« 熱杏仁豆腐 | トップページ | オリエンタルホテル跡が工事中 »

2015年10月12日 (月)

【番外編】トンネルの向こうの中華事情

「長白山」や「水蓮」が閉店した後、トンネルの向こうは最近どんな具合なのだろうか。その後時々見に行っていた記録をちょっと挙げてみようと思う。

----------
「長白山」の跡は以前の記事にも出したように「華宴楼」というお店になっていた。

01__

店内は机も椅子も「長白山」の頃と全く同じ。樹脂製の長い箸も健在。料理の傾向は全く違うが。

03__

食器までそのまんま。

04____

メニューの方は中華街の「裕福楼」や「華錦飯店」と同じ業者を使っている感じで「豆苗と牛肉細切り焼きそば」とかが入っていた。

----------

「水蓮」跡はまだ何か次のお店が営業している感じではなかったが、元の看板は無くなっている。

05__

近づいてよく見ると掲示が出ていて、「伊太利亜食堂長靴をはいた猫」というお店がオープンするようである。ただし、営業開始は2016/1/21とかなり後のことだ。

06_____

----------

そのまま柏葉の方に歩いて行くと、売店のようなものを見つけた。

07_

近づいてみると、「富筵點心舗」。中華街の関帝廟通りにある「富筵」店頭で売っている点心は多分ここで作っているのだろう。

08__

----------

今度は本牧通りをずっと歩いて行って「僕の中華」跡へ行って見ると「濃厚豚骨らーめん煌(きらめき)」という看板が出ていた。店頭は「僕の中華」の頃からあまり変わっていないようなので、まだ開店準備中のようである。

09__

とまあ、トンネルの向こうの中華事情もいろいろ変わってきているようだ。

----------

【おまけ】

ところで、「僕の中華」跡に行く途中で「華香亭本店」店頭に寄ったのだが・・・。

こんなことになっていた。

10

毎年恒例、秋の長期休業である。休み明けの営業開始は11/1だそうだ。

11

|

« 熱杏仁豆腐 | トップページ | オリエンタルホテル跡が工事中 »

番外編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479662/62019981

この記事へのトラックバック一覧です: 【番外編】トンネルの向こうの中華事情:

« 熱杏仁豆腐 | トップページ | オリエンタルホテル跡が工事中 »