« 雪の中華街(その3:雪だるまフェア) | トップページ | 雪の中華街(その5:勝手に雪像フェア) »

2014年2月16日 (日)

雪の中華街(その4:2回目の大雪)

前週の雪が一段落したと思ったら、次は2/14(金)の昼頃から雪が降り始めた。雪はどんどん降り積もり、2/15(土)の朝には雨に変わった。雨は雪に吸い込まれてゆき、気温もさほど上がらなかったので雪を完全に溶かすには至らず、足元がグズグズの最低の状態で土曜日を迎えたのだった。

----------

運の悪いことに、東急東横線で事故が発生。菊名から向こうの客が見込めなくなった。ただでさえ足元が悪くて客が見込めない上にこれであるから、土曜日だというのに中華街はすっかり閑散としていた。

01__2

足元の方は雪より水の方がやっかいだった。雨水や溶け始めた水が、雪に遮られて行き場を失い、路上に大きな水たまりをあちこちに作っていた。そのためとても歩きにくい。

02___

雪は水を吸って随分重くなっており、南門シルクロードの占館のビニール製の屋根はこんな風になってしまっていた。

03___

雪自体は先週のように凍っていないため、片付けやすかったようで、お店によっては店頭をさっさと綺麗に片付けてしまっていた。この辺、どこまで片付けるかはお店によってマチマチだったようだ。車道の方に雪が大量に残っているところもあり、そういうところはえらく歩きにくかった。

04____3

この重たい雪で「オリエンタルホテル」は大丈夫だったかな、と心配だったが外から見た感じでは特に問題なかったようである。

05__2

山下町公園の狛犬は、先週はアフロだったが、今週は帽子をかぶっているように見える。

06___1_2
07___2_2

そして、「teftef」のジョビンさんはすごく暇そうな顔をしていた。

08_teftef_1

----------

というわけで、2/8(土)の中華街は多分惨憺たる営業成績だったんじゃないかと思う。そして、外は晴れているのに客が全然いない、雪は大量にある、という状況下、前週にも増して様々なオブジェが店頭を飾ることになる。その様子は次記事でレポートする。

(もうちょっとだけ続く)

|

« 雪の中華街(その3:雪だるまフェア) | トップページ | 雪の中華街(その5:勝手に雪像フェア) »

街ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479662/55022536

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の中華街(その4:2回目の大雪):

« 雪の中華街(その3:雪だるまフェア) | トップページ | 雪の中華街(その5:勝手に雪像フェア) »