帳のいづれかが必要になります。
軍関連企業と組み、新技術に関する要所を押さえ、政府公認の製品を提供すると、社会的に必要とされる企業と思われ、相乗効果で新しい顧客に良いブランドイメージを与える事が可能となる。
創業者二人の名であるカール・ロシロとブルーノ・ベラミッシュからブランド名は付けられました。

誕生日 https://www.yutee007.com/protype/list-155.html

投稿: 誕生日 | 2020年6月25日 (木) 19時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 椒塩排骨とその仲間たち:

« 野菜いろいろ | トップページ | 禁煙チェックその後 »