« エッグタルト比べ | トップページ | 最近の動き(1月上旬) »

2014年1月 5日 (日)

双喜餅家

12/19にグランドオープンした「双喜餅家」は最初の頃はケースの中で売っている品も『マーライコー』や『エッグタルト』くらいだったのだが、見ているうちにいろいろと厨房の体制が整備されてきたようで、ケースの中で売られる品が増えてきた。

エッグタルトは別記事ですでに紹介したので、今回はその他の品を紹介してみたい。

----------

まずは『マーライコー』。小さめのサイズで380円。「菜香売店」で売っていた時のものよりは小さめに作られている。

01___380

断面はこんな感じ。以前の品に比べるとフカフカ感が強い。「菜香売店」の頃のはもっと重くてみっちりと詰まった感じの品だったが、私は今のタイプの方が好みだ。作りたてを食べるのがベストなのだが、冷めた場合はレンジで短時間温めると良い。

02____

----------

『チャーシューパン』というのも出てくるようになった。こちらは1個180円。

03___180

叉焼まんの具が入ったパンという感じの品だった。結構みっちりと叉焼が中に入っている。味付けはちょっと甘め。

04____

----------

このようなものもケースの中で売られていた。左側がいちじくのパイ、右側がココナッツタルト。価格はそれぞれ150円、140円だった。

05____150_140

いちじくパイの方は、パイ生地の中にいちじく餡がたっぷり詰まった品。これは「菜香売店」の頃と変わっていない気がする。

06____2

ココナッツタルトの方はかなり小さめ。食べてみるとそれなりにココナッツの味がする。ココナッツタルトは「紅棉」でも売っていたと思うので、エッグタルトのように食べ比べてもおもしろいかもしれない。

07___

----------

他、パイナップルケーキとか小月餅もケースの中で売っている日があったと思う。おそらく全品を一気に出すことは無くて、日替わりとか週替わり(もしかすると時間替わり)で出す品が変わってくるのだと思う。この先、どのような品が増えてゆくのか楽しみである。個人的には今は既に無い「日日華」の『叉焼パイ』とか、「紅棉」がすでに手がけるのをやめてしまった『カレーパイ』のようなものが出てくるとおもしろそうだな、と思っている。この辺は気長に様子を見ていきたい。

----------

【おまけ】

そうそう、開店直後は体制が整っていなかったので使えなかった菜香グループのポイントカードだが、現時点ではもう使えるようになっているようである。

|

« エッグタルト比べ | トップページ | 最近の動き(1月上旬) »

食べ物ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479662/54503736

この記事へのトラックバック一覧です: 双喜餅家:

« エッグタルト比べ | トップページ | 最近の動き(1月上旬) »