« 食べ放題店の撤退 | トップページ | 最近の動き(7月上旬) »

2014年7月 6日 (日)

コピペ

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ内の中国料理店「彩龍」がリニューアルオープンしたそうなので、なにかおもしろいものがあるかな、とWebページを覗いてみた。

----------

リニューアルの専用ページはこちら(魚拓はこちら)なのだが、「料理長のこだわり【自慢の逸品】」という項目の北京ダックの部分に興味深い記述を見つけた。

鴨の脂分は人体に吸収されないという特性を持っています。

それは知らなかった。一体この情報の一次ソースはどこなんだろう、と検索してみたら「中国茶房8」のページ(魚拓はこちら)が引っかかった。

で、気になったのは両ページの記述だ。

【中国茶房8】

北京ダックを含む鴨は中国でも美容と健康の食材とされ、ビタミンA、ビタミンB2、コラーゲン、カリウム、カルシウム、鉄分などが多く含まれています。また美肌効果があるとされ、脂質の代謝を促す働きもよく知られています。脂っぽいからと敬遠される女性がいますが、鴨の脂分は人体に吸収されないという特性を持っています。つまり、食べても脂肪にならずダイエットにも最適というわけです。これらが美容と健康の食材とされる所以でしょう。

【彩龍】

鴨は中国でも美容と健康の食材とされ、ビタミンA、ビタミンB2、コラーゲン、カリウム、カルシウム、鉄分などが多く含まれています。また美肌効果があるとされ、脂質の代謝を促す働きもよく知られています。脂っぽいからと敬遠される方もいますが、鴨の脂分は人体に吸収されないという特性を持っています。

ほんのわずかな部分を除いて完全一致。上記の「彩龍」の赤字にした部分が「中国茶房8」の記述と全く同じ部分である。

archive.orgで調べてみると、「中国茶房8」の方は少なくとも2013年2月には同じ記述のページが存在したことが分かっている。「彩龍」については一番古いものはリニューアルオープンに関する2014年5月付のプレスリリース(PDFファイル)くらいしか見つからない。

どうも「彩龍」の記載の方がコピペなんじゃないかと思えるのだが、どうなんだろうか?

----------

ところで、私が一番知りたかったのは「鴨の脂分は人体に吸収されないという特性を持っています。というのが本当かどうか、その出典はどこかということなのだが、結局分からずじまいだった。どなたか情報をお持ちの方がいたらお知らせ願いたい。

|

« 食べ放題店の撤退 | トップページ | 最近の動き(7月上旬) »

雑文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479662/56708412

この記事へのトラックバック一覧です: コピペ:

« 食べ放題店の撤退 | トップページ | 最近の動き(7月上旬) »