« 振り返り杜記別館 | トップページ | 混ぜ麺・冷や麺(1) »

2010年9月12日 (日)

ハーフ麺で昼食を

今年の4月頃からだったか、普段麺料理なんて出ることのないお店に麺料理の表示が出るようになった。

----------

その店とは「華勝樓」である。全室個室という、中華街のお店の中でも高級店に属するお店である。酔仙麺フェアの時はお付き合いで麺料理を出していたようだが、通常注文できるメニューの中に麺料理を入れてきたのは多分これが初めてなのではないかと思う。

麺料理は2種類。価格は800円と結構手頃である。が、よく読むとこれらの品は分量がハーフサイズであるとのこと。一瞬、2種類同時に食べてしまえば、という考えが頭をよぎったが、さすがにそれは無様であろうと思いとどまり、少し予算がかかることを覚悟してお店に入ったのであった。

01_4___

入口に近づくと、さっと戸を開けてお店の人が迎え入れてくれる。「一人ですが、大丈夫ですか?」と聞くと、「どうぞ、どうぞ」と中に案内してくれた。当然のようにこの店では一人で入っても個室である。

02__

そして、当然のように円卓独り占め。ちょっと贅沢な昼食の始まりだ。

03__

まず最初は、目的にしていた麺メニューの方から、「華勝蝦球麺」。割り箸と比べれば、どの程度の大きさなのか大体分かると思うが、やっぱりハーフサイズである。

04___800

麺の上には揚げた海老が乗っているのだが、すぐにスープでグズグズにならないようにオニオンリングを台座にしているというのは芸が細かい。

揚げた海老は軽い塩味がついていて、衣もかなり軽くさっくりとしている。おいしい。

05___

麺の方は細麺の縮れ麺。茹で具合も丁度良く、程よい歯ごたえを感じられる。フツフツと噛み切る感触が大変によろしい。スープは塩味ベースであっさり。こちらも具に劣らずお上品な仕上がりである。

06___

----------

ところで、このお店のメニューだが、しばらくこちらにお伺いしないうちに結構変化があったようだ。まずは、メニューに「小皿」というランクがついたこと。これまでは3ランクしかなく、一番小さなランクのお値段でも結構な額だったので、いろいろ頼むには難しいお店だったのだが、「小皿」というランクが出来たことで注文しやすくなった。

もう1つの変化は。料理の種類が減ってしまったこと。下の写真でも分かると思うが、いくつかの料理にはシールが貼られて無くなってしまっていた。「八寶鶏」なんかは、一度食べてみたかったのだが無くなってしまっていた。多分この手の大型料理は注文する人がいなくなったのでやめてしまったということなのだろう。この点はちょっと残念であった。

07__04_

あともう1点。メニューに写真付きの冊子が追加されていた。さすがに文字だけだと料理のイメージがわかりにくいだろうから、こういう取り組みは大変にありがたい。

08__12_

----------

というわけで、写真のメニューで小皿料理を確認し、麺に加えてもう一品食べてみることに。「薄焼玉子で巻いた特製春巻」というものを注文。小皿と言ってもこのお店の価格帯でのことなので、1260円の品である。

09___1260

料理としては、豚肉などの具材を薄焼き玉子で巻いてパリッと揚げた品。実際は一番外側だけがパリっとしていて、内側はふわっとしている。そして、一番内側にやや濃い目の味付けの具が入っている。前から話には聞いていたが、確かにおいしい品だった。小皿が導入されなければ、何かの宴会のついでに入れるようなことをしないと食べられない品だった。そういう意味でも小皿導入は大変に嬉しい。

10___2

----------

さて、ここまで来るとちょっと気が大きくなっていて、ついでにデザートも、などと考えるようになっていた。で、デザートのメニューを見てみる。すると、一番下に「日替わりデザート」なる品が出ていた。値段は……書いてない。これはひょっとして時価か?とりあえずお店の人に聞いてみてから決めることにしよう。最悪、杏仁豆腐に変更ということで。

ところで、下から2番目に「山いもの飴だき」というすごく興味をそそられる品もあったりするのだが、こちらは「小皿」が存在しないし要予約のようなので、やっぱりいつかはここで宴会をセッティングする口実を見つけないといけないようである。

11__11__

さて、デザートを注文するのにお店の人を呼び出すのだが、個室には呼び出しブザーがあって、それを押すとほどなく仲居さんがやってきた。日替わりデザートの中身を聞くと、今日は「マンゴープリン」で520円だそうだ。安心してそちらを注文。よくよく考えれば、廣東のお勧めメニューで一食まかなえる額だったりするのだが、この時点では「あら、お安いのね」という気分になっているから怖い。

そしてマンゴープリンがやってきた。果肉がゴロゴロというタイプではなかったが、十分においしい品だった。ごちそうさま。

12___520

----------

さて、お会計。平日ランチとは違って、当然のようにサービス料が10%加算されていたのであった。特にイベントがあるわけでもない普通の土日としてはちょっとした散財ランチである。まあたまにはこういうのも良いだろう。

以上。以前は宴会や平日ランチでもなければ入ることも無さそうなお店であったのだが、小皿料理が導入されたことで土日でも一人でふらっと入ってそれなりの昼食を摂ることができるようになった。もちろん2~3人で入ればもっといろいろな品を注文して楽しめることだろう。相変わらず予算はそれなりに必要だが。

----------

【おまけ】

全室個室とはいっても、部屋同士の間仕切りがそれほどしっかりしている部屋ばかりでもなく、隣との部屋の間が軽く仕切られているだけというところもある。一人で入った時に通されるのはえてしてそういう部屋なのだが、この日もそういう部屋に通されたのだった。

で、食べている最中に隣の部屋にご老体4名が入ってきて昼食が始まった。結構大きな声で話していて、会話の大半が丸聞こえであった。中身はご老体の話によくあるパターンで、お互いの健康の話とか、食べ物の話とか、家族の話など。『この歳になると肉が食べられなくてね』、とかいうのをふむふむそうかそうか、と聞き流しながらこちらも食事を続けていたのであった。

そして、お隣の会話は孫の話へ。ほのぼの孫話が展開されるのかと思いきや、

孫なんてかわいくないよ、もうどうしてやろうかと
口ごたえはするしな

と、愚痴大会に。こいつは全く予想外の展開。毒気に当てられるのもたまらないので早々に退散したのであった。

|

« 振り返り杜記別館 | トップページ | 混ぜ麺・冷や麺(1) »

食べ物ネタ」カテゴリの記事

コメント

こんな麺が出ていたんですね。
気がつきませんでした。

小食にしておこうという日にはいいかもしれません。
万一、足りなければ「まるた小屋」の315円ラーメンをプラスすればいいし。

投稿: 酔華 | 2010年9月13日 (月) 06時22分

貴重なレポありがとうございます。
例の菜っ葉を何度も買ったので、売店のおばちゃんとは何となく顔見知りになったのですが、食事は未踏なのでありました。
平日夜の一人メシに挑戦してみようかしら。

投稿: ふ゛り | 2010年9月13日 (月) 08時34分

一人円卓、かっこいい!
でも、ちょっと寂しかな?
でもでも、きままランチ、サイズもいいかもです。
みんなで行ったときにはおしゃべり気をつけなきゃですね。
今度、行ってみます。
あの~、お料理ではないのですが、
本須さんお薦めの月餅はありますか?
中華街のお土産に買いたいのですが・・・。

投稿: げっぺい | 2010年9月13日 (月) 14時38分

★酔華さん

少量だけ食べたい時にはいいかもしれませんね。
足りない時には他で足せばいいのですし。

そういや、揚州麺房で平日限定ラーメン350円なんて
表示が出ていたようですよ。


★ぶりさん

平日夜の一人メシ。たまには散財というのもいいかもしれません。
平日だったらほとんど貸切状態じゃないでしょうか。

★げっぺいさん

月餅は好みもありますから、お勧めと言われても難しいですね。
重慶飯店売店のミニ月餅あたりはお土産用に時々買います。
いろんな種類の小さな月餅がいろいろ入っているので、手頃です。

大月餅になると、聚楽のココナツ入り月餅あたりは比較的
好きな方です。ただ、かなり甘い方なのでお茶は必須です。
あと、この時期は中秋月餅の製造を優先するために店に
出してないかもしれません。

ナッツがたくさん入った五目月餅は萬珍樓で買うことが多いです。
月餅は結構乾きやすいですし、それが当たり前ということも
あるのですが、萬珍樓はかなり前から日本の菓子類に近い
包装をしていて皮がガチガチになりにくいです。

金華ハム入り月餅というのもあって、これは大珍樓のものが
おいしかったです。ただ、今年も出しているかどうかはまだ
確かめていません。

今の時期でしたら塩玉子が入った中秋月餅もいいですよ。
この時期限定でいろんなお店で出しています。
この記事に出てきた華勝樓でも8月下旬から売り始めてます。
こちらは蓮の実餡で結構おいしかったです。

投稿: 本須 | 2010年9月13日 (月) 21時13分

宴会でしか行ったことないですねぇ・・確かにw

普段の食欲だと ハーフ麺を頂いて、エッグタルトでも頬張ったら十分なので、今度、選択肢に入れてみまーす!

投稿: maruto082 | 2010年9月16日 (木) 15時52分

★maruto082さん

私もこのお店は滅多には入らないんですよね。
なので、ちょっと入りやすくなったようなので、
たまにはこういうのもいいかな、なんて思いました。

投稿: 本須 | 2010年9月16日 (木) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479662/36701473

この記事へのトラックバック一覧です: ハーフ麺で昼食を:

« 振り返り杜記別館 | トップページ | 混ぜ麺・冷や麺(1) »