« 雪の中華街(その4:2回目の大雪) | トップページ | 最近の動き(1~2月) »

2014年2月16日 (日)

雪の中華街(その5:勝手に雪像フェア)

さて、この週の中華街は晴れていて、客が全然いなくて、雪はたっぷり。こんな状況下でいろいろなオブジェが店頭を飾ることとなった。

----------

「Artbaboo」では、やっぱり名状しがたいアートのようなものが出現していた。単に朝の雨で溶けちゃったせいという気もするが。

01_artbaboo_

ゼンリンビルの前でもそれっぽいものを見かけた。

02___2

「海珍鮮魚店」の店頭でも雪だるまを発見。

03____2

「龍海飯店」の雪だるまはマフラー付き。

04____4

----------

先週力作を発表していた「老維新」はどうしたかというと、今週もパンダ像を造っていたのだった。しかも先週よりバージョンアップしている。

05____

口の中にはパンダまんが隠れていた。

06_____

これに触発されたのか、やや離れた斜めにある「王府井2号店」。こちらも雪像を作り始めた。

07__2

夕方には帽子を変えて別バージョンに。

08___2

さらに、「福臨閣」。こっちはもっと本格的に雪像を作り始めた。こちらは龍である。

09___5_

途中で色を塗り始めてこんなになっちゃったのは個人的にはちょっと残念だったが、そのうち色が中に染みこんでいってしまって、最終的には白っぽくなったので結果オーライだったようだ。

10___7_

「大珍樓新館」前にも饅頭を持った雪像が出現。

11___3

「金龍飯店大通り店」前にはスフィンクスのようなものが出現。顔がどこかの政治家のように見えるのは気のせいか?

12__

「公生和」はとぐろを巻いた龍。

13__

一方、大通りを離れて市場通りに行くと、ここにも像が。猫だね。

14___

長安道の「ニライカナイ」では巨大な足型のオブジェが出現。

15__

----------

とまあ、自然発生的な雪像フェアだったが、次々に雪像作りが伝搬していくさまや、出来上がった作品は見ていてとてもおもしろかった。どこかの組織が「1店舗1体出品だからよろしく」、とか言ってやったらこうはならなかっただろう。今回の場面に居合わせて本当にラッキーだった。

で、これらの雪像だが、日曜日にはもうほとんど溶けてしまって、おそらく週明けには見ることができなくなるだろう。そういう意味でも実に貴重な見聞であった。

Xx___

と思ったのだが、水曜日もまた雪らしい。さてどうなることやら。

(おしまい)

----------
【おまけ1】

レイトンハウスの脇の方でも雪像を見つけた。

X1____

----------
【おまけ2】

「重慶飯店別館」前にて。次々に雪像が現れて人気をさらってゆくので危機感を覚えたのだろうか?

X2__

----------
【おまけ3】

元町商店街にて。なんとなく元町らしい。

X3___3_

|

« 雪の中華街(その4:2回目の大雪) | トップページ | 最近の動き(1~2月) »

街ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479662/55022630

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の中華街(その5:勝手に雪像フェア):

« 雪の中華街(その4:2回目の大雪) | トップページ | 最近の動き(1~2月) »