« 2012年を終えるにあたり | トップページ | 雪の中華街 »

2013年1月 6日 (日)

占いの看板

最近、中華街の占いのお店もいろんな売り言葉で集客を試みるところが出てきた。そのせいか、ある占い屋でこんな看板を見かけた。

----------
____2

気持ちは分からんでもない。歩きながら聞いていても、その売り文句に実体はあるのかな、と疑問に思えるお店があったりするわけだし。

で、それはそれとして、ふと思ったのだが、

「リピーターが一番多い」というのはどうやって調べるんだろう?

自店舗のリピート率については、やろうと思えばデータを取れると思うのだが、他店舗の分はどうやって調べるのだろう?それができないと自店舗が一番ということが分からないはずなのだが。

というのが凡人の考えなのだが、やっぱり本業が本業なだけに、

どこのお店のリピート率が高いのか占いで当ててしまう!

というのが実は正解だったりするのかな、と思ったりする今日この頃なのであった。

|

« 2012年を終えるにあたり | トップページ | 雪の中華街 »

街ネタ」カテゴリの記事

コメント

リピーターが多いというのも、
よく当たると評判のというのも、
みんな本当とは思っていないでしょうね。

占いのお店って、中華街発展会に加入していないのだろうと思っていたら、
華陽園は会員なんですね。

投稿: 酔華 | 2013年1月 8日 (火) 11時13分

★酔華さん

発展会のMAPを見てみると、「占い」というカテゴリがしっかりあって、
9店舗ほど占い店が載っています。
うち6店舗が「鳳占いやかた」だったりしますが。

「華陽園」は元々点心や菓子を売っているお店だったので、
その頃から会員を継続しているのだと思います。

投稿: 本須 | 2013年1月 8日 (火) 21時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479662/48626808

この記事へのトラックバック一覧です: 占いの看板:

« 2012年を終えるにあたり | トップページ | 雪の中華街 »