« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月30日 (水)

酔龍がリニューアル予定

週末に書くのを忘れていたネタだが、「酔龍」店頭で10/2にリニューアルオープンという表示を見かけた。

昼間はこれまで同様中華バイキングで、夜は、

『中華街海鮮浜焼き』

だそうだ。

S

普通の浜焼きに『中華街』がつくといったい何が変わるのかちょっとキニナル。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月27日 (日)

ポークジャーキー屋のハチョンがオープン

「華正華」跡にポークージャーキー屋の「ハチョン」がオープンしていた。

01

オープン記念で1500円以上買うと500円分おまけというサービスをやっていた。


続きを読む "ポークジャーキー屋のハチョンがオープン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月23日 (水)

横濱医院が開業準備中

「サブローソ」脇から福建路へ抜ける小路で、かなり昔にビルの半地下でまんが喫茶をやっていた場所のあたりで何やら工事をしているのを見かけた。

近寄ってみると、

01

横濱医院」という病院ができるようだ。

02

貼り紙を見ると10月開院予定と出ていた。また、中華街脇で営業するだけあって、日本語・中国語の両方に対応するようである。

----------

中華街のお医者さんで一番最初に思いつくのは「桃桃林」の裏手にある「中華街医院」だが、そちらとの違いとしては『小児科』『婦人科』があるところだろうか。ともあれ、選択肢が増えるのは良いことだと思う。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月21日 (月)

上海蟹始まる

まだあまり秋という感じがしない今日この頃だが、中華街では徐々に上海蟹が出始めている。本格的に出てくるのは来月頃だと思うが。

去年も早かったが「三和楼」は早々に上海蟹の表示を店頭に出し始めていた。

01____

「華錦飯店」でも表示を出し始めていた。

02___

が、魚屋さん経営のお店とはいえ、この値段は安すぎないか??

このお値段でいったいどれくらいの大きさの品が出てくるのか、一度見てみたい気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シルバーウィークの中華街

現在シルバーウィークまっただ中の中華街だが、凄まじい混雑が発生している。

どんな感じかというと、モザイクかけるのが面倒なのでとりあえず写真を1枚だけ。

_2

こっちから向こうまでずっと人だらけである。おそらく明日もこんな感じだと思う。中華街に出向く方はくれぐれも怪我には注意していただきたい。

続きを読む "シルバーウィークの中華街"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【番外編】飲むXXX

中華街の北門通りにある「Cafe Cha」はチーズ関係の品をメインに出すお店のようなのだが、先日こんな貼り紙を出しているのを店頭で見かけた。

☆チーズシェイク☆

01_cafe_cha_

どうやら甘い飲物らしい。どなたか勇気ある若者のレポートを待ちたいところである。私としては隣に出ている平日ランチ限定のハンバーグの方が気になっていたりする。

----------

ところで、元町のチャーミングセールを冷やかしがてら散歩していたら、こんな物を見つけた。

飲むどらやき

02__

「香炉庵」謹製の品である。これもなかなかすごい発想だ。こちらもどなたか勇気ある若者の(以下略)。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝陽門が改修から復帰

改修からの復帰が夏休みに間に合わなかった朝陽門(東門)だが、なんとかこの連休には間に合わせたようだ。連休初日には新品同様ピカピカの姿が現れた。

01__1

さっそく観光客が門の前で自撮りをしていた。善隣門の改修が終わるまでしばらくはこちらの門が中華街のシンボルの役割を担うのだろう。

02__5

あと、市場通り門(北)の方も改修が終わったようである。

04__1

----------

【おまけ】

改修が終わって足場を解体中の朝陽門。これはこれで風情がある。

03___4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月20日 (日)

論語の一節を中華街探索者的に翻案してみる

「論語」の有名な一節にこんなものがある。

子曰:
吾十有五而志于学,
三十而立,
四十而不惑,
五十而知天命,
六十而耳順,
七十而従心所欲,不逾矩。

日本語訳的にはこんな感じだろうか。

私は15歳で学問の道に入ることを志した、
30歳では自分なりの道を確立した、
40歳では自信を持ち、惑うことがなくなった、
50歳では天命を知った、
60歳では耳にしたものの真実を理解するようになった、
70歳では心の欲するままに行動しても、道を外すことがなくなった。

そして、中華街探索者的に翻案してみると、こんな感じになるだろうか。

わたしは10店舗巡った頃に、全店舗を巡ってみることを思い立った。

20店舗巡った頃には、自分なりの希望をお店に伝えてオリジナルなコースで宴会を行うことができるようになった。

50店舗巡った頃には、メニューに載っている料理内容がほとんど予想できるようになり、自信を持って食べたい料理を迷わず選べるようになった。

100店舗巡った頃には、各店舗の料理の系統、旬や、お店の得意不得意を理解し、それふまえた注文ができるようになった。

150店舗巡った頃には、初めての店で勝手が分からなくても、地雷の気配を察知し、料理の善し悪しを大体予想できるようになった。

200店舗巡った頃にはどんなお店で心のおもむくままに注文をしても、めったなことではハズレを引かないようになった。

----------

まあこれは、こうだったらいいなぁという願望であって、ほぼ全店舗巡った後でも実際年に数回は地雷を踏んでしまったりする。なかなか理想的にコトは進まないものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月19日 (土)

【番外編】BO.U.ZU.が本オープン

中華街の端の方の「一里」跡で先日からプレオープンしていた「BO.U.ZU.」が本オープンしており、店頭に花が出ていた。

01_2

メニューを見る限りでは、プレオープン時とそれほど変わらないようだ。お財布その他を万端整えて入るタイプの和食屋さんでは無さそうである。

02

上の黒板の方に小さく『今日のお弁当』とか書いてあった。テイクアウトのお弁当もやっているのかもしれない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

新錦江店頭に売店が出現

最近「新錦江」で静かな動きが見られていた。店内のカウンターが無くなったり、営業中なのに中山路側の店頭でシャッターが閉まっていたり。

いったいなんだろうなと思っていたら、シルバーウィーク初日に売店が出現していた。なるほど、この準備をしてたのか。

01

店頭の写真などを見てみると、肉まん、小龍包、焼売串、大根餅、春巻、胡麻団子、チマキ等、よく他の売店でありそうなものが並んでいる。他には魯肉飯がテイクアウトできるというのはこちらならではというところか。

そして、一番目を引いたのが、

02b

いわゆる中華蒸しクレープ、『腸粉』である。よく見てみると、専用の平たい蒸かし器が店頭に出ている。

03

あたりをうろうろしながら様子を見ていたのだが、注文を受けた後、実際にこの蒸し器で粉を溶いた溶液を板状に蒸してから、店頭のステンレス台に出し、そこでクルクルと巻いて等分に切ってできあがり、という感じでやっていた。なるほどそうやって作るのか、と参考になった。時間的には注文後10分少々かかっていたと思う。そしてこの蒸し器で作れる分量は2人前のようだった。

----------

ところで、この手の売店は料理店にとっては諸刃の剣になりやすい。店頭で簡単に小金を稼ぎやすいという利点がある一方、あんまり売店の方が繁盛してしまうと、料理店の入口がふさがれてそちらのの営業に影響が出てしまう。その辺のバランスを今後どう取ってゆくのかが気になるところである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月13日 (日)

朝陽門(東門)の改修工事

今、中華街のあちこちで門の改修工事が行われている。

03__3

当初、朝陽門の工事は7月までの予定で、夏休みには間に合うと思われていた。

04___

が、夏休みが終わっても結局まだ工事中で、現時点で完成予定は9月に変更されてしまっている。

05___9_

この分だと連休前の完成は難しいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Ribbonが閉店、他

関帝廟通りの服飾店「Ribbon」が閉店していた。跡地にはテナント募集の貼り紙が出ている。

Ribbon__

あと、この建物の左側にある細道の先には床屋があり、さらに先の方は古い民家や集合住宅がいくつもあったのだが、数棟で取り壊しが始まっていた。表側からは見えにくいような所でもいろいろ動きが出てきているようだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

王府井酒家がオープン

「新新」跡で工事が進んでいた「王府井酒家」がオープンしていた。

01

見たところ、店頭で焼き小龍包を売るスタイルではなくて、食べ放題のみのようだ。ただ、店内入ってすぐ右側には小龍包を作る実演ブースを置いており、もしかすると後で店頭売りを開始するのかもしれない。

店頭表示を見ると食べ放題のお値段は2,680円。他店舗で出している通常の食べ放題に比べて少々高め。「北京ダック専門店」の食べ放題が確か同価格だったと思うので、小龍包専門店の食べ放題、として意図的にこの価格をぶつけてきたのかもしれない。

02

店頭には呼び込みが1~2名。まだ完成していないようなメニュー表を手に呼び込みをしていた。チラシも配っていないが、多分まだできていないのだろう。上の写真の看板も、よく見ると写真に料理名が入っていなかったりする。新興系の店舗でよく見られる傾向だが、準備が完全にできていなくても営業を開始してしまうパターンのように見える。

個人的には食べ放題はもうお腹いっぱい。すでに食べ放題は過当競争に入っていると思うのだが、それでも食べ放題店が増えてゆくのは実に不思議だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年9月 6日 (日)

【番外編】ミントンハウスにベトナムカレーが出た

カレーで思い出したのでもう1記事。

7/1から中華街の端の方にある「ミントンハウス」で「T.G.T Kitchen」とのコラボのベトナム風サンドイッチを売り始めていた。

01__

続きを読む "【番外編】ミントンハウスにベトナムカレーが出た"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

牡丹園特製カレーが横浜スタジアムに

牡丹園の店頭でこんな貼り紙を見つけた。

01__denab

ベイスターズのイベントで牡丹園がカレーを出すようだ。

詳しくはベイスターズのホームページで、と書いてあるのでこちらを見に行ったら、「保昌」も参加するとか書いてあった。

なお、このイベントは観戦チケットが無くても利用可だそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【番外編】一里跡にBO.U.ZU.がプレオープン

中華でないので番外編。

ここしばらく「上海豫園」斜め向かいの「一里」跡で工事が進んでいるのは分かっていたのだが、酔華さんのつぶやきによると9/4に「BO.U.ZU」という和食の店がプレオープンしたとのこと。

早速週末に見に行ってみた。

続きを読む "【番外編】一里跡にBO.U.ZU.がプレオープン"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

聚香閣の変化

先日「日昇酒家」跡にオープンした「聚香閣」だが、週末に中華街に出向いた際に様子を見てみると、店頭にはセットメニューが出ていて、いろいろ付くにしてもちょっとお値段的に厳しいな、という感じがあって様子見を決め込んでいた。

00__

続きを読む "聚香閣の変化"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »